FC2ブログ

老化を遅らせるための3法則


元気な老人イラスト-02




またも日経のインタビュー記事からの受け売り.
話すは今井眞一郎さん.ワシントン大学医学部発生生物学部門・
医学部門教授/神戸医療産業都市推進機構先端医療研究センター・
老化機構研究部特任部長の役職.

専門は、哺乳類の老化・寿命の制御のメカニズムの解明および科学的
基盤に基づいた抗老化方法論の確立.
世界的に注目される抗老化研究の第一人者だそう.

かいつまんで、以下にその3法則をご紹介.

第1法則 …運動

すぐに始めてほしいことの一つが、運動です.運動が老化を遅らせることは、
複数の研究で科学的にも証明されている間違いのない事実です.

アスリートのような非常に激しい運動をする必要はなく、ウォーキング、 ジョギング、
自転車こぎ、水泳などの軽~中程度の有酸素運動、 筋トレが効果的です.

運動をすると筋肉中のNAMPT(ニコチンアミド・ホスホリボシルトランス フェラーゼ)
の量が上昇して、エネルギーの産生とサーチュイン(老化や 寿命をコントロール
する酵素)の活性化に不可欠なNAD(ニコチン アミドアデニンジヌクレオチド)の
量が増えます.NAMPTというのは、 体の中でNADを合成するために必要な酵素です.


第2法則 …朝食

もう一つ、NADを増やすために重要なのが、生体リズムを整えることです.
私たちの体の中のNADの量は、サーカディアンリズム(概日リズム)と
呼ばれる生体リズムに従って増えたり減ったりしています.

マウスは夜行性 なので、NADの量が昼間の明るいときに減り、夜は多くなります.
人間は逆で昼にNADの量が増え、夜には減るようになっています. 要するに、
NADはエネルギーを生み出すうえで必須の物質なので、 活動期に増えるように
なっているのです.

NADの値を昼間にしっかり高めて サーチュインを活性化させるためには、
人間が本来持っている生体リズムを 保ち、午前中にNADをしっかり増やす
ことが大切なのです.

そのために有効なのが、1日の始まりのエネルギー源となる朝食を最も
カロリーの高い食事にすることです.実は、私もかつては、夜遅く帰って
デザートまでたっぷり食べ、その2時間後には寝るような生活をしていました.

2014年に生体リズムに関する学会に呼ばれて講演したときに、栄養が
生体リズムに与える影響についての最新の知見を聞き、家内と相談して、
それまで夜に食べていたような食事を朝にとるようになりました.

朝に良質のタンパク質をしっかりとることが重要なので百数十グラムの
ステーキや大きな魚を食べ、ポリフェノールが豊富なカカオ90%のチョコレート
などのデザートも楽しみます.

昼は普通に食べ、夜は軽くワイン1~2杯と チーズやハム、フルーツをとるくらいで、
20時以降は何も食べないように しています.

血糖値が下がるのには食後4時間くらいかかるので、ベッドに入るときには
血糖値が下がっている状態にすることが大切です.また、ブルーライトは
生体リズムを乱しますので、就寝前にスマートフォンなどデジタル機器を
使わないようにしてください.


第3法則 …「小太り」

ヒトでのカロリー制限についての報告では、ある程度、老化を遅らせる効果
があるということになっています.ただ、カロリー制限をしたマウスやサルを
ウイルスに感染させるとあっという間に死んでしまいます.

体の代謝が良くなるのは間違いないのですが、病原体に対する抵抗性が
相当落ちることには注意が必要です. 特に、ダイエット志向の強い日本の女性に
知っておいていただきたいのは、 BMIが20未満になるようなダイエットは危険だ
ということです.

BMI20未満の人は特に高齢になると肺炎や感染症、心臓病などでの死亡率が
上がります.日本人を対象にした疫学調査では最も死亡率が低いBMIは女性が
23.0~ 24.9、男性25.0~26.9で、ちょっと小太りの人のほうが長生きできる
可能性が高いのです.

世界的に見てもBMIは女性で22~23程度、男性25~26くらいが最も
死亡率が低くなります.BMIが30を超えるような太り過ぎはメタボリック
シンドロームのリスクを上げるので良くありませんが、臨床医の間では、
少し小太りの人のほうが手術後の合併症の発症リスクが低く、透析での
予後が良好であるなど、ある程度脂肪があったほうがいいのはよく知られた
事実です.

太り過ぎはもちろんよくありませんが、脂肪の組織から老化・寿命のコントロール
センターである視床下部に非常に重要な酵素が送り込まれているわけですから、
老化を遅らせるためには、ある程度、最適な量の脂肪を蓄えておくことが
必要なのです.

運動をすることや脂肪を蓄えることはある程度実現できるとしても、朝食を
メインディッシュに変え、夕食を少しにして20時以降は何も食べないように
するのは、残業が多い日本のビジネスパーソンには難しいように思います.

市民公開講座などで朝食を最もカロリーの高い食事にし、20時以降は
食べないという話をすると、よく「日本では無理ですよ」と言われます.
日本人が、それほど太らなくても糖尿病などの老化関連疾患になりやすい
のは、残業が多くて夜たくさん食べて朝食を抜くような生活をしている人が
多いからなのかもしれません.

前日からある程度準備をする必要はありますが、これまで夕食に食べていた
ようなものを朝食に回すようにしてみる価値はあります.私自身、もう6年間
そういう生活を続けていますが、体調もいいですし、夜は熟睡できます.

ドイツと中国には、「朝食は皇帝のように、昼食は王様のように、夕食は
物乞いのように食べろ」という意味のことわざがあるそうです.

私が最先端の科学の成果を実践しようとした末にたどり着きつつあるのは、
先人の知恵に学べ、ということです. 結局は、日の出と共に起きて体を動かして働き、
夕食を軽めに食べて 日が暮れると共に寝る、太陽の周期と共に動く生活が
生体リズムを整え、 老化を遅らせる方向にも働くわけです.

皆さんもぜひ、3つの法則を実践して老化を遅らせ、死ぬ直前まで
自分の人生をフルに楽しみつつ社会貢献もするプロダクティブ・エイジングを
実現していただきたいと思います.

---------------以上が今井さんのお話----------------


権威と科学的根拠に弱い副長は、こういう説には一も二も無く従っちゃう.
どれもそこそこ実践しているけど、とりあえず、「夕食は物乞いのように食べ」、
20時以降は食べない…を実践していこうかなぁ.




スポンサーサイト



おそるおそる初詣@女化神社


初詣20210103-02



3日の午後、そろりと近所の「女化(おなばけ)神社」

へ 初詣してきた.参拝する人は少し.

分散化出来ているね.

初詣20210103-04

それでも屋台は5つほど.



初詣20210103-03
≪社殿の手前には狛犬の代わりに子連れキツネ≫


“おなばけ”なんて変わった名前なのだけど、

古くから伝わる民話、

女性に化けたキツネに由来する名称.


その民話とは.


------------------------------


むかし、根本村(現在の新利根村根本)に忠五郎というやさしい 若者がいました.

ある日、土浦で筵むしろを売っての帰り道、 女化ヶ原にさしかかると

一人の猟師が眠っている大きな白ぎつねを 射ようとしていたので、

忠五郎が大きなせきばらいをしてきつねを 逃がしてあげました.


「ひとの仕事を邪魔しやがって」と猟師は怒りましたが、

筵の売上全部を 出して謝りました.


その夜のこと、忠五郎の家に若い娘と老人がたずねてきました.

「奥州から鎌倉へ行く途中、道に迷って困っています.どうか一晩泊めて 下さい」

忠五郎は二人を泊めてあげました.翌朝、忠五郎が目をさますと、

下男に路銀(お金)を持ち逃げされてしまったと娘が泣いていました.


そこで娘は忠五郎の家にしばらく居ることになりました.

八重という この娘は、この世のものとは思われない美しさで

気立てのやさしい働き者で、 やがて忠五郎の嫁になりました.


幸せな家庭に8年の月日が流れ、

鶴、亀次郎、竹松という三人の子供 に恵まれました.


