FC2ブログ

今週のランチ事情(2019年第42週)



今週も祝日があり、3日間勤務. 前週末からの記録.
金日曜は内食、土月曜は外食、火曜木曜は社食.水曜は弁当.

-----------------

金曜は箱根行の前に娘宅で.
「vie de France」のパンを買ってきて.

“チョリソードッグと野菜サラダ”

ランチ20191011

ピリッと辛いチョリソーソーセージが決め手.
野菜もチーズもこの辛さに紛れてしまう.
野菜ゴロゴロサラダには娘家に在った
リンゴ/レモンドレッシングで.
甘酸っぱい味に野菜が踊る…♪

推定550KCal、350円也.

-----------------

土曜は帰途中の柏R16号にて.
新規開拓、柏のラーメン店「けや木」にて.

“八丁味噌ラーメン”

ランチ20191012

濃厚な八丁味噌の味が決め手. 少し甘いが、旨いっ!
具はメンマ、モヤシ、チャーシューこま切れ、
ネギ. モヤシがもう少し多いと嬉しい.
トッピングすればよかった.

レヴェル高し、醤油も試さねば….
約850KCal、830円也

-----------------

日曜は、ひきこもり.自宅にて.

“ボロネーゼ・スパゲティ”

ランチ20191013-02

パスタは、ままー製φ1.6mm.
ソースは壁の穴製レトルト.
フリルレタスとミニトマトを配して.
パルメザンとパセリをたっぷりかける.

ランチ20191013-03

昼間っからワインも.
ブルゴーニュの Pinot Noir
軽いからパスタにも合う.

約950KCal、980円也

-------------------

月曜は出先の柏の葉にて.
大行列の「大戸屋」で.

“牡蠣フライ定食”

ランチ20191014-01

ご飯は五穀米小盛で20円引き.
牡蠣は4個と6個が選べるが、4個で十分!

ランチ20191014-02

牡蠣のジューシーさを満喫.
意外にタルタルソースの出来が好い…♪

推定750KCal.970円也.

-------------------

火曜は会社の第1食堂のA定食コーナー.

“豚とキャベツの味噌炒め”と小鉢

ランチ20191015


味噌と言ってもピリ辛の味付け.
小鉢は里芋とつくねの煮物 .

合わせて417KCal.390円也.

--------------------

水曜は、気温も下がって来たので弁当作り.

“ひじきの炊込みご飯と肉じゃが弁当”

ランチ弁当20191016

前日の肉じゃが残り物を詰め合わせ.
じゃがいもは煮崩れてしまった.甘めの味付け♪
出汁巻きは朝焼いた.
サラダは朝食の余り物、ドレッシングはゴマ醤油.

推定600KCal.プライスレス也.

--------------------

木曜は、会社の第1食堂のB定食コーナー.

“いわしと竹輪の蒲焼仕立て”

ランチ20191017

ちょい甘辛の蒲焼風のいわし. 魚も食べないとね.
竹輪も同じ味付けに調理したのは正解!

ご飯は白米の小盛.
小鉢は白菜と鶏肉のあんかけ煮物.味が濃い!

合わせて746KCal、490円也.

--------------------

今週は相変わらずの多彩なランチ状況.
体重は微減(嬉).
来週も頑張らなきゃ.

今週もご馳走様.





スポンサーサイト



映画「英雄は嘘がお好き」…ほのぼのコメディ♪



映画「英雄は嘘がお好き」01
原題:LE RETOUR DU HEROS/RETURN OF THE HERO
制作年:2018年 制作国:フランス 上映時間:91分



ノー残業ディの水曜日、仕事を終えていそいそとMovix柏の葉へ.
気になっていたフランス・コメディを溜まったポイントでタダ観したのは
本年累積174本目.

「アーティスト」のジャン・デュジャルダンと「イングロリアス・バスターズ」の
メラニー・ロランの共演で贈る痛快コメディ.

19世紀初頭のフランスを舞台に、戦争に行ったまま戻らない婚約者を
待ち続ける妹を不憫に思ったヒロインが、婚約者になりすまして代筆した
嘘の手紙が原因で、やがて町を挙げての大騒動となるさまをコミカルに描く.

監督は「プチ・ニコラ」「おとなの恋の測り方」のローラン・ティラール.

