FC2ブログ

長瀞大沢屋の甘納豆


先週の旅先、埼玉長瀞の大沢屋で購入.

川に向かう商店街の細道でおばちゃんが待ち受けている.
お皿に豆を乗っけて….
通りがかりの客に試食させちゃう.

ついでに、秩父名産“しゃくし菜漬け”も
食べさせちゃう….
漬け物嫌いの息子君も無理くり食べさせられて…絶句(笑).

当然、帰り道でもそのおばちゃんは待ち受けている….
買っちゃうよね(笑).

きなこまぶしがちょっとひと味ちがう
空豆の甘納豆.

旅の風景を少々.










これで関東の桜も見納め….

おまけ


旅姿三人衆(笑).



スポンサーサイト



映画「レオニー」…再度鑑賞、されど又涙….


原題: LEONIE 製作年度: 2010年 製作国: 日本/アメリカ   上映時間: 132分


神楽坂のギンレイホールは年間パスポートを購入している.
年間約40本は観ているから、1本当たりのコストは250円/本.
まことに経済的に優れた作品を鑑賞できる場を提供してくれる.

今日でパスポート期限が切れたので又も更新手続きをした.
今度は3度目の更新ゆえおまけで13ヶ月の使用期間とな、嬉しいおまけ.
来月以降も今上映中の作品まで控えていて、なんと嬉しいラインアップ♪.

さて、今日はロードショー時に観て感動した作品「レオニー」を再鑑賞.
昨年の副長ベスト3に入る程のひいきの作品が本年46本目.

世界的彫刻家イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性、
レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記ドラマ.
原作はドウス昌代による「イサム・ノグチ~宿命の越境者」.

主演は、『マッ チポイント』のエミリー・モーティマー.レオニーが愛した
野口米次郎には歌舞伎俳優の中村獅童.共演に原田美枝子、竹下景子、
吉行和子など実力派が脇を固める.監督は『ユキエ』『折り梅』の松井久子.

編集者になりたいという夢を持っていたレオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、
ある日、日本から来た青年詩人・野口米次郎(中村獅童)と出会う.
やがて、二人は愛し合うようになり彼女は妊娠するが、米次郎は日本へ帰国してしまう.
 一人残されたレオニーは、未婚のまま子どもを産む決意をする.

今回は2回目ということもあり、ちょっと違う観点から.

男の視点から言うと、“嫌な女”だと言われてもしかたがない.
思い込みが激しいから、行動が過激.
子供を連れて日本に来ちゃうし.

他に対し寛容的でないから、何年いても日本語を学ぼうとしないし、
夫に別な妻がいたら許さない(これは当たり前か…).
自分も他の男と出来て違う父親の第2子を生んでしまう.

そのくせ、直情的で考えが浅い.
知り合いというだけで津田梅子を頼ったり、イサムを一人でアメリカへ行かせ
えらい苦労させてしまう….

そのくせ、トラブルが起きると他人を頼る…、旧友に金を借りるは、
元夫(中村獅童)にすぐ金を無心したりする.

という風に客観的に見ても欠陥だらけの性格のレオニーが魅力的なのは
その一途さと信念の強さから.

スーパースターではないレオニーの人生に共感もし感動もしてしまう.
後半のイサムが恩人の為に医師になろうとするのを阻止し、
芸術に向かわせるレオニー.歳老いて自然に囲まれて独り暮らすレオニー.
その人間として、なんと魅力的なことよ.今回も後半ではからずも涙してしまった….

ラストシーンではイサムノグチ設計の北海道モエレ沼公園で子供たちが
遊ぶ中に、一人たたずむレオニーの姿が仮想的に描かれる.
その造形の中にたたずむ姿の美しさにまたまた感動の涙….

好い作品は何度観ても好いなぁ….




街中のネコシリーズ(長瀞のネコ)


先週末、埼玉の長瀞で出逢ったきじとらネコ.

秩父からの帰り道、ライン下りで有名な長瀞へ寄った.
川べりまでの町の商店街の小道をブラブラ散歩.

ネコ柄の手ぬぐいを土産物屋で物色していたら
娘が声をかけてきた.
「小さいネコ居るよ~!」

娘は副長のDNAを持つから
やはり抜群の猫勘の持ち主.
街のネコを見逃さない.



屋台のいか焼きを狙っている…?.

兄が町議選に出て、どうのこうのと
生臭い話に夢中の店主.

時折声をあげて主人にアピール.
でも無視されている.

痩せてはいないが、
毛並みは荒れて、
栄養状態は良好とは言えない.






この頃いつも鞄の中に
入っているネコのエサを
出して、呼び寄せる.

最初は腰が引けて、
遠巻きに見ていたが、
匂いにつられて、
近寄ってきた.

カリカリに慣れてないのだろう.
まず慎重に匂いを嗅いで、
一粒食べてから、
豪快に、無心に食べ始めた.




