FC2ブログ

2009年映画の想い出

やはり紅白もつまらなく、
今年観た映画127本を連ね、
想い出に残った好きな作品を
邦画洋画各3本ずつあげてみたい.

まずは好きな邦画から.




・ディア・ドクター    監督の手腕に感心.種々のカット、シーンが忘れられない.

・南極料理人       原作良し、監督良し、役者良しの三拍子.

・サマーウォーズ     長野の風景、家族の意識、小さな勇気…日本アニメの良心.


次点は“おと・な・り”、テンポ、画像の雰囲気、役者…が妙に感性に合う小品.



洋画は今年は傑作ぞろい.
正直3つに絞るのは至難のわざ.
しかし3つに絞る事が大事.




・グラントリノ      老いた生き方、偏見、友情をイーストウッド監督が見事に描き、演ずる.

・路上のソロイスト    ベートーベンの凄さを再発見させてくれた.
             音楽への愛情とハンデキャップへの友情…を気づかせてくれた.

・スタートレック     副長がトレッキーゆえの身びいきでなく、
             真の冒険活劇の素養を全て持った佳作.青春SF物語の名作.


次点は“マイケルのThis is it”.
映画としてというよりマイケル自身への
尊敬と崇拝心による.


昨年は96本、その前年は76本の鑑賞ゆえ
年々その本数は増加している.

今年鑑賞数が増えた理由はギンレイホールの
パスポートを購入したから.

隔週で2本づつ極めて適切な審美眼による選択で
名作を提供してくれる場を得たから
質の高い作品だけを沢山定期的に観る事が可能になった.

来年は勤務場所も変り、仕事も多少は変るから
それほど多くは観ないかもしれない.

ギンレイホール中心にマイナ―作品は拾っていくつもり.
週末の自宅への帰り道途中であるし.


映画で学ぶこと、考えること、体験すること、は依然多い.

人生に本と音楽と映画は欠かせない.



以下は今年観た作品名(鑑賞順)



K-20怪人二十面相伝
魔法遣いに大切なこと
252 生存者あり
チェ 28歳の革命
きつねと私の12か月
007/慰めの報酬
ヤング@ハート
感染列島
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
チェ 39歳 別れの手紙
20世紀少年<第2章> 最後の希望
チョコレート・アンダーグラウンド
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

マンマ・ミーア
イーグル・アイ
ゆれる
その日のまえに
「The Pretty Women」 野蛮的温柔
Max Payne
カフーを待ちわびて
少年メリケンサック
エレジー
ジェネラル・ルージュの凱旋
チェンジリング
パッセンジャーズ
ホノカア・ボーイ
7つの贈り物
ワルキューレ
ウォッチメン
昴ースバルー
トワイライト~初恋~
らくだ/連獅子
ザ・バンク 堕ちた巨像
レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―
野田版 鼠小僧
ひぐらしのなく頃に 誓
スラムドッグ$ミリオネア
画家と庭師とカンパーニュ
ラースと、その彼女
グラン・トリノ
大阪ハムレット
おくりびと
レイン・フォール/雨の牙
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~
野田版 研辰の討たれ
GOEMON
バンコック・デンジャラス
天使と悪魔
名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)
60歳のラブレター
バンク・ジョブ
その土曜日、7時58分
重力ピエロ
スター・トレック
モンテーニュ通りのカフェ
PARIS
消されたヘッドライン
ターミネーター4
わが教え子、ヒトラー
ディファィアンス
真夏のオリオン
トランスフォーマー/リベンジ
愛を読むひと
いけちゃんとぼく
劔岳 点の記
ディア・ドクター
私は猫ストーカー
MW -ムウ-
おと・な・り
ノウイング
そして私たちは愛に帰る
ごくせん THE MOVIE
アマルフィ 女神の報酬
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ホルテンさんのはじめての冒険
英国王給仕人に乾杯!
GIジョー
サマー・ウォーズ
バーン・アフター・リーディング
レイチェルの結婚
トランスポーター3
リリィ、はちみつ色の秘密
マーリー、世界一おバカな犬から教わったこと
縞模様のパジャマの少年
96時間
ノーボーイ、ノークライ
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗
女の子ものがたり
サブウェイ123 激突
幸せはシャンソニア劇場から
プール
南極料理人
ミルク
フロスト×ニクソン
火天の城
ココ・アヴァン・シャネル
ココ・シャネル
サンシャイン・クリーニング
エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン
路上のソリスト
空気人形
私の中のあなた
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
クヒオ大佐
さまよう刃
それでも恋するバルセロナ
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
扉をたたく人
母なる証明
とっておき寄席
わたし出すわ
サイドウェイズ
僕らのワンダフルデイズ
笑う警官
ガマの油
千年の祈り
なくもんか
人生に乾杯!
2012
カールじいさんの空飛ぶ家
ゼロの焦点
湖のほとりで
夏時間の庭
アバター
パブリック・エネミーズ
スポンサーサイト



今日のうっかりさん(4)~万歩計溺れる




今朝もせっせこおせちを作っていたら、
牛蒡と雑煮用の大根のストックが切れていた.