1809年、フランスのブルゴーニュ。裕福なボーグラン家では次女のポリーヌの
縁談がまとまりお祝いムード.ところが婚約者のヌヴィル大尉は戦争に駆り
出されてしまい、彼の帰りを待ち続けるポリーヌは約束した手紙が一向に
届かないことですっかり憔悴してしまう.

そんなポリーヌを心配した姉のエリザベットは一計を案じ、大尉のフリをして
自分で書いた手紙を妹に送り続けることに.おかげでポリーヌは元気になるが、
調子に乗ったエリザベットは大尉の武勇伝をでっち上げ、最後は大活躍の末に
戦死したことにしてしまう.

すると町の人々はヌヴィルの銅像を建てて地元の英雄の死を悼むのだった.
ところが3年後、エリザベットは貧相な姿で町に戻ってきたヌヴィルを偶然
見かけ、このままでは自分の嘘がバレると大慌てになるのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
—————————————————————


好きな二人の主役がコメディ、となるなら観ないわけにはいかない.
水曜の夜の観客は極少、かえって好ましいよね.

ジャン・デュジャルダンはスマートだった「アーティスト」よりも恰幅が良く、
見た目は威厳のある“大尉”にふさわしく見える.だが、中身は…?
口先三寸の大ペテン師を大真面目に演ずる.

転じて良家の子女を演ずるメラニー・ロランはちょいピークは過ぎた
頭の切れるお姉さま役を上手くこなす.この人にこんなコメディエンヌの
資質があるとは思いもよらなかった.好演だ.

尺は91分、最近に無い短さで好ましい.ポンポンとテンポよく進む
脚本のおかげだ.無駄が全くない.コメディはこうじゃなきゃ!

役者たちのセルフも歯切れがよい.特にメラニー・ロランは丁々発止と
江戸前の?フランス語をスポスポ話して気持ちが良い.

主語や述語を省き、動詞や形容詞、名詞をぶつけてきてとても耳に
心地の良いフランス語だった.チュトワイユ(丁寧語)の使い方も
副長には勉強になった.気取ったブルゴーニュの上流社会ゆえ、
丁寧語が常用なのだけど、感情高ぶった時のため口が楽しい♪

エリザベット:メラニー・ロラン以外は家族全員、ちょっと緩いというか、
お馬鹿な人たちばかり、そんな中での孤軍奮闘ぶりが笑いを誘う.

こういうタイプのコメディは大好き. 感情の振れ方が尋常でない
エリザベットをノーブルな顔だちのメラニー・ロランが上手く演じ、
インチキな“大佐”への感情も 同情や感傷から徐々に愛情に
変わっていく演技も見もの.

そして最後に、またまた“大尉”の大ペテン師ぶりに大笑いさせられる.
くすりと笑わせてくれたフランスのコメディセンスに称賛はしたいが、
この邦題はまたあまりにも酷過ぎると思う.



この頃考えること(お客様は神様じゃない)


クレーマーイラスト



以前にも(Yahooブログ時代)書いたが、サービス業に於いて
色んな不愉快なシーンを見かける事が多い.

町のスーパーに於いても、映画館に於いても、まっとうなクレームを 飛び越して、
過大な要求や脅しまがいの言動行動を見ることもしばしば.

「レジ袋や割り箸をつけるか聞いただけで怒鳴られ、カゴを投げつけられ、
土下座させられた」「謝罪のための自宅訪問で9時間拘束された」.
「対応が悪い.インターネットに書き込むぞ」という恐喝まがいも見かける….

サービスの対価として支払う者とそのサービスをする者の関係は、
主従関係と見られがちだが、その実は、提供されるサービスには限界が
あるもの.そのサービスの内容の規定があいまいで、それをまた理解
しない顧客がクレーマーに変身してしまう.

個人的意見だが、「お客様は断じて神様ではない」.

「お前が受けるサービスの質は、お前の態度と俺の気分次第だ」.
これはあるスコットランドのパブに掲示されているという張り紙の文言.

これこそ「お客様第一」が過剰に横行し、みんなが疲弊している 今の日本に
足りていない考え方ではないだろうか.

サービスの提供に対して対価を支払う.これは当然のこと. その行為の中で
顧客も提供者も気持ちよくやり取りしたいもの.

