FC2ブログ

今週のランチ事情(2021年第15週)




今週はいつも通り、週4日間勤務.
前週末からの記録.
金土曜は外食、日曜は内食、月火曜は弁当、水木曜は社食.
今週は2回弁当を作った….

-------------------

金曜は外食.
出先の匝瑳市のCocosにて

“チキンおろしソースと魚のフライ・ランチ”

ランチ20210409


ファミレスでもCocosは久しぶりかも.
なにせ千葉の片田舎、食べるられる処が少ない….

好く焼けたチキンは柔らかでジューシー♪
おろしと醤油ベースのソースがよく合う.
白身魚のフライもカリッと揚がって美味.
大好きなタルタルソースで.

ご飯少な目の小ライス.
822KCal,690円也.

-------------------

土曜も外食.
出先の柏セブンアリオにて.
フードコートの「濱屋」で.

“上天丼”と赤だし.

ランチ20210410


バイトのお嬢さんの手際が悪く、
えらく待たされた上に、揚がり過ぎのカリカリ.
しかも海老は揚げたての熱々でも、
野菜類は冷めきっているという混乱ぶり….
タレのご飯への掛け方も不均一極まりない.

たかが、天丼、されど天丼.
バイト嬢を鍛えてちょ!

推定850KCal、790+90円也.

--------------------

日曜は引きこもり.
自宅でパスタを茹でた.

ソースは市販ママーの
“和風きのこ醤油”

ランチ20210411-1


“海苔かけきのこ醤油スパゲッティ”

ランチ20210411-2


固めのアルデンテにオリーブ・オイルを
まぶして、ソースをかける.
きのこと醤油の香りがただよい、
なかなかの感じ.パスタに絡み美味しい.

推定750KCal、材料費250円也.

----------------------------------

月曜は弁当を作った.
また早めに起きたからね.

“たけのこご飯と煮物弁当”

ランチ20210412-1

ランチ20210412-2


炊込みご飯の素は無印良品製.
最近人気No.1だそう….
生姜の香りが食欲を誘います.

煮物は前夜ことこと煮たもの.
今回は薄味に仕上げてみた.
出汁巻きは朝焼いた.

推定720KCal、材料費450円也.

-------------------------------------

火曜も朝早く目が覚めてしまい、
弁当を作ってしまった…

“たけのこ飯とお手製コロッケ弁当”

ランチ20210413


コロッケは特製手作り、冷凍しておいたもの.
出汁巻きも作り置きの解凍品.
余った煮物を合わせて.

推定約700KCal、材料費290円也.

---------------------------------

水曜日は社食.
第1食堂のB定食コーナー.

“豚肉の生姜焼き”と小鉢

ランチ20210414


ペラペラの豚肉なれど、
生姜のタレが香ばしくて美味しい.

小鉢はブロッコリーとじゃが芋のカレー炒め.
ピリ辛の旨味たっぷり♪

864KCal、510円也

————————————————

木曜日も社食.
第1食堂のA定食コーナー.

“和風おろし豚焼肉”と小鉢

ランチ20210415


なんだか毎日豚肉だね(笑).
おろしの掛けタレは肉とネギの甘さを
良く引き出す優れもの.

小鉢は、モヤシ・キャベツ・豚肉・コーンの
炒め物.意外とさっぱりで美味しい.

合わせて632KCal、370円也.

--------------------------------

今週も充実のランチ事情.
弁当は2回作った.

体重は横ばい….
来週も頑張ろう!

今週もご馳走様.




スポンサーサイト



映画「レッド・コード」 (DVD観賞)


映画「レッド・コード」
原題:Charismata
制作年:2017年 制作国:スロベニア 上映時間:97分



TSUTAYAの棚から未知の作品を選ぶ際の決め手に、
外箱の写真 の影響は大きいと思う.言い訳めくが、
銃を構えた美女に釣られて 選んでしまったDVD鑑賞.
本年累積88本目.

ある工場の地下で腐乱死体が発見される.それは内臓を抜かれ、
悪魔的な儀式が行われた形跡があった. 同様の事件を追う
刑事のレベッカたちはこれが連続殺人事件とみて捜査するが、
事件はさらに起こり続ける.

