FC2ブログ

街中のネコシリーズ(福島三春の桜見ネコ)



写真には載っていないけど、
福島三春の人出は凄かった.
高速IC舟引三春を降りてから
普通なら10分の道のりを
たっぷり2時間の渋滞.

ただ、今年は駐車場の出入りを
一方通行にしたそうで、
昨年よりはスムーズ.

天気にも恵まれ、
多くの人たちが
老枝垂れ桜を楽しんでいた.

桜をファインダー越しに
楽しんでいたら、
なぜか、ふと猫勘が騒いだ♪

素敵なお嬢さんたちが
猫と一緒に観桜しているのを発見!.

さっそく、インタビューを敢行(笑).
名前は「ミッキー」
当然オスですな.

了解を得て、
写真を撮らせてもらいました.



このところ出番の無かった
鞄の中の
“モンプチしらす入り海の幸”
の一袋をお礼にミッキー君に
あげてきましたっ!




スポンサーサイト



晴天下の三春滝桜




東北の旅二日目は
福島まで遠征.

三春の滝桜.


日ごろの行いの良さか
渋滞もそれほどでもなく、
(渋滞不感症?)
お昼には到着.


ちょい疲れ気味の
枝下桜を晴天下で堪能.
今日の気温27度なり….

.

我満の桜



GW の初日、
85才の父を連れて、
栃木の那須高原へ来ている.

さすがGW.
何処へ行っても、
渋滞だらけ….

これが、第一の我満.

年寄りとの旅は、
何事をするのも、
ノロノロ、モソモソ…、
これが第二の我満.

されど、口だけは達者で、
その口害にはヘキヘキ….
これが第三の我満.


そんな我満の中で
見る桜の心地よさ….

心が救われるねぇ.


第四の我満は、
副長のイビキに
父が耐えている…(笑).


お互い様の那須の夜….


.

多摩川の八重桜2012



まだまだ、川崎の多摩川で
八重桜を楽しんでいる.

“多摩川桜を楽しむ会”の
皆さんが植えてくれた
種々の八重桜が
咲き誇っている.

トップ写真は「ウコン」.

ほんとに桜の種類は多くて、
少しずつ
開花時期をずらして、
楽しませてくれる.









福禄寿















コウカ
















ベニガサ

















カンザン











気がつけば…、
もうGW.
会社は9連休♪

さて、次の桜を求めて…、
今日は何処へ?








マメ好き…



グリンピースって
けっこう嫌われるのだけど
副長は大好物.

あの“豆くささ”が好き(笑).

いつでも冷凍品をキープ.
研いだご飯にバサッと入れ
塩と酒をまぶして
昆布を載せて炊くだけ.

今の時期は、
生のモノも出てきたから
これは別に味付け煮て
ご飯炊きたてに
混ぜるのだけどね.

相変わらず、
弁当作りに
精を出している.

ダイエットの一環?で
1食500Kcalを
超えないように
思っているが、
なかなか上手くいかない.

ついつい動物性タンパクが
多くなってしまう….

肉食系だからねぇ(笑).


そんなこんなで、
この2週間の弁当群.





さて、今日の弁当も
これから作りますっ!





映画「ももへの手紙」…気がつけば、ひとりじゃない.



本年47本目の鑑賞は残業をしない夜に観た久々のアニメーション.

『人狼 JIN-ROH』で注目を集めた沖浦啓之監督が、
7年の製作期間をかけて完成させた長編アニメーション.

父が残した一通の手紙を胸に、瀬戸内海の島へと移り住んだ少女が
体験する驚きに満ちた日々を生き生きと描き出す.

作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司があたり、
作画を 『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返し』の井上鋭らが担当する.
声の出演は美山加恋、優香、西田敏行.

小学6年生の内気な女の子ももは、母に連れられ瀬戸内の島に移り住む.
彼女は、仲直りしないまま亡くなってしまった父が遺した“ももへ”とだけ
記された書きかけの手紙のことが頭から離れない.
父が何を伝えたかったのかを考えてばかりの日々を送っている.