ある秋の日、八重は竹松の添寝そいねをしているうちに

寝いってしまったところを遊びから帰ってきた子供たちが見ると、

母親に 大きな尻尾が出ているではありませんか.

「大変だ~、おっ母かあがきつねに なっちゃった~!」

と腰を抜かさんばかりに驚き、父親のところへとんでいきました.


忠五郎が急いで帰ってみると八重の姿はなく、

「みどり子の母はと問わば 女化の原に泣く泣く伏すと答えよ」

という書き置きだけがありました.


忠五郎が三人の子供を連れて、きつねの足跡を追ってくると、

森の中に 穴があり、そこはあの女化ヶ原でした.

「おっ母!出て来ておくれ.」と 涙ながらに呼びかけました.

すると中から「こんな姿になって、もう会うことは 出来ません」と声がしました.

「どんな姿でも驚かないから出て来ておくれ!」「ほんとうに驚かないでくださいね」

と一匹のきつねが穴から飛び出して、子供たちの顔をジーッと見つめ、

「私がおまえたちの守り神になります.」と泣きながら走り去りました.


この穴は、女化稲荷の北方300m位の所にあり、

お穴として 祀まつられています.


---------------------------------


ほんのり哀しいお話だねぇ.


そんな由緒ある神社で恒例のおみくじを.

初詣20210103-05


「吉」と出ました.


ほどほど中くらいの幸せにあまんじましょう.

Amebloみくじも確か「吉」だったような?


まぁ今年はそんな調子で…♪ .





2021年新年のご挨拶


富士山20201214
《昨年末の富士は雪不足》



あけましておめでとうございます.

皆様のご多幸をお祈りいたします.



昨年中は拙い弊ブログを訪問していただき

ありがとうございました.


本年もそこそこに続けていこうと

思っております.

なにとぞお付き合いのほどお願いいたします.


さて、昨年の目標を書き出すと、

断捨離に努める…シンプルライフを目指す.

健康に留意…先ずは減量だね.

映画は減らす、読書を増やす.

だった.


断捨離は今年上期に持ち越し.

減量は出来た.

コロナ禍で映画鑑賞は増えた?

読書は年末で少し増えてきた.


さて、今年の目標は….


大きな変化の年だ.

再雇用も終了.住居も変える予定.

ガラッと生活パターンを換えるのだ.


さてどうなるか?

面白可笑しく見てて下さいな.


コウの新年20201231

「今年もよろしくニャ!」コウより





マスクをしない自由を考える


マスクのイラスト20200208



先日、東京都知事選に立候補した「コロナはただの風邪」と主張する人物と
その支持者が東京・渋谷に集まり、50人くらいの集団でマスクをせずに
JR山手線に乗り込んだ“事件”があった.SNS上ではかなり話題になり、
「これは一種のバイオテロではないか」との声もあがった.

欧州でも、ドイツ、フランス、英国などで、マスク着用義務化への反対運動が
起こっている.報道によると、ベルリンで8月1日に行われたデモには
約1万7000人がマスクを着けずに参加.「われわれの自由が侵害されている」
と書かれたプラカードを掲げるなどして行進した.

感染者数の再度の増加が目立つフランスでは、政府が警察官を動員して
マスク着用を徹底させる方針を取ることにしたが、果たしてどうなるだろうか?

マスクをしない自由は正当化されるのだろうか?

新型コロナウイルスとの闘いが長引き、蓄積する精神的なストレスへの対応で
少なからぬ人が苦労を強いられる中で、米国でも欧州でも日本でも、マスクを
しない「自由」というキーワードが浮かび上がってきている.

自己が感染する危険を選ぶ自由は存在すると思うのだが、ことこのcovid19
というウィルスの感染力を鑑みるなら、自らがウィルス・キャリアで他人に感染
させてしまうリスクを防ぐのにはマスクが有効と科学的には信用されている.

とするならば、政府が要請している(あるいは強制している)マスク着用と
いう感染防止策に国民が従わない「自由」は、正当化され得ないと思うのだが.

ワクチンを接種したくない人々

マスクではなくワクチンについても、新型コロナウイルスに有効なワクチンが仮に
出来上がった場合でも米国人の3人に1人は予防接種を望まないという、
日本人の感覚からすれば驚くべき調査結果が出ている.

CNNテレビが5月に実施した世論調査によると、新型コロナウイルス感染症を
予防するワクチンが低コストで幅広く利用可能になった場合でも、回答者の
33%が「接種しない」と回答.

年代別では35~49歳で45%と高く、トランプ大統領の支持者の47%、
共和党支持者でもやはり47%が、ワクチンを試さないと回答した.
まぁ個人的意見だが、トランプ支持者はお馬鹿だからね….

理由はさまざまで、「病気にかかって回復した方が免疫力は強くなる」
「巨大な 製薬企業が安全より利益を優先している」「政府がきちんと審査していない」
などのほか、「接種するかどうかは個人の自由であり強制されたくない」という
ものがあった(8月11日付 日経産業新聞).

ここでも、「自由」というキーワードが顔を出している.
もっとも、マスクを着用するかしないかとは異なり、ワクチンの接種は人体に
直接影響を及ぼすものであるだけに、特に体力が弱い高齢者の場合は、
接種を回避する自由を議論する必要があるかもしれない.

それにインフルエンザワクチンにもあるように、ワクチンを打っても罹患する事も
あるし、最近報告のあったcovid19の再感染力の事例は抗体に打ち勝つ
強さをこのウィルスは持っているかもしれないのだ.

各国政府が焦って、ワクチンを早期承認するよう規制当局に圧力をかけて
しまい、効力が不十分で副作用が大きいワクチンが結果的に出回ってしまう
可能性を危惧する声もある.

別な視点から、新型コロナウイルス感染拡大防止策と「自由」の関連について
考えてみる. ウイルスには戦争目的や意思がないので、そうした比喩をすること
には異論も あるが、新型コロナウイルスとの闘いを「戦争」と位置付けるなら、
今は「平時」 ではなく「戦時」ということになる.

この戦いの中での『自由』を考える.

「緊急事態だからこそ、自由を」 日本ペンクラブは4月7日、「緊急事態だからこそ、
自由を」と題した声明を発表した.
緊急事態宣言の下では、移動の自由や職業の自由、学問の 自由や知る権利、集会や
言論の自由が一定の制約を受けることが懸念 されるという、危機感の表明である.

 「戦時」において私権さらには基本的人権には、戦争に勝利するという目的
に鑑みて、一定の制約が加えられるのが通常だろう.もっとも、制約は合理的
かつ必要最小限度にとどめられるべきであり、民主主義の下では、議会による
立法の際のきめ細かい工夫や、事後のチェック・責任追及が必要になってくる.

それが無かったから、先の大戦では一億総火の玉、欲しがりません勝つまでは
の世界が繰り広げられた事を忘れてはならない.

東京大学の宇野重規教授(政治思想史)は6月5日の日本経済新聞の
朝刊「経済教室」欄に、「危機下の民主主義(上)事前の制度化・事後 検証カギ」
と題した論考を寄稿した.

そこでは、「緊急事態に備えて事前に一定の法制度を準備し、事後的に
その間の政府の行為を検証する仕組みが確保されていることが不可欠だ」.

「テクノロジーを用いて個人の行動を管理しようとする政府や民間企業の動き
に対し、市民社会の側からチェックしていくことが急務だ」「今こそ、コロナの経験
を踏まえた民主主義のバージョンアップが求められる」といった主張が展開されている.

ふつうは上記のような議論の整理を行うことによって、話には区切りがつくはず.
だが、新型コロナウイルスの場合は、なかなかそうはさせてもらえそうにない.
それはなぜかと言えば、このウイルスとの闘いには明確な終わりがこのまま
やってこないかもしれないという、現実的な可能性があるからだ.

いつまでたっても「戦時」が続くとすれば、私権さらには基本的人権に対する
政府による制約も、常態に近くなっていく.つまり、人々が有している「自由」の
うち一定の部分は事実上、失われてしまうわけである.