工場のオーナーが怪しいと 感じたレベッカは彼を監視するが、
彼女自身が悪魔的な幻覚に 悩まされるようになっていく.

監督/脚本はアンディ・コーリアー
出演はサラ・ベック・マザー、ジェイミー・サッタースウェイト他

----------------------------------------------------------


舞台はイギリスであることはすぐ判った.右ハンドルの車にヒロインが
さえない顔で乗っているところから物語は始まる.スロベニア作品と
後で調べてビックリ….レアな作品だよね.

外箱の写真に騙されたと気がついたのは序盤.
主人公レベッカ: サラ・ベック・マザーは警察のお偉いさんの娘で、
コネで刑事になった 経緯をもつ.後で判明するが強度のファザコン
でもある.

このヒロイン、刑事としての適正がまるで無い.死体を見てはゲロを
吐き、強い抗不安薬に頼り、酒に溺れて常にイライラピリピリしている
神経症的なキャラクター.全くタフでもクールでもない.

外箱にあった銃を持つシーンは皆無.作途中で不審者が部屋に
侵入してくるのだが、彼女の護身用の武器はトンカチ….
その後もベッドサイドにトンカチを後生大事に置いているのには
苦笑しかない.

彼女を取り囲む同僚たちも頓珍漢な奴らばかりで一瞬これはコメディ
じゃないかと疑いたくなる.出だしの犯罪の異常さからサイコ作品か
と思わせぶりなのだけど、その後はヒロインの妄想なのかオカルト的な
内容に転じてくる.

追いつめた犯人が行う悪魔崇拝儀式の結果、本当に悪魔が降臨
してしまって、一気にオカルトホラーと化してしまう.

あげくにレベッカは舌を切り取られたうえに、病院に突然現れた悪魔に
追いつめられて即死、そしてエンドロールが….

なんだ、これ???
またハズレを引いてしまった感あり.
外箱で選ぶとこうなる確率が高いなぁ…(反省).




映画「椿の庭」


映画「椿の庭」 -1
制作年:2020年 制作国:日本 上映時間:128分




新作邦画編の第2弾は柏キネマ旬報シアターにて、しっとりとした
絵画的作品を本年累積87本目に鑑賞.

数多くの広告写真を手がける上田義彦が、富司純子と「新聞記者」
のシム・ウンギョンを主演にメガホンを取った初監督作品.

庭に椿が咲き誇る一軒家.長年連れ添った夫を亡くした絹子は、
夫と子どもたちとの思い出が詰まったその家で娘の忘れ形見である
孫娘の渚と暮らしていた.

夫の四十九日を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死んでしまう.
金魚は椿の花で体を包まれ、庭の土へと還っていった.

庭に咲く色とりどりの草花から季節の移ろいを感じ、家を訪れる人びとと
語らいながら、過去に思いをはせながら日々を生きる絹子と渚.
そんなある日、絹子に一本の電話がかかってくる.

絹子役の富司、渚役のシム・ウンギョンのほか、鈴木京香、 チャン・チェン、
田辺誠一 清水綋治らが顔をそろえる.

以上は《映画.COM》から転載.
---------------------------------------


写真家上がりの監督さんらしい映像の作品.花や風景、家を映す
カットがやはり組写真的だ.それぞれははっと息をを飲むような美しさ
に溢れている.

自然等の対象だけではない.絹子役の富司純子の立ち居振る舞い
の美しさをあまねく映し出してくれる.こんなに綺麗に撮ってもらう
女優さんは幸せであろう.本作の富司純子は絶品だ.

映画「椿の庭」 -2



むろん渚役のシム・ウンギョンの愛らしさ、可愛さも十二分に撮られて
いる.その若さに溢れた横顔の美しさをたんと味合うことが出来る.

映画「椿の庭」 -3



舞台となるのは葉山あたりと思しき海を見下ろす高台の、立派な庭を
持つ古い大きな家.映画の題は“椿の庭”だが、季節によって藤や
紫陽花等々の様々な植物や空模様で移りゆく季節と暮らしの美を
描き出している.家の庭自体の撮影は1年に及んでいるのだろう.