この商店街はネコ好き?

これは「豆の大沢屋」の看板.
看板になってないって(笑).

おいしい豆食品を販売.
副長は空豆甘納豆をゲット.
これはあとで紹介予定.

土産物屋でもネコグッズが多い.
性懲りもなくネコ柄手ぬぐいを
数枚ゲット.

娘があきれた顔で眺めてました….


ムシャムシャと一袋分のカリカリを食べ終えて、
満足顔のキジトラ君.



頭をコクリと一振り、
お礼をしたように見えた.

元気に生きていけよなー.





映画「ザ・ライト -エクソシストの真実-」…こりゃホラーじゃありません!


原題: THE RITE    製作年度: 2011年   製作国: アメリカ   上映時間: 114分


GWといっても普通の週末と同じにすごしている.
父と食事のあとに通いのシネコンで本年45本目の鑑賞.
観たい作品は沢山有るのだけど、大好きな役者、
アンソニー・ホプキンスの最新作を選んだ.

バチカンで実際に行われている悪魔払いの儀式とそれを行うエクソシストをテーマに、
ひとりのアメリカ人青年が優秀なエクソシストの神父のもとで修行にあたる過程で
直面する戦慄の恐怖を描くサスペンス・ホラー.

主演は「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンスと
アイルランド出身の若手コリン・ オドナヒュー.
監督は「1408号室」のミカエル・ハフストローム.

神学校の卒業を目前にしながらも司祭の道に進むつもりのない神学生マイケル
(コリン・ オドナヒュー)だったが、恩師の神父からバチカンで行われている
エクソシスト養成講座の受講を勧められ、ローマへとやって来る.

講座に出ても懐疑的な態度に終始するマイ ケルは、異端だが一流のエクソシストと
讃えられるルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)を紹介される.

さっそくルーカス神父のもとを訪れたマイケルは、16歳の少女の悪魔払いの儀式に
立ち会うことに。少女の異変を目の当たりにしながらも、最初は精神的な病気として
解釈できると考えていたマイケルだったが….

ホラー系、オカルト系は苦手なのだけど…、アンソニー・ホプキンスだからと観たら、
全くの肩すかし…ホラーでもオカルトでもなかった.

冒頭にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の言葉として「悪魔との戦いは今も続いている」
という言葉がタイトルバックに出てくる.これは実話に基づく…とも表示される.
極めて真面目に作られた、グロ抜き、ホラー無しのミステリーの感あり.

キリスト教最大の教派カトリックが、改めて悪魔と対峙せよとうながすのはショッキング.
エクソシストという職業はバチカンにおける正式な職業.現時点では米には14名居るそう.
その養成講座も存在する.信仰に懐疑的な主人公マイケルはその講座を受ける.

そう、この物語は主人公が懐疑的だった信仰を自らのものにしていく過程を描いたもの.
悪魔の存在を否定して、憑依された状態を精神的疾患と理解しようとするなかで、
その悪魔の存在を知らしめられる事から、その反対側の神の存在をも理解しいく….

極めて、アメリカのカソリック信仰の礎みたいな…内容.
無神論者の日本人代表の副長にはちょい違和感があり、完全同化、同意はできない.

アンソニー・ホプキンスは今回は極めて人間的な演技.
憧れ?のスーパー犯罪者レクター教授の面影は微塵もない….
患者(憑依者)に同情し、助けられないとクヨクヨ悩み、傷つく.
そして最後には自ら悪魔に憑依されてしまい….

やっぱり、彼は天才犯罪者の役作りの方が似合うなぁ.
毒も悪魔も飲み込んだような
アンソニー・ホプキンスが好き….

期待と違ったアンソニー・ホプキンスの演技にはちょっと感心したけど、
副長の無神論者的精神構造がついてなかった残念な作品.
敬虔なクリスチャンにはお勧め???



[副長日誌補足]

凄い大事な事を書き忘れていた….

ルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の自宅はローマ郊外の朽ち果てた建屋.
なんと、これが猫屋敷…!!
庭には数匹の猫が常時たむろしているし、当然室内まで侵入する輩も….

これがアンソニー・ホプキンスのルーカス神父と付かず離れずの関係.

猫は悪魔の使い?と言う扱いではなく、ニュートラルに出てくる.
愛らしい猫のシーンも多く、猫好きには嬉しい扱い….

こんな楽しみもある作品でした.





等々力アリーナの藤




休暇で桜を追い求めたり、出張していたので
久々の徒歩通勤途中の等々力アリーナ.

もう藤棚の藤が咲き始めた.
5月も近いからねぇ.
桜ばかり観ていたから、新鮮な紫色.露出をとばしてみました.


久しぶりのチャチャが
寄ってきた.
「久しぶりニャァ~」
「お腹空いとるニャが…」と
話しかけてくる.
鞄のエサをやる.
シマが食べようとすると
猫パンチを繰り出す.
こやつかなり性格悪し.
後ろから一喝、しかりつける.
仲良くしろニャ!



職場に戻れば、
待ち受けていたメールの山.
300通を越えるメールのうち、
20通は宴会関係(笑).
いったい副長の仕事は何?(爆笑)
長岡出張で一つ宴会飛ばしたのだけど、
結局、水曜も木曜も定年祝いだの
海外帰任お祝い…と宴会づくめ.
写真は某チバラキのフランス料理店
キュィジーヌ・アイにて.
デザートはホールーケーキ.
客が人数分に切り分けられるように
イチゴを9個目印に置いてくれた.
味も気配り以上だった.


通常業務に戻れば、当然弁当作りも復活.
弁当箱も新調.先週末、入間アウトレットで60%引きで購入したfrancfranc製.




ちょっと大き過ぎかも.休み中に作った煮物の処理にいそしんでいる(苦笑).


さて、ゴールデンウィークといってもカレンダー通り、
今日から1クール目の3連休.

このところ桜三昧だったので、映画三昧に転向か??


映画「GANTZ: PERFECT ANSWER」~ゲーム世代に恰好のお楽しみ?


製作年度: 2011年  製作国: 日本     上映時間: 141分


“邦画を1000円で観る友の会”のめーちゃんと観た本年44本目.

奥浩哉の大人気マンガを二宮和也と新婚の松山ケンイチ主演で実写映画化した
SFサスペンス・アクション、その後編.召還された“ガンツ”の世界から解放される
ため星人との戦いを続ける玄野たちを待ち受けるさらなる過酷な運命を描く.
共演に吉高由里子、本郷奏多、山田孝之、田口トモロヲ.監督は「修羅雪姫」の佐藤信介.

電車に轢かれ、ガンツの世界に召喚されてしまった幼なじみの玄野(二宮和也)と
加藤(松山ケンイチ)はガンツに命じられるまま、星人との戦いに身を投じた.
倒した星人に応じて加算される得点が100点になり、
無事ガンツの世界から解放されることを目指していた.

しかし、その戦いの中で加藤を失ってしまった玄野.
やがて、100点到達の特典で人間を再生させることも可能と知り、
加藤を生き返らせるために懸命に戦い続ける玄野だったが….

前編はその脚本のスピードある展開とアクションの激しさ、
そしてグロさで、観終えてドッと疲労感を憶えた.
後編はグロさは減った為か、それほどの疲労感は無い.

でも変わらずの脚本の展開性やアクションの激しさは前編をしのぐ.
地下鉄と市街地でのスピーディーなバ トルは、質的にも量的にも満足.
ガンファイト×殺陣×ワイヤーワークの巧みさ、CGと実写を違和感無く
ミックスさせた映像は十二分に楽しめるもの.

これはまるでTVゲームの世界.しかも最近の上質なプレステや
3DSのバトルRPGレベルみたいな様相(自分はちっとも最近やらないのだけどね).

やはり松山ケンイチの魅力爆発の感あり.魅力的なキャラですねぇ.
小雪さんが惚れるのもさもありなん?(笑).

吉高由里子は大健闘だけど…やはり敢闘賞どまり.
セリフが頭の先から出ている違和感がつきまとう.
そう、彼女が死ぬ間際でもだ.

人間の形を真似た星人と玄野、加藤たちGANTZチームの闘いは果てしなく続く.
互いに疑問をぶつけ合う…「なぜ闘う?」

その解は無い.
ただ憎しみ合い、復讐に血をたぎらせて、闘い続くける.
人間の心の根底に在る“闘争”本能の矛盾、理不尽を突くストーリー.

そして迎える意外な結末.
ピュアな自己犠牲?  悪への犠牲者?  それとも神への昇華…?

虚構の世界か現実の世界か、判らぬままのエンディング.

スッキリはしないけど、納得のまま小屋をでた.



福島三春の滝桜…今年も元気だっ!


福島 三春町「滝桜」樹齢1000年?

福島市内の花見山から東京方面へ戻って、
磐越自動車の三春で降りる.

夕方5時頃だというのに、滝桜へ向かう渋滞へ突入.
およそ7~8kmを約1時間.
向かう車のナンバーは福島、
宮城、いわき、岩手…と圧倒的に東北ナンバー.

みんなつらい目にあって、
せめて桜を愛でよう…、
の気持ちと思う.

ノロノロ走る渋滞を恨むというより、
一緒に耐えようという不思議な連帯感に囲まれた….

途中の道はまだ大きな亀裂が入ったままで放置されている….
痛々しい傷跡.

小雨降る渋滞を抜けたら、
この震災を生き抜いた樹齢1000年以上という老木、
枝垂れ桜が迎えてくれた.