近くのヨーカドーへ買いに行った際、
ふといつも左のズボンのポッケに入っている
電子式万歩計が無い事に気が付いた.

なんだここまでの歩数損した…(笑).

家に帰って洗濯機の中身を干そうとしたら…

万歩計が洗濯機の中で溺死….

推理ドラマでもある通り、
第一発見者がたいてい犯人.
そう、副長が犯人デス.


引越で汚れたジーンズのポッケに入っていたよう.
電子式だから当然完全に動作不能状態.
ただいま天日干し中.
完全に乾いたら電池を新品交換してチェックですね.

まったく毎日ブログネタに困らない幸せ者です、副長は(苦笑).



さて、おせち作りも
昨夜から始めたので
予想以上の進行状況.
今年は煮物しか作らないと
決めたのでラクチン.
薄味系と濃い味系の出汁を2種.
素材により使い分ける.
みりんの在庫も切れそう….
今宵はみりん少なめの煮物.



5時までに
父親に届けなければならぬので
先行して完成.
父親用は一重のおせちです.
オールインワン・タイプですな.
最近TVで知ったのだけど
おせちの中身はすべて奇数に
するという習わし.
去年まで偶数だらけだった(笑).


そんなこんなで我が家用の三重おせちも完成.




1/2に娘夫婦も父も集合するので、一通り作ってみました.

余った時間は小掃除に終わらせた部分を追加掃除でもしましょうかね.

今夜は紅白でも観てみるか….


いや、今年の締めのブログでもやりましょ!


映画「パブリック・エネミーズ」



                 原題: PUBLIC ENEMIES

引越し帰りにいつものシネプレで観た本年127本目.
大恐慌時代に義賊的な振る舞いとカリスマ性で民衆に支持された
伝説のギャング、ジョン・デリンジャーの人生を映画化した犯罪ドラマ.

出演はデリンジャーにジョニー・デップ.
彼を追いつめる捜査官メルヴィン・パーヴィスにクリスチャン・ベイル.
デリンジャーの運命の女性ビリー・フレシェットにマリオン・コティヤール.
FBI長官となるJ・エドガー・フーバーにビリー・クラダップ.
監督は「コラテラル」「マイアミ・バイス」のマイケル・マン.


実録ものだからドラマ性よりもやはり役者の演技を
楽しんだ方が良いかと思って見始めた.

やはり予想通り、ジョニーデップの魅力満載.
好い顔してるなぁ….
最後のシーンなんか顔のドアップの集中攻撃.
なかなか今どきの俳優でここまでアップにたえる人は少ない.

野心、憐憫、熱烈な愛情、深い哀しみをセリフ無しで
顔で良く表現する.希代まれな好い役者だと思う.

相対する、追いつめる捜査官のクリスチャン・ベイルも
脂の乗った役者ぶりをいかんなく魅せる.

デリンジャーの愛人ビリー役のマリオン・コティヤールには
いつも驚かされる.エディット・ピアフのクチャクチャお婆ちゃん
をこなしたかと思ったら、今回は超美人役とその変身ぶりに驚かされる.
30代半ばだろうか、やはり脂が乗った意気の好い女優さんだ.

デリンジャーの縦横無尽な暴れぶりのおかげで、州をまたがる
犯罪に対する対抗組織としてフーバーがのちにFBIとなる組織を
急成長させて行く様も批判を交えて描かれている.
ここまでくると、偏執的とも言える捜査体制にヘキヘキとするのだが
エンドクレジットではデリンジャーを追いつめた捜査官パーヴィスも
のちに自殺した旨が流れる.やはり尋常ならざる人だったのか?

実録モノゆえストーリー的に楽しめる作品ではないが
ジョニー・デップの魅力を楽しむにはなかなかの佳作.


今日のうっかりさん(3)




今日は引越の第1弾.
朝から愛車フィットに目一杯荷物を積み込んで
全くルームミラーが見えない状態で武蔵小杉へ向かった.