クレームは企業の宝である.仕組みや従業員の行動や意識改革に
役立つことも事実である.顧客の声に耳を傾けない企業に明日は
無いのは事実である.

だが、小売りやサービス業の最前線で働く人たちから悪質なクレームに
悲鳴が上がっている事実がある.度を越したクレームを繰り返す消費者
や取引先から、企業や従業員を守る時代にならねばならない.

CS(customer satisfaction)は第一優先なのだが、さらに 大事なのは
ES(employee satisfaction)だと思うのである. 顧客の無理難題を
受け止める窓口の従業員のストレスや精神的被害から守ることも大事なのである.

前回記事では、一般常識を越えた執拗なクレームなどの処理を専門に
している危機管理サービス会社の存在を紹介した. また、悪質クレームに
対応するための弁護士費用をカバーする保険の 存在も紹介した.

菓子メーカー150社強が加盟する日本菓子BB協会(東京・港)は
悪質クレーム対策の業界指針を作成.かねておわびの品目当てに実態の
ないクレームをする消費者に頭を悩ませてきたが、実際に不良品の提示が
なければ応じないと決めた.

このように、カスタマー(顧客)から受けるハラスメント、いわゆる“カスハラ”
対策は徐々に広がっている.

そんなところに日経BPに新たなカスハラ関連記事が載っていたので、
ここに部分転載する.

---------------------------------------------

さらば「お客様第一」主義
野村総研:鈴木良介

「お客様第一」が過剰に横行し、みんなが疲弊している今の日本に
足りていない考え方はないだろうか. 神のように扱われる顧客も、
時と場所が変わればサービスの提供者だ.

「お客様は神様です」というフレーズによる疲弊から脱却し、みんなで
幸せになれないものだろうか.
疲弊から脱却するために、顧客はどのような貢献ができるか.

例えば、フランス・ニースのラ・プティット・シラーというカフェは、
顧客の態度でコーヒーの値段が変わる. 「コーヒー1杯」と注文すれば
7ユーロ(約822円)であるが、 「こんにちは.コーヒーを1杯いただけますか」と
丁寧に注文すれば 1.4ユーロ(約164円)となる.

店主が冗談で始めた告知で高い価格も強制ではなかったが、
昼時の不愉快な顧客対策として利用者から支持された.

このような話に強く反応したのが、大学生だ.筆者が学部1年生・2年生
向けの講義の中でこの事例を紹介したところ、同意する学生が多かった.

同意する背景には、彼らがコンビニエンスストアや飲食店、宿泊施設などで
顧客の矢面に立つアルバイトをしている事情がある. 「感情労働」の最前線
にいるわけだ.「あまりにもひどい態度の客がいる」 「嫌な客が来ない職場で
あれば多少時給が安くてもかまわない」と いった意見もあった.

ラ・プティット・シラーのようなケースは特殊かもしれないが、学生のコメントは
痛切だ.礼儀正しく機嫌の良い顧客の“店内濃度”が高まれば、 労働環境の
改善に資する.

人手不足が進む今の日本においては、労働力の確保という観点からも
従業員の感情的な負荷を下げる取り組みは必要性が高まるだろう.

テクノロジーが具現化する「客の定量化」

「金払いの良い客」とは異なり、「機嫌の良い客」や「態度の悪い客」を
定量化することは容易ではなかった.ただここに来て、新しいテクノロジー
によって実現しつつある.

例えば、画像や映像データに基づいて「表情」を、音声データに基づいて
「話し方」を分析し、その人が今どのような感情にあり、どのような精神状態
にあるのか特定する技術が出てきている.

スマホアプリ経由で保険サービスを提供する中国平安保険は、 収入などに
関する質問に答える間に顔を撮影する. 実は、50パターンのどれに
当てはまるかチェックし、わずかな表情変化を 見て嘘をついていないか
どうか確認するのだ.

このような施策を講じようとしたとき、すべての技術を自前で開発すると
多くの時間と投資を必要とする.手間をかけずに表情データを元にした
感情情報の活用を支援するのが、マサチューセッツ工科大学から
スピンアウトした米アフェクティバだ.

同社は、3900万枚以上の顔画像を解析して、感情を推定する技術を
高度化している.この技術を自社サービスに組み込めば、顧客の情動に
応じた施策を講じられる.

音声による感情認識の支援を保険会社向けに提供しているのは米コギト.
電話オペレーターが話すスピードや利用している語彙から、会話がうまく
いっているかどうかを検知する. 問題があれば警告を出し、オペレーターに
対して改善を促す.

コギトによる診断でオペレーターが話し方を修正した結果、顧客の
加入率は4%増加し、数百万ドルの利益が上乗せされたという.

コールセンターのように顧客とのやり取りに関するデータを収集しやすい 環境では、
早い段階からデータ解析がされてきた.不機嫌そうな顧客がいれば
経験豊富な上長に応対を変わってもらうといった施策は既に実施されているが、
今後このような取り組みは店舗などにも拡大して いくのではないか.

「インストアマーケティング」と総称される店内のデータ収集強化に関する
取り組み.このデータが、収益の増大だけでなくトラブル回避のためにも
用いられることは想像に難くない.

------------------------------------------

こんな人の気持ちを測るシステムの応用も手助けはしてくれるだろうが、
もっと“カスハラ”を防止できる有効策は無いものだろうか?




映画「真実」…是枝流成り立たず!?


映画真実01
原題:LA VERITE/THE TRUTH
制作年:2019年 制作国日本/フランス 上映時間:108分



父の介護の前に時間があったので、ホーム近所のMovix柏の葉でもう1本.
高校も大学も同窓で、特に近しい感情をもつ是枝裕和監督の最新作を
本年累積173本目に鑑賞.

前作「万引き家族」がカンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた是枝裕和監督が、
フランスを代表する女優カトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎え、日仏合作で
撮り上げた家族ドラマ.

国民的大女優とその娘が、母の自伝本出版をきっかけに、改めて自分たちの
過去と向き合っていく愛憎の行方を繊細かつ軽妙な筆致で綴る.

共演はジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ.

フランスの国民的大女優ファビエンヌが、『真実』という名の自伝本を出版することに.
海外で脚本家として活躍している娘のリュミールは、人気テレビ俳優の夫ハンクと
娘のシャルロットを伴い、パリ郊外のファビエンヌの屋敷を訪ねる.

お祝いの名目でやって来たリュミールだったが、気がかりなのは本の中身.
事前に原稿チェックができなかった彼女は、さっそく出来上がったばかりの
『真実』に目を通す.

翌朝、リュミールが苛立ち紛れに内容のデタラメぶりを非難すると、
“真実なんて退屈なだけ”と平然と言い放つファビエンヌだったが….

以上は<allcinema>から転載.
—————————————————————

公開側の意図だろうが、地方では字幕版が極端に少なく、吹替え版
しか観られない設定にはひどく不満を感じる.字幕版は深夜にしか
上映されないのだ.致し方なく吹替え版を選ぶ.

カトリーヌ・ドヌーブに宮本信子、ジュリエット・ビノシュに宮崎あおいと
話題造りとしか思えない声優の起用.この二人の吹き替え上手いのだが、
やはり基はフランス映画だ、違和感が最後までつきまとう.

脚本、構成はいつも通りの出来、素晴らしい展開だ. 劇中劇がSFなのだが、
宇宙に行った母親が歳を取らず、娘が母の年を 追い越していき、
老人になるというストーリは洒脱と思う.

カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの関係に重ね合わせる巧みさが
実に是枝流だと思った. されど演者がいつもと違うので、作品自体の出来と
しては疑問符が付く.

是枝監督は撮影の流れに合わせて、役者が多少自由に演じた部分を
上手く生かす手法に優れている.そこが本作はあだになっている.

監督の意図を解しきれていないのか、役者の個性が強すぎるのか?
描かれるのはいつもの家族の生活と生き方…それに違いは無いのだけど、
ぎくしゃくして見える.

カトリーヌ・ドヌーブもジュリエット・ビノシュもイーサン・ホークも個性が強すぎて
是枝組の演技が出来ていない.もっと無名の俳優の採用のだったら、
違う出来になっていたかもしれない.

それに加えて今回の吹き替え鑑賞だ.なんだかセリフだけ聞いていると、
日本の連続ドラマみたいな会話に聞こえてしまう. 失敗した.