マスクの着用に反対して抗議活動をしている人々がそこまで考えを及ばせている
のかどうかは分からないが、「一事が万事」的に「自由」がどんどん取り上げられて
いってしまうことを直感的に恐れる人が増えてきているのではないかと思う.
かくいう私も漠然とした不安をもっている. 長引けば国家管理を受容する方向へ?

また、政府による必要以上の個人情報把握を危惧して日本人がマイナンバー
カードを作りたがらないことも、中国の人からすれば理解不能なだそうである.
生活が便利になって得をするなら個人情報が「丸裸」になってもあまり気に
しないのが、中国の人の考え方なのだという.

新型コロナウイルスとの闘いで「戦時」がこのまま長引くと、「慣れ」や「あきらめ」の
ようなものが広がる中で、今は個人情報に敏感な日本人のメンタリティーは、
中国のそれに近い方へと徐々に変わり、国家による強い管理を全般に受容する
方向になってしまうのでは、危惧している.

直ぐに結論が出ることではないし、様々な意見はあるだろう. 
狭義の経済動向だけに目を奪われず、これらの範ちゅうを超えて、
こんな『自由』を考えていく必要が生じつつあることに関しては異論はないと思う. .

(以上は、日経に掲載されたみずほ証券チーフMエコノミスト:上野 泰也氏の
文章を基に加筆した文章です.)




対岸の火事


アメリカ国旗ボロボロ




トランプ大統領の暴走が止まらない.

彼はデモのために集まっている市民や、暴徒化しつつある一部の人々を
むしろ煽りにかかっている.それどころか、この混乱に乗じて、全米の市民を
トランプ派と反トランプ派に分断することを画策しているようにさえ見える.

極右トランプ派の囲い込みとでもいうのだろうか、アンチを徹底的に叩いて
大統領選に臨むつもりなのだろう.

嬉しいのは黒人票が民主バイデン候補に流れるだけでなく、
共和党内部からもトランプに嫌気がさし、バイデン支持を謳う人が出てきたこと.
共和党重鎮のパウエル元国務長官とかブッシュ(子)元大統領とかだ.

共和党が一枚岩で無くなれば…トランプ玉砕も近い(喜).

こともあろうか、トランプは自ら大好きなツイッターまで敵に回している.
トランプ大統領のTwitter発言に関しては、これまでにも事実と異なった言及が
散見されていたり、大統領としての権限を踏み外した発言がたびたび問題視
されたりしてきた.

ツイッター社は、この5月の「郵送投票に関する誤解を招くツイート」に
「要事実確認」の警告ラベルを付与した.で、この時の注意喚起を皮切りに、
トランプ大統領のツイート姿勢に正面から対峙する姿勢を明らかにしつつある.

このツイッター社の強硬な対応に反応するカタチで、トランプ大統領は、
5月28日、ツイッター社などのソーシャルメディアプラットフォーム企業の
法的保護を制限することを目的とした大統領令に署名した.

大統領としては、新たな規制を持ち出すことで、ツイッター社をはじめとする
SNSの企業活動に制限を加える可能性を示唆したカタチだ.

もちろん、ツイッター社とて、大統領に圧力をかけられて、そのままおとなしく
引き下がるわけにはいかない. ツイッター社は、このたびのミネアポリスでの
事態(黒人男性ジョージ・フロイド氏が、 白人の警察官に殺された事件)に
関する大統領の一連のツイートに対して、 「暴力賛美」の警告ラベルを付与して、
一時的に非表示とする措置 (ユーザーがクリックすることで再表示される)を
発動することで報いている.

一歩も引き下がらずに全面対決の構えを示した.
マスコミ(SNS)が時の大統領にキチンと立ち向かう姿勢がうらやましい.

我が国のマスコミと言ったら、時の政権に忖度しっぱなし、しっぽを振るばかりで、
その気概の無さは筆舌に尽くしがたい.この点だけはアメリカがうらやましい.

国家分断は対岸の火事でも、この事柄は他山の石とせねばならぬ.

.