FC2ブログ

F-1フランスGP予選


フランスGPが開催されるのは
マニクール・サー キット.

パリから150km南に位置するロワール県の北東部にある.
1991年からグランプリが開催されている.

思えばこの初開催年1991年にマニクールへ行った.
ちょうど仏出稼ぎ中だったからね.

住んでいたレンヌ市から約200km.
友人のオペル・ベクトラでちんたら走った.
曲がらない,つまらない車だったなぁ….

写真の通り,のどかな田舎だ.
サーキットが出来るまでは,
なーんにも無かった土地だ.

当時のミッテラン大統領のお膝元の地.

サーキット誘致に関して生臭い話が満載だった.
この手の疑惑はどこの国にも在る.
名政治家と言えども….


その前年までは,南仏の“ポール・リカール”.
歴史在る良いサーキットだった.


今年のレースはフランスで開催される57回目のレース、
近い将来、他へ移転することにな っているらしい.

(フランスの)政権も替わったしね….
今度のサルコジ大統領はもっと生臭いかも.


さて,本題(笑)のフランスGP予選は

やはり赤の車が制した.但し,またF.マッサだ.

ライコネンは3位グリッド.
2位には新人L.ハミルトンが食い下がった.

さて,高速サーキットでの逃げ足の速いマッサを
脅かせるか,新人類!?

決勝の天気予報は雨…?.

その方が面白いなぁ….


スポンサーサイト



雨の日の昼食は,


ポソポソとたよりない雨が降る….

こんな日の昼食は軽くパスタで.


硬めにに茹でて,市販のソースで手抜きしちゃう.


問題はこれに合うワイン.


昼間っから呑むかなぁ?!

 と言う問題と.

パスタに合うワインは何か?!

 という2重の問題がつきまとう.


副長はこういう問題には悩まない性格.


写真の通り,トスカーナのキャンティ

 “Leonardo”

かのレオナルド・ダ・ビンチの名を冠した
メディアム・ボディ.

軽い酸味とサンジョベーゼ種の甘みと
ほんのりの渋みが,熱いパスタに好く合う.

うーん,休日ならでは贅沢な午後.

(ワインが高いのではなく,昼間っから
 “呑む”ことが…贅沢と思ってます,ハイ)


釣り師,再び


朝の散歩シリーズ.

雨が降ると朝のウォーキングも
ままらならぬが,晴れ間を縫って歩く….


かと思えば,釣り師も同じらしい.

雨の隙間を狙い,ヘビ沼に直に
入って,ルアーを楽しむ….


そこまでやるっ?!

F-1フランスGP2007フリー走行


やっとF-1サーカスがヨーロッパへ戻ってきた.

なんだ言っても,F-1は欧州文化の華.

気分的に違うよね,チームもドライバーも.


さて,フランスGP.

写真は赤の車,フェラーリのノーズコーン..


綺麗だねぇ・・・.

このウィングの曲線,流れるフォルム,艶やかな仕上げ….

美しくないと,早くない…

この世界の論理.


このウィングが効いたのか,
フリー走行はフェラーリのワン・ツー.

いいぞ,ライコネン!!

ここら辺で一発魅せてくれい.


一方,今週開催のFIA会議では,
2011年には可変ウィングの許可だの
エンジンの4気筒規制などとの案が….

いい加減に,スポーツに“政治”は
持ち込んで欲しくない.

造られたスポーツの楽しみほどむなしいモノはない….


街中のネコシリーズ(茨城取手編)


野良ネコシリーズ.

他のネコを追いかけていた

気の立ったネコ.

シッポなんかふくれっぱなし.

そっと近寄っても,

  『フーッ』

なんて,やられちゃう.

まぁまぁ,落ち着いてさぁ…と
くだけて近づいてみる.

写真なんか撮ってみたいんだけどー

とそろそろ近づいたら,

ポーズを取ってくれた.

  パシャッ!

ありがとうよ,縞ネコ君.


タカラブネのウフ・ミルク


タカラブネと言えば全国チェーン.

数年前,会社更生法を申請し
たしか,Sweet Garden 系列に
合併吸収されたはず….