一方しっかり者の母は、いつも明るく元気に忙しい毎日を送っていた.
そんなある日、彼女は不思議な妖怪3人組イワ、カワ、マメと出会う.
食いしん坊でわがままな彼らに振り回されながらも、
次第に打ち解けていくももだった….

  -------------------

なんだろう?.
全体としては画調も含めて高畑調の印象である.
ストーリーは妖怪の描き方も含めて宮崎駿調である.
きっちりとした“沖浦”調というのが伝わってこなっかた感がある.

古きよき日本の風情を残す瀬戸内の自然の描写は素晴らしい.
人間の姿や表情の表現も自然だ.反して妖怪たちの描き方は
デフォルメされすぎていて、その距離感が面白いを通り越して
違和感にまで繋がってくる….

ストーリーはよく書けている.
心にもない言葉を浴びせてしまった別れが父との最期になってしまう….
伝えられなかった想いを残し、少女ももにのしかかる自責の念.

心を閉ざし母との関係はぎくしゃくして、お互いの心情が交差する.
「ももへ」…娘宛ての書き出しだけが綴られた父の手紙が、
小さな胸を締めつける.「このあと、何を書きたかったのだろう…?」


帰省先の瀬戸内の古民家には“そら”と呼ばれる屋根裏部屋がある.
そこに住む妖怪たちとの交流の舞台となるのだが、実はもう一つの
“そら”が存在する.

この“そら”の存在が主人公、ももの心のたがを解き放ち、
再び母との和解や父の想いを知ることとなるのだが、
これ以上はネタばれになっちゃう.

声優の美山加恋、優香の母子は極めて自然な声の演技.
西田敏行はいつもの暴走モードは控えているので、
いかにも普通の妖怪らしさで収まっている.

エンディングチューンは『ウルワシマホロバ ~美しき場所~』 .
原 由子の声は瀬戸内ののどかな風景に好くマッチする.

独特の個性は感じられなかったけど、
丁寧に作られた感のある良質なアニメ作品.
大人の鑑賞に十分たえる一品.






雨に濡れても…




日曜、午後3時も過ぎると、
秩父にも小雨が降り出した.

トップ写真は、
小雨降る秩父の羊山公園にて.

雨の中に桜を見に行くのも酔狂なら、
傘をさして花見宴会する人たちは
何と呼べばいいのやら….

日曜しか休みが取れない.
お弁当も作っちゃった.
オードブルも注文しちゃった…、
なんて事情が有るのだろうねぇ.






桜の楽しみ方は人それぞれ.

樹下で宴を楽しむのもあり、
カメラで撮る楽しみもあり、
桜の花びらがヒラヒラ舞うのを
楽しむ人だっていて好いと思う.


小中高に通った12年間、
東京の小金井公園の裏に住んでいた.
都下では屈指の桜の名所.

父母と祖母、一人息子の副長と
家族4人で小さなアパートに
ひっそり暮らしていた.

春になると、母が作った弁当を持って
家族4人で裏の小金井公園へ
歩いて行く“花見”が恒例行事だった.

1970年代半ばに埼玉の狭山に引っ越し、
当時70歳の祖母は、桜の小金井公園から
離れるのを随分惜しんでいた….

その7年後の桜の頃、雨降る日に
祖母は黄泉に旅立っていった.













桜はいろいろな想いを
呼び覚ましてくれる.

別れの寂しさ、
旅立ちの不安、
出逢いの眩しさ、
備えて咲いて、そして散る潔さ….

数々の想いを凝縮して頭をめぐる
数々のシーン….

ふと、雨の日の桜を眺めて
そんな気持ちに陥るのも
また桜の効用….





アスパラに始まり、アスパラに終わる.



日曜の朝、
桜ドライブの待ち合わせは
まだ八重桜の残る洗足池.

ブロ友:めーちゃん。が
自宅で朝、取れたての
アスパラを持ってきてくれた.

鉛筆くらいの太さと長さ.
取れたてだから、
生のままいただいちゃいました.

噛むほどに
自然の甘みがほとばしる….

あぁ、これが自然の恵み.


この日のドライブ帰りの夕食は
用賀IC近くの
“デニーズへようこそ”(笑)



締めは、温野菜のサラダと
十穀米のアスパラドリア.