普通、桜の木の寿命は100年ほどというが、
この長生きの桜は震災にも耐え、皆の目を楽しませてくれる.

つっかい棒はあるけど、歳を取れば杖は当たり前だよね.




降っていた雨も
さすが伝説の腫れ男の威力に負け、
晴れて、日がさしてきた.

近づいて、一つ一つの花を観る.

大きな偉容を誇る巨木のわりには
小さく可愛いらしい花びらたち.

愛らしく、愛しいではないか….






晴れてきたので、大きな枝垂れ桜の傘の下に入ってみる.
滝の裏側に入ったとの同じように
桜の花びらが滝の水のように降りそそぐ….



至福の時

桜が頭から降りそそぐ.
幸せの音がサラサラ聴こえる….

生きよ、耐えよ、望めよ…


帰り道に大きな看板が目に入る.



頑張りましょうぞ、福島っ!!




福島 花見山「桜ざんまいツアー」


福島市内 花見山公園にて(2011年4月24日)

一度は行ってみたかった花見山.

“桜追い人”のブロ友めーちゃん。と
300kmをかっ飛んでみた.
西福島ICから車で15分くらい.

個人所有の山なのだけど、見物客の為と
桜、桃、橘、…と花を植え続け、
一般公開してくれている、という奇特な公園.











まさに桜満載の山.

この日の天気予報は
いまいちだったのだけど.

自分の晴れ男力を信じた.

おかげで、快晴.

“伝説の晴れ男”と
ありがたい命名を
いただいた(笑)






福島は
染井吉野が
ちょうど満開を過ぎたくらい.

本当は先週末がピーク?

山全体が薄ピンクだったと
ボランティア・ガイドの弁.

それでも十二分な桜.










東海桜や山桜もあり、
しばらくの間は
種々の花を楽しめるよう.

この山の所有者の気配り.









福島人のおもてなし.

道ばたでは

「ご自由にお持ち帰り下さい」

桃や桜の一折りが
バケツに入れてある.

うれしい心使い.

もちろん、売り物も在る.






花見山はなんと登山も自由.

それぞれ30、45、60分の
各コースがある.

60分コースは山中をぐるり
回り、花を満喫して
頂上まで行くことが出来る.

元気な中年コンビ?は
迷わず60分コースを選択.

さっさか、さっさかと、
いやそれは嘘(笑).

写真撮り撮り、のんびりと
登っていった.









それはそれは、素晴らしい風景が待っていてくれた.









頂上からは、福島市内のみならず、
遙かかなたに、雪を抱いた栗子山(1217m)も
みることが出来た.


桜ざんまい、花ざんまいで豊かな気持ち.

福島人のもてなしで気持ちも暖か.

勢いで、もういっちょと
高速で東京側に下り、
三春の滝桜に向かった….




新潟長岡の桜??


飽くなき探求者、桜ウォッチャーの副長デス。

今日は仕事の出張で新潟長岡へ。

今、新幹線中…f(^_^)。


さて、長岡の桜に逢えると良いなぁ…。
あっ、仕事だった、トホホ(;´д`)。

.

安達太良山と桜


福島県安達太良山と染井吉野

毎年この季節はブロ友:めーちゃん。の桜トラバを楽しんでいる.
http://blogs.yahoo.co.jp/meg608319/60695503.html#60695503

家のパソコンで日本中の桜が楽しめる豪華企画.
2月始めの沖縄から始まり、5月中旬の北海道の桜まで、
どっぷりと桜が観られる.

今回その管理人めーちゃん。と共同企画.

「頑張れ!福島に桜を観に行く会」

福島市内の名物、花見山と
三春の滝桜(枝垂れ桜)
を観るために片道300kmをぶっ飛んで、
日帰りするという気合いのこもった企画デス.



福島県の名峰安達太良山と染井吉野.
東北道の安達太良SAにて.

東北道は所々修復されていて、車がジャンプする度に
その傷跡の醜さと修復に尽力された方々の作業に
心が痛んだ.

道の途中では「救援隊」の表示を付けた自衛隊の
各地部隊が北に向かうのと伴走することが多かった.
その作業の大変さを思うと
桜見物などとはしゃぐ自分がちょい哀しい….

でも、自分に出来ることに徹する事と
普段通りに生活する事が今の自分の信条.


いつもの如く…、
花だけでなく団子系も重んじる副長.

めーちゃん。に笑われながらも、
福島銘菓にチャレンジ.



福島銘菓「芋鼓」

焼いたサツマイモでスィート・ポテトを挟んだ
甘々のコンビもの.
外側のサツマイモはからりと焼き上げてあって、
香ばしい.その中のポテトはほどよい甘さ.

これで126円という値段もリーズナブル.


さて、福島の素敵な桜の写真はこのあと
別記事でアップします.