もう30日ともなると高速はどこも空いていると…思いきや
隅田川辺りの高速首都高6号線は渋滞発生.

ふと窓から東京スカイツリーを発見(トップ写真).
高さ610.58mだったはずなのに今年急に634mに変更された
新東京タワーですね.もう約1/3まで出来てきたので、
どこからでも見える様になってきました.

見とれていたら、「ポーン」と車のナビが警告音と供に
ルート変更を告げているじゃありませんか.

このナビ、VICS(渋滞情報)を随時拾っては最短ルートを
教えてくるので、今日もその声を信じて首都高速を降りました.
ナビの言われるがままに走ってると…、
さっきは左側に見えた東京スカイツリーがなんと右に見えるじゃありませんか!

完全に逆戻りしてます…ナビの画面は前の首都高環状線を走行の表示….
音声と画像がバラバラ、行き先は逆…完全にバグってます.

迷わず、リセットをかけて行き先を再入力.
おかげで、都心の一般道、銀座や東京駅の前を
走る羽目になっちゃいました(笑)


そう、今日のうっかりさんは副長車のナビ君とそれに騙された副長デス.

やはり機械は間違いもし、バグるものです.
行き先へのだいたいのルートをあらかじめ確認して、渋滞しても
機械のそそのかしに乗らない…のが今回の教訓です(笑).

さて、こんな愉快なトラブルにもめげず、引越は瞬く間に実行.
水、電気、ガスも立ち会い開通してきました.
狭いけど快適なアパート生活になりそうです.


とりあえず自宅の屋根裏で
副長が寝ていたベッドを分解し
アパートへ持ち込み再組立.
布団も余剰品を持ち込みました.
チビが布団を汚すので
カバーだけを新調.


キッチン周りはまだまだ.
次回にキッチン用具引越デス.
狭いのが難点.
副長は調理中にお店を広げる人
なので置き場が狭いのはキツいなぁ.


チビ嬢のトイレも設置済み.
これは新規に買いました.
掃除機も自宅の余剰品.
今回自宅の納戸を捜査の結果
掃除機が3台も….
どれも完動品.吸引が悪いと
ポイポイ買い替える元妻が
いましたからねぇ….
鏡に元気な副長が写ってます(笑).


引越がスムーズに終わり、帰りの道もめちゃ空きだったので
映画1本観てから帰宅.この記事はまたあとで….
もうお節料理の煮物に取りかかってマス.

なにせスーパー主夫ですから…(笑).


映画「アバター」



                  原題: AVATAR

転勤の為の職場での引越し準備と自分のアパートの準備で
てんやわんやの年末だった.
今日からやっと会社は休みに入ったが、アパートの契約や
鍵の受け取り、ガス水道電気の契約と開通等々…、まっこと忙しい.
おまけに引越の準備も年賀状の仕上げも、そして大掃除….

さすがに、頭がいや気持がパンクした….

「もう、どうでも、いいっ!」

仕掛かり仕事を全て投げ出して、久々の映画館へ.
本年126本目は話題のSF大作.

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、
自らも長年にわたって開発に関わってきた3D技術をはじめ
最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して放つSFアクション超大作.

異星人が暮らす美しい星を舞台に、資源を求めて侵攻する人類の一員として、
自らに課せられた特別な任務と先住民との間で板挟みとなり苦悩する
青年の運命を、圧倒的なスケールと迫力の臨場感で描き出す.

主演は「ターミネーター4」のサム・ワーシントン、
共演にゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー.

行きつけのシネコンでは字幕普通2D版と3D吹き替え版、
そして3D字幕版と3種類も選べる豪華な取り揃え.
とかく話題の3D画像と後述の理由から字幕版を選んで観た.

はじめて体験の3D画面は新鮮な楽しさ.
多少シーンによりその奥行き感にバラツキがあるものの、
なかなか興味深い映像が味わえた.

が、紙製ではないが軟質PP製の3D眼鏡のかけ心地が、
キツいだけで顔に合わず、しかも視角中心が合わず、
162分間の上映時間に辛抱するのはかなりキツい.
画角の狭さも気になる.もう少し掛け心地の改善が必要.
サイズの選択性と無枠化が欲しい.

さて、映像の魅力はともかく、脚本の良さからか
長尺を感じさせないストーリー展開はさすがキャメロン監督.
単にSFというだけでは無く、自然讃歌や人間の業の深さを
上手く描いてあり、一級のエンターティメントと思う.