家を通じて感じさせる夫との思い出と、それを近くで見つめる孫娘の
思いが、兎に角ゆったりまったりたっぷりで、セリフもそれ程多くはなく
その空気に浸る為の作品の印象.脚本的に波乱万丈は無い.

海、雲、雷雨などの自然描写が合間に入る.加えて金魚、蜂、バッタ
時には家に住むヤモリまでも登場させて、自然との融合を感じさせる.

歴史ある家の調度品は、どれを取ってもアンティーク調.優美な
シャンデリアが美しい.電話までもが、初期のプッシュホン、
時を感じさせる型式で、それで電話する富司純子の姿がまたよく
似合うのにはため息が出てしまう….

“画”だけでなく、“音”と“音楽”の使い方も耽美だ.
絶え間なく響く波の音、鳥の鳴き声、風でざわつく庭の木々….
静かな家では、ちょっとした生活音もよく響く.テレビやケータイは
一切登場しないのも好ましい.

静かなBGMは、始めはピアノ独奏で、中盤は絹子の“心の震え”を
表すかのようなチェロソナタに代わり、ピアノ独奏に戻って、
ピアノ四重奏でエンディングを迎える.

絹子の想い出の曲として、ブラザーズフォアの「トライ・トゥ・リメンバー」
が懐かしいレコードプレーヤーで何度も演奏されるのが印象的.
ピックアップはどうみてもOltfonで、監督のこだわりが見え隠れする.

予想通りの破綻しない結末.
はかなく消えゆくモノ、人への想いが溢れた作品.




映画「バイプレヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら」


映画「バイプレヤーズ 」-1
制作年:2021年 制作国:日本 上映時間:100分



韓国作品にも食傷気味で主たる洋画は観ちゃったから、デフォルトの
邦画に戻ってきちゃう.この週末公開の新作を柏TOHOシネマズで.
本年累積86本目の鑑賞.

田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一ら日本の映画・ドラマ界を支える
俳優たちが本人役で主演するテレビ東京の人気ドラマ「バイプレイヤーズ」
シリーズの劇場版.

映画版ゲストの役所広司、天海祐希、有村架純らをはじめ、総勢100人の
役者陣が本人役で出演する.

役者たちでにぎわう富士山麓の撮影所「バイプレウッド」を舞台に、濱田岳を
中心とした若手俳優たちが犬を主役にした映画の撮影に奮闘する中で、
ベテラン俳優たちを巻き込みさまざまなトラブルが起こるさまを描く.

濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子ら若手の役者たちが
小さなチワワが主人公の自主映画を撮影していた.しかし、チワワが現場から
逃げ出してしまうなど、トラブル続きでうまくいかない.
落ち込む濱田や柄本を見かねた田口らベテラン陣が、手を差し伸べるのだが….

監督はテレドラマ版の演出も手がける松居大悟.

以上は《映画.COM》から転載.
————————————————————————————


TV版は未見、テレビ東京の深夜枠なんて見られる訳が無い.
早寝早起きを実勢している.22時には寝てるのだ(笑).

それでも、バイプレーヤーズのチーフ的存在が亡くなった大杉蓮だった
事くらいは知っている.その後空中分解気味のバイプレーヤーズの
劇場版をぶち上げてしまった….

またも愚にもつかない副題が付いているが、最後のラストシーンには
たしかに100名以上の役者たちが顔を見せていた.

今回は富士山麓の架空の撮影所「バイプレウッド」を舞台に、 各種の
映画やドラマが撮られているという設定で役者たちを集めて いる.

幹となる映画作品は濱田岳が監督し、主役は犬の風、他に 柄本時生、
役所広司が出演し菜々緒、芳根京子、高杉真宙が スタッフで参加する
自主映画「月のない夜の銀河鉄道」という作品.

今は亡き撮影所の所長(大杉蓮が写真で登場)が温めていた企画で、
ラストシーンに100名の役者を集めるというアイデアも
所長の夢だったらしい….


映画「バイプレヤーズ」-2


されど中心となるべき濱田岳が元気が無い.いつものお調子モードで
良いだろうに沈んだ演技に終始する.むしろ柄本時生なんかが
父親、明の名をかたったりしてやたら元気が良い分だけ濱田岳には
がっかりさせられる.