チェーン系列,工場製のお菓子だって
見捨てたもんじゃない.

けっこう,隠れた“名品”があるもの.

このタカラブネ/Sweet Garden 系の新製品

  「ウフ・ミルク」

は,その“名品”と思う.


シュークリーム系がかなり好き….
けっこうこうるさい対象.

はっきり言って“シュー系”からは
逸脱していると思う.

外皮は,焼き上げてはいるが
揚げパンの皮のように柔らかく,
モチッとした食感がする.

“ウフ”とはフランス語で“卵”
卵の白味で泡立ててミルクをベースにした
トロトロの泡っぽいクリーム….


モチッとした皮の食感の中に
濃厚なミルク味でトロトロの
泡っぽいクリームだよっ!

これは傑作と思う.

単価¥147は安いっ!!

出来たて直後のアツアツで
工場のコンベアラインでビニールに
くるまれるのだろう.

熱逃がしの為かビニールの両端が
解放されている.

買い求めるときに,
しつこいくらい言われる.

『両端穴空いてるから落とさないで下さいね』

箱にも書いてあるんだよ.

よっぽど,落とす客がいるんだろうなぁ(笑)


映画「憑神(つきがみ)」


今の世の中,ポイントばやり.

映画も副長みたいにしょっちゅう観てると
ポイントカードで月に1本位はタダで観れちゃう.

そんな時は,お金を払ってまでは観ない映画にする.

つまり,「損したーっ」気分にならないように(笑).

そんな状況で,残業しない水曜の夜に
観たのは「憑神(つきがみ)」.

幕末を舞台に、しがない下級武士(妻夫木聡)が
3人の災いの神様に取り憑(つ)かれて
奮闘する姿を描いた時代劇ドラマ.

『鉄道員』の原作・浅田次郎と監督・降旗康男のコンビによる.


妻夫木は好きな役者.でも他に嫌いな役者も
多くでているので観るのをためらっていた.

結局背中を押したのは,ポイントカードの“タダ”と
奥さん役に笛木優子が出ていると知ったから.


よかった~.タダで観て(笑)

正規料金払って観ていたら,
こんな大らかな記事にはならない(笑).

妻夫木は好い味で演技しているし
笛木優子は出番は多くないが素敵だった.

嫌いな(!)西田敏行の演技上手には感心もした.
敵ながら,あっぱれ(笑)

でも,作り方も雑で退屈はしないが感心もしない.

エンディングは近来まれに見る酷さ.

かつて原作者が顔を出すにしても
こんなみっともない出し方は驚き.

本人恥ずかしくないのだろうか??

エンディング作り直せば,まだ許せる映画だったかも.

庭のねじり花


ネコの額ほどの庭も

なーんも世話しないから,

ジャングル化してきた….


今週末は手入れしなくちゃ.


偵察してきたら(笑),

やはり野バラの存在感が凄い.

トゲだらけのムチをふるうが如く
窓際に君臨している.

そいうえば,昔ウルトラマンだか,ウルトラセブン
にこんなムチを振り回す怪獣が出てきたっけ.

あぁ,夢にまで出てきそう….
怪獣? いやいやトゲがさ….


そんな偵察の中で,
庭の真ん中に,ねじり花を発見.

娘がこよなく愛した花.

雑草のたぐいだから,取ろうとすると
娘は駄目という.

けっきょく,毎年枯れるのを待ってから
刈り取った.

今年も咲き終わるまで,待つとするかなぁ.



くしゃみするネコ


寝る前のブログアップにいそしんでると….


隣のソファの背に乗ったチビが

なぜか,くしゃみ….


   「くちゅんっ!」


へっ?  

副長の花粉症だか夏風邪がうつった?!


その後何も無かったように

  むにゃむにゃ…

と寝入ってしまった….

うーっむ,ネコの風邪薬の在庫は無い.


月曜は弁当っ


Yun さんに誉められついでに…


週末の料理の後片付け…

と言うわけではないが,


月曜は自ら弁当を持参することが多い.


残り物と今どきの冷凍食品“お弁当シリーズ"

だけでも,けっこうイケたり…する.


ほんとに,マメな奴と,自分でも…思う.