吹き替え版ではなく字幕版を選んだのは、会社の同僚の勧めから.
趣味で英語と中国語をかなり極めたその同僚はこの映画を観て、
そこに使われる、パンドラ星の原語 “ナヴィ語” に興味をもったと
副長に熱く語ってくれた.
なにやらキャメロン監督はこの映画の為にエスペラント語をベースに
わざわざ、“ナヴィ語”を造語したとか.

このナヴィ語の発音や音感を味あわない手は無いというのがその同僚の主張.
そんな理由から字幕原語版を選んだ次第.
しかしよく考えれば、吹き替え版でもこのナヴィ語のパートは
原語なのではないかしらん?
だれか吹き替え版をご覧になった方は
教えていただきたいものデス.

主役サム・ワーシントンは車椅子役をうまくこなし、
久々のシガーニー・ウィーヴァーはかなり歳を取った事を実感.
クセのある科学者の役でまさに…適役と思う.

久々(2週間ぶり)の映画だった事も手伝い、極めて好印象の作品.
お正月あたりにゆっくりもう一度観てもいいかも.

お正月作品として一級の作品.




副長日誌補足

気分転換を果たし、その夜は引越支度を継続.
今日30日は引越第一弾を敢行.
引越屋に頼むなんぞもったいないので
全部自分でやります.

第一弾 12/30 ベット布団類
第二弾 01/03 テーブル食器&チビ嬢
第三弾 01/10 衣類

計画良ければ全て好し.
あとは臨機応変の対応力(笑).

では、行ってきます!


お腹の毛


娘がケータイを“AQUOS-Shot”に替えた.

めーちゃんのもそうだけどそのカメラ性能には驚くばかり.

早速、副長とチビ嬢のツーショット.

禿げていたお腹の毛が大分生えてきている.


じゃないと…、寒いもんねぇ(笑).

サンタがやっぱりやってきた?




昨夜はパソコンとモデムが喧嘩したわけではなく、
副長が午前様で記事を書けなかった…だけ.
久々にイモ焼酎を飲み過ぎちゃいました.
会社の後輩が送別会と称して柏の飲み屋で
副長を奢ってくれました.感謝.


さて、一昨日の25日.
サンタならぬ娘が久々に帰省.

単に通いの美容院がこの自宅の近所なので
髪を切る時は帰省するだけなのですが…(笑).

トップ写真は娘からのクリスマス・プレゼント.

我が家に相応しく、“黒猫のコースター”.
使うにはもったいないので壁に貼っちゃいました.

小さなブックレットには、父親への感謝のメッセージ.

 “いつまでも、家族、だよね…”

のメッセージ.ちょこっと、ホロッとしちゃいました.

副長からは、新しい夫婦にふさわしい?プレゼント
劇団四季のミュージカル「キャッツ」のチケット2枚を.

どこまでも猫づくしで攻める親子たちであります(笑).


さて、そんなクリスマスの夕食は…、




とまたも豪快に作っちゃいました.



お祝いのシャンパン.
“Zeller Schwarze Katz”
どこまでも「黒ネコ」で
攻めたてる副長であります(笑)
ドイツモーゼル地区のトロッケンワイン.
若いブドウの香りが残る
フルーティな白発泡ワイン.
B級洋食にマッチする手軽なワイン.
値段だって1000円台.


ナビスコ載せおつまみ
ゴーダチーズとレッドチェダーチーズ、
そして頂き物の
柚子リンゴのグチャグチャ混ぜ.
サクサクの食感と香り高い
チーズや柚子の香りが
シャンパンと良く合いマス.


トマトキュウリサラダ菜
ドレッシングはシザー系.


ポテトエリンギ茄子
のチャウダースープ.
牛乳たっぷりでブイヨンの出汁と
意外に良く合う.
魚介類の方があうかな~?


ポテトグラタン.
今回はハインツのホワイトソースと
牛乳を合わせたものを掛けてみた.
チーズ3種(ナチュラル、ゴーダ、
レッドチェダー)の味が良くからんだ.
お芋はyunさんからもらった
北海道産キタアカリ.


アスパラの豚肉卷き.
今回は豚肩ロース.
油が多くて…ちょっと
ギトつき過ぎ.
味もくどかった….


ポモドーロ・トマト炊き込みご飯.
“無印良品”の新作炊き込みご飯の素.
見た目ほど味は濃くなく、
トマトの香り豊かな最近のお気に入り.
ケチャップご飯とは一線をかす味と思う.


うーん、食べ過ぎ…かも.