役者が多すぎて、きちんと演出が行き届いていない印象.
脚本もザルだらけだし、勢い作品のまとまり感は全くない.
TV版より一層緊張感が無いのでは?と思いたくなる出来.

主役の風(犬)が行方不明になってからのパートの冗長なこと!
これで100分の尺に収まるのかい?と思いきや、唐突なラストシーン
だけで、「月のない夜の銀河鉄道」を演じてみせた….

なんだかスカスカ感一杯の作品.
TV版観てないからなのかなぁ….




映画「21ブリッジ」


映画「21ブリッジ」-1
原題;21 Bridges
制作年:2019年 制作国:中国・アメリカ合作 上映時間:99分




昨年大腸がんで亡くなってしまったチャドウィック・ボーズマンの遺作?を観賞.
本年累積85本目の鑑賞は柏TOHOシネマズにて.

「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが主演・製作を務めた
クライムミステリー.

マンハッタン島で強盗事件が発生し、銃撃戦の末に警察官8人が殺害された.
捜査に乗り出したのは、警察官だった父を殺された過去を持つデイビス刑事.

マンハッタンを全面封鎖して犯人の行方を追うが、事件の真相に迫るうちに
思わぬ事実が浮かび上がる.孤立無援となったデイビス刑事は、事件の裏に
潜むニューヨークの闇に立ち向かうが…….

共演は「アメリカン・スナイパー」のシエナ・ミラー、「ビール・ストリートの恋人たち」
のステファン・ジェームズ、「セッション」のJ・K・シモンズ.

製作には「アベンジャーズ」シリーズのアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟監督が
名を連ね、「ゲーム・オブ・スローンズ」などテレビドラマを中心に手がけてきた
ブライアン・カークがメガホンをとった.

以上は《映画.COM》から転載.
—————————————————————————


4年前から告知を受けていたそう.本作撮影中は抗がん剤まみれだったのだろう.
気持ち痩せて見えるのは、こちら側の気持ちのせいだろうか.それでも、劇中では
走り、格闘し、銃を撃ってみせる.制作にも関わる気持ちの籠もりようが見える.

テンポは異常によく、無駄の無い構成で見事に99分に収め込まれている.
冒頭からマンハッタン島で強盗事件で銃撃戦の末に警察官8人が殺害される.
捜査担当は警察官の父を惨殺された過去を持つアンドレ:チャドウィック・ボーズマン.

アンドレ刑事はマンハッタン島すべてを封鎖してしまう.島を出る21の橋、3つの川、
4つのトンネル、そして鉄道網のすべてをロックダウン.犯人を物理的に脱出不可能
にしたうえで、島全域におびただしい数の警官を放つという荒技だ.
事件発生は深夜の1時、ロックダウンのリミットは通勤が始まる5時までだ.

着々と犯人二人の素性や経歴を調べ上げ、追いつめていく.今どきだから、
監視カメラ映像とからグングンと解析できちゃうんだね.あっという間に
犯人たちは追いつめられる.

犯人達もなにか不自然さを感じているのだが、盗んだ麻薬が30kgだった
はずなのに300kgも在ったり、突然前触れもなく警官が現れたりと、伏線が
たくさん張られている.勘の良い観客ならもう一つの犯罪が潜んでいることは
容易にわかるはず.

中盤で犯人達は追いつめられるのだが、警察官たちは証人も含めて不必要に
射殺していく….陰に隠れた悪にこんどはアンドレ刑事が追いつめられていく.

映画「21ブリッジ」-3


チャドウィック・ボーズマンが演じたアンドレ刑事は、他人に左右されず、
己の良心のみに従い、常に“正しいこと”のために行動する実直な刑事だ.
なんとなくボーズマン自身の性格がそのまま演じられている印象.

やはりその体は少々痩せているように見えるが、しかし、彼の瞳の輝きは、
奥に燃える炎のきらめきは、一度見れば忘れることができない印象を残す.
もったいない若さ(43歳)で亡くしてしまった感がある.

マンハッタンをブロックすることが目玉のように予告含め展開されているが、
その影に潜んだ大きな悪におののいた一作品.