FC2ブログ

映画「魔法にかけられて」


雨の降り出した日曜の夜.
非日常な映画の世界へ.

アニメーションの世界に暮らすプリンセスが、
魔法で現代のニューヨークに追放されてしまう
ディズニー・ファンタジー.

主演プリンセス役は33歳のエイミー・アダムス.
おとぎの国のシーンはアニメ、
ニューヨークでのシーンは実写で描くというハイブリッド.

ディズニーのヒロインも随分と様変わりしたものだ.
33歳だというし、臨機応変でどんな環境でも対応できる全天候型….
しかも自らドレスを作ってしまうシッカリ者だったりもする.

このヒロインがおとぎ話的恋愛から脱却して自我に目覚め、
現代的恋愛に堕ちる面白さも今風….

やはりこういう映画は若いカップル向け.
中年オジサンにはえらく場違い感がただよいまくる.
2時間の暇潰しにはなったが、
気まずい観終り感これしきり……。

気まずさ代金¥1500は…ちと高いかな?

スポンサーサイト



同じセリフに同じ返答…


土曜の宴会後,父は副長宅へ泊まり込んだ.

翌朝の朝食はまたも豪快に….


 鮭と大根おろし,卵焼き,もやしウィンナ胡椒炒め,

 新ジャガ大根コンニャクの煮物,白菜漬け,ご飯と油揚げみそ汁.


父が前回と全く同じ質問をする.

 『おまえ,こんな朝食作ってるのか?』

老人の繰り返し発言に慣れっこの副長.

 『まあな,休日だけだよ,こんなのは.』


きっと次回も同じ質問,同じ返答…のこの二人.(笑)


シャトーカミヤの桜8分咲き




朝から曇り空の北関東.

父と牛久のシャトーカミヤの桜見物へ.

先週は1分咲きだった.
今日はほぼ満開….






曇りで光は足りないが,それゆえに
幽玄に白く染井吉野が誘惑する.

なにか気持ちを不安にさせるモノを
この桜は持っている気がする.

そんな気持ちを一掃するかのような

花嫁が目の前を通り過ぎた.





シャトーのチャペルで挙式,隣のレストランで披露宴.

八重桜みたいなドレス…
桜より華やかで,綺麗ですよ.

お幸せに….

森の中のネコシリーズ(森の散歩)


門番は森の中を巡回するのもお役目.

たいがいは一匹で見回るが,

ときにお伴を連れることも….


この日はチビ黒猫くんを連れて沼の方へ.

面倒見の良い,門番さん.

顔は怖いけどねぇ.

玉子かけご飯




週末の夜,父とまたも宴会….
いつもの焼鳥屋さん.

しこたま,美味しい焼き鳥を頬張る.

新製品,カレー味登場っ!
けっこういけてます.

さて,飲んで食べて締めは…

やはり,お米モノを.

副長と同じように飲み食いしたあげく
81歳の爺さまは,特製ぞうすいを
パクついている.




副長は,この店では玉子かけご飯初体験.
トップ写真がそれ.
焼鳥屋には不思議なメニュウだけど,この店の人気モノ.

ネギと玉子の自然な味とご飯の甘み.
そしてタレの辛みが何とも良い調和だ.




玉子かける前はこんな調子….

あぁ,美味しかった.

森の中のネコシリーズ(門番はハンサム)




なんだか猫の話題ばかりで….

またもネコパラダイスの想い出から.


門番のキジトラはかなりのハンサム.

強くて,優しくて,伊達男いや伊達ネコ.

横顔に哀愁が漂う.






門番ゆえ正面からにらまれると…かなり怖い(笑).



老いたネコと…


大好きな脚本家:三谷幸喜が朝日新聞に毎週末書いているエッセイを
楽しみに読んでいる.つい最近単行本化もされた.