残り物が今日27日の朝ご飯まで…続いてます(爆笑).



街中のネコシリーズ(さよなら)




今年の仕事も今日を含めてあと3日.
車通勤は今日が最後.

駐車場近くの新ネコパラを通るのも今日が最後.
いつもの猫勘が働き今日は大きめのデジコンを持参.

やはり・・・、
クインが三つ指をついて待っててくれた(笑).

かなり治った右耳の下と対照的に左目は
あまり開いていないように見える.

声を掛けたら静かにこちらに顔を向けてくれる.

もう、お別れだよ、クイン….


来年は武蔵小杉地区のネコパラを新規開拓しようっ!


初オコタ

昨夜は日付も変ろうかという時間に
記事を書き上げたとたん、
光回線モデムとマックが痴話喧嘩を始めた.

仲裁に入ってみたものの、お互いにゆずらないので、
ふざけるな~と、ちゃぶ台をひっくり返してみた.

そうマックのリセットをかけてしまった….

おかげで記事は吹っ飛び、仲裁役の副長は
ふて寝してしまいました.

これが師走オレンジ計画破綻の顛末デス.





さて、昨日は気温も上がりチビ嬢もご覧の通り
ソファの背に引っかかって、ずり落ちそうに
なりながらも…寝てます(笑).

そんなチビ嬢と暮らすアパートを決めました.
武蔵小杉から徒歩10分の4階建てアパートの4F.
エレベーターなんて気のきいたものはありません.
毎日良い運動になりそうです.

日当りの良い6.5畳の洋室とキッチン、
バストイレ付き.洗浄トイレだったのが嬉しい♪

さっそく、次は引越ステージに入ってます.
先ほど自分の送別会帰りに得意の?無印良品に寄り、
洗濯機+オーブン電子レンジ+冷蔵庫のセットで
5万円台という格安白モノを発注してきちゃいました.
他のモノは今の自宅の余剰品でしのいじゃいます.


さて、昨日は家事にいそしみ、年賀状も書き(プリンタ君がですが)、
そしてチビ嬢待望のコタツを出してみました.


12月も23日になってから
コタツを出すというのも
なんとも間抜けですが、
コタツがあると副長は座ぶた猫に
変身してしまうので、
出し渋ってました.



そんなコタツを
目の前にしても、
立ちすくむだけのチビ嬢.
もう1年も前に見たものは
何だか思い出せない…のかも.
なにせ記憶メモリーが極端に
少ないもので….



そんな日の夕食は手抜き.
疲れて、作る気分じゃぁありません.
サラダと出来合いの餃子.
キューピーの和風玉ねぎドレッシングが
なかなかいけてます.


さて、今夜もモデムとマックPCは不仲でしょうか…?!


宴会も仕事のうち…




今夜は今の職場の管理職忘年会.
総勢50名もいる事自体が組織のメタボ性を物語るが、
実は欠席してる奴らもかなりいるというから…
フー、やれやれ.


副長の配下でも4~5人欠席している.
「こんな場は大嫌い、仕事の延長の飲み会なんて…」
という手合いたちだ.

仕事の延長なんて、思っていません.(きっぱり)
これは、まぎれもない「仕事」です.

仕事で繋がっている組織で、長も含めて
年の締めの忘年会をやるという事は
一つの儀式です.

強制でもなく自由参加だから、
なにかと理由を見つけて欠席もけっこう.
でも毎年出ないのだから、はっきり言えば良いのに.

宴会を仕切る自体も仕事をこなすのと同じ.
出ないヤツにかぎって宴会を仕切る能力でさえ、無い.

ひな壇に上がって話をする.
ある時は笑わせ、感心させ、
そして今年の労をねぎらい、協調して、
次年度への期待と成功を誓う.

これだって、
仕事だろうよ!

今夜も酔った勢いで爆弾をバラまくよな話を
する輩もいたが、結局…自爆.
貧相な自分の思想と性格を吐露してしまった.

わかる人はちゃんと判ってるぞー.
準備も覚悟も無く話す事を
聴きわける人が上司なんだから….

酔って本性をサラし出す部下を分析するのも
上司の仕事のうち…と思う.

こういう宴会では、ある程度は酔わなければ
ならないし、かと言っても、酔い過ぎてもいけない.
もう好い歳の管理職なのだから、
ガキの飲み方は止めてもらいたい.


もうこのメンバーと飲む事も無かろう.
感慨はあれども、未練も哀感も無い.

あー、すっきりした.
ちょい仕事をやり遂げた時の気分に似ているな、これは.