本作は絶対原語版鑑賞にしなければいけない. あるいは、宮本信子と宮崎あおいで
日本人版を撮り直してもらうかだ(笑).

フランスでフランス人を使って撮る難しさを実感の一作.


.

映画「火口のふたり」…身体の言い分に身を委ねる男と女


映画火口のふたり01
制作年:2019年 制作国;日本 上映時間:115分




今週は箱根旅や台風のおかげで月曜体育の日が父の介護日.
その前に柏のキネマ旬報シネマに寄って、邦画を1本観る.
本年累積172本目の鑑賞.

日本を代表する脚本家・荒井晴彦が直木賞作家・白石一文の同名小説を、
自らメガホンをとり映画化した官能ドラマ.

結婚式を目前に控えた新婦と、その元恋人が再会し、新郎が戻ってくるまでの
数日間を共に過ごし、欲望のままに快楽を謳歌していくさまを赤裸々な
性愛描写とともに描き出す.

主演は「きみの鳥はうたえる」の柄本佑と「彼女の人生は間違いじゃない」の瀧内公美.

妻子に捨てられ、仕事も上手くいかず、冴えない日々を送る賢治.
ある日、昔の恋人・直子が結婚すると知り、故郷の秋田に舞い戻る.

5年ぶりに再会し、彼女の新居で荷物の整理を手伝う賢治.
他愛のない会話を重ねる中で、激しく愛し合ったかつての記憶を
呼び覚ましていくふたり.

そして新郎が戻るまでの5日間、再び快楽に溺れていくのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
————————————————————


なにか久々のR18+マークの作品鑑賞.そんなにエロイ?(笑).
焼けぼっくいに火が点く男と女の物語.

秋田がベースの物語.秋田は好きな街、何度かフジタの画を観に行った.
懐かしく見える風景がいくつも出てくる.県立美術館も出てきた…♪

主人公賢治:柄本佑と直子:瀧内公美はかつて上京し、二人で暮らした
過去をもつ.どういう理由か直子を捨てて賢治は他の女と結婚してしまう.
やがて、その結婚も破綻して賢治は一人プータロー生活を送っている.

そして直子が結婚するという電話をもらうが….この電話を受けるシーンが
つい一昨日前決壊した玉川べりで釣りをしているというシーン.
これまた4年前まで副長が住んでいた街.懐かしい場所ばかりオンパレード.
ついつい感情が入れ込んじゃうね(笑).

故郷である秋田の実家へ戻った賢治を待っていたのは…直子だった.
男と女では、男の方が恋愛の想い出を引きずるとされているが、
本作では直子がそうだった.

直子は黒いアルバムを大事に持っていた.中味はモノクロ写真ばかり….
それも賢治と暮らしていた時に撮った二人の交情写真ばかり.
それを賢治を横に並ばせ、次々と見せる….

もうすぐ結婚するという直子、相手は年上の自衛官と言う.堅物なエリートらしい.
子供を産みたいと言うだけの結婚の理由に、賢治に非難されるまでもなく、
自らも負い目をもち、結婚をためらっていることを見抜かれてしまう.

そして、直子の「今夜だけあの日にもどらない?」という誘いに賢治は応じてしまう.
体の馴染む関係とは存在するもので、セックスの具合がすこぶるよろしい
この二人.お互いむさぼるように体を求め合う….

柄本佑と瀧内公美はなかなかの好演.あまり嫌らしさを感じさせない
(受け身側の問題か?)艶技を披露してくれる.裸をさらすという恥の部分が
皆無なのがその自然さの原因だろうか.

火の点いた焼けぼっくいはそう簡単には消えないのが普通.その夜だけが、
新郎が帰ってくるまでの5日間とどんどんエスカレートしていく.
その間の体の関係がどんどんと、心の変化にも変わっていくのがきちんと
描かれる.

そしてその5日後に起きたことは…?
意外な新郎側からの結婚式延期の提案.その理由が不明なのだけど、
やがて驚愕の事実が….

映画火口のふたり03


二人が若い頃、部屋に飾っていたという富士山の「火口」の写真ポスターと、
その驚愕の事実とが混ざって、本作の題名に繫がっていく.
なにやら楽屋落ちみたいな可笑しさなのだけど納得の結末.

柄本佑と瀧内公美の好演の印象が残った秀作.