挿絵は和田誠,これも柔らかな画が文にお似合いと思う

最近の話題は、彼が飼っているペット、ネコの老齢化.
オス猫「おっさん」は17歳…人間なら90歳相当か.

朝、姿を見かけないと不安にかられて探してしまう事、
食べる事もしなくなり衰弱していく様、奇跡的に食欲が戻り
食卓に飛び乗る元気に喜ぶ様子の記述の隅ずみに
三谷幸喜の猫への愛情が満ち溢れている.

もちろん奥様の女優:小林聡美さんも同じように
面倒を見てるのだけど、エッセイは三谷幸喜と猫の
関係に深く入っていく.

ペットと飼い主の関係はそう長いものではない.
17年間は長いほうだろう.
老いる生き物をともに暮らす事は貴重だ
…犬であろうと、猫であろうと、もちろん人間だって.

若い時とは違う生き方、生活なのだ.
時間の流れ方だって違う.無為になんか過ごせない.
自らだって必ず通る道なのだ.

自らの立場についつい当てはめてしまう.
我が家の猫も14歳…人間なら定年を過ぎた頃だ.
足腰は元気だが、ボケは始まっている.
艦長(元妻)に託した猫も15歳.今だ元気なのは嬉しいが、
この先待ち受けることは三谷幸喜のケースと同じだ.

映画「犬と私の10の約束」が上映中だが、副長は観られない.
以前、予告だけで泣いてしまう映画があると書いたが、
実はこの映画のことである.10回以上予告をみたが、
全部泣いている…(笑)

全編は絶対観られない.
「私は十数年しか生きられません.大事にして下さい」
という10の約束の一つがナレーションされるたび、
最愛の犬が亡くなる時、主役の田中麗奈が号泣するたび
副長の涙腺は麻痺しっぱなし….
これは…観られないね….

生きる限り必ず老いる、そして消えていく.

時間の流れに漂いながら….

森の中のネコシリーズ(寝てばかり)


ネコパラの想い出から….


変わった暖色系3色のネコ.

もう一匹の門番役と言うべきか,

いつも寝泊まりの場の門柱で寝ていた.


又あるときは門の近くの木陰で…寝ていた.

白キジの門番くんが外からの侵入への門番なら

この仔は内部の猫たちへの門番…だったのだろうか.


寝ている姿,以外を見たことがない.

森の中のネコシリーズ(イタズラ好きの黒猫)


ヘビ沼のネコパラダイスの想い出から….

まだ子猫のくろねこ.


やんちゃで,他のネコと格闘したり,

通りすがりの人間にちょっかいを出したりも.


そのくせ,寂しがり.

門番ネコにくっついて散歩する姿もよく観た.


細いからだで遊び回ってる…かな?

犬好き?


過熱気味のネコ好き…と思われているが,

実は犬も好きだったりもする.

特に,愛してやまないこの犬…“SNOOPY".


もうかれこれ,ピーナッツとは35年来の付き合い.

高校の英語教師が粋なヤツだった.

週3時間の授業.

1時間は洋楽レコードをかけて,詩を学んだ.
   おかげでいまでも横文字のカラオケを歌える曲が数曲.

もう1時間は英字新聞のアン・ランダースの人生相談記事.
   おかげで変わった人生を学んだ.だって扱うのが,
   同性愛だの,近親相姦だののテーマばかりなんだ.

もう1時間が,Peanuts Comics.
   チャーリブラウンとライナスのはかなげな会話や
   ルーシーの危険な発言表現を学べた.

これ以来.C.M.シュルツのピーナッツ・コミックのファンになった.

むろん,愛らしいスヌーピーや逆さにしか飛べない鳥,
ウッドストックもいたく愛している.


写真は,最近戯れで購入したスヌのTシャツ.

人前で着る歳でもないが…,ネクタイ姿のYシャツの下に

熱き心で,スヌをまとっている…のもおつではないか(笑).


スヌーピーが朱い携帯を開いているところなんぞ,今どきだね.