朝の生アスパラに明け、
焼きアスパラに暮れた一日.

妙に健康的なメニュウ選択は
翌日、月曜日が
会社の定期健康診断だから(笑).


健康診断って普段通りに
するのが一番なのにね.
普段の健康状態を知るのが
健康診断の役目.

普段通り…だったら、
ビールをグビグビ、なのだけど、
この日は運転だったからね.



あっ、でも
朝夕のアスパラの間には、
いつも通りに暴食したかも.



お昼前から、
寒さしのぎのきりたんぽ汁
食べたし.




お昼過ぎに、
秩父の道の駅で
小さな豚丼と蕎麦食べたっけ(笑).

ちなみに秩父の名物は
豚と蕎麦ですっ!



そんな暴食の翌日の
健康診断結果は….

前年比6kgも
体重が減っていて、
なにか異常が…?
と問診された副長であります.

週末以外は
節制、減量に
励んでいますっ!




2012BahrainF1-GP決勝…もう少し熱くならんかなぁ、キミ!!




反政府抗議運動でフォース・インディアチームクルーは
火炎瓶を投げつけられたのに、無理くり開催のバーレーンGP.
一見安全な中で行われたレースのサーキット外では、
抗議者と機動隊の衝突…催涙ガス、軍隊犬そして怒号の嵐.

F1と悪しき政治との関係を暴露した最悪のケース.
来年もバーレーンでGP行われるのだろうか?
また一発殴られれば、目が覚めるか?エクレストン(怒).


さて、土曜日の予選トップのS.ベッテルが今季初の優勝.
2、3位になんとロータス勢、K.ライコネンとR.グロージャン.

ロータス勢の中国GPでの反省…ピレリタイヤの裏切りに対して
今回は予選Q3を捨てて、新品タイヤを4セットも温存する奇策.
これがまさにビンゴ!!だった.

セッティングの良さも合わせて、ロータスの速いこと、速いこと.
加えて、K.ライコネンのドライビングの切れの良さ!!
F.マッサを抜き、J.バトンを抜き、そしてF.アロンソを抜く….

後半の20周くらいは、トップを走るS.ヴェッテルを明らかに
勝る速さだったが、抜けなかった、いや抜かなかった?!
“クール”と称されるK.ライコネン、勝ちを急がない.
冷静すぎて…じれったい(笑).

どう見ても、ストレートスピードは10km/h以上勝っていた.
何回か抜きかけたが、S.ヴェッテルの守りに無理をしない.
血気あふれる某ハミルトンや熱き闘士のアロンソだったら
絶対に“無理をして”、抜いてたようなシチュエーション.

このじれったいまでの冷静さが彼の魅力? まったくねぇ.
その実、無理が出来なっかたのは
フロントウィングが若干欠けてたらしいが….

さて、結局4戦とも毎回ウィナーが入れ替わったドサ回りツアーはこれで終わり.
F1サーカスは5月1日から始まるムジェロテストを経て、
ヨーロッパラウンド、第5戦スペインGPに突入.
誰がポディウム中央に?…楽しみだぁ.




曇ったって桜 @秩父「美の山公園」



都心の染井吉野は
散ったけど、
まだまだ桜を楽しめる場所はある.

桜追い人のブロ友:めーちゃん。
と埼玉秩父市方面へ出かけた.

予報は雨、
晴れ男力を発揮し、
曇り空の下
「美の山公園」で
満開の桜を楽しんだ.




標高583mなんですな….

車で頂上まで登れます.




お昼前の到着.
“桜まつり”の開催中なれど、
観客はまばら….

なにせ、3月並みの気温.
寒くて…
人の出足は鈍い.




それでも、お祭りイベントは開催中.

満開の桜の下で
踊り狂う?おばさまたち.

そろいのTシャツの背中には
“秩父音頭”の大文字.

うーん、ラジオ体操に見える…(笑).




寒さに耐えかね、
暖かい食に走る(笑).

きりたんぽ汁500円なり.
野菜たっぷり、きりたんぽたっぷりで
心も胃袋も、ホカホカ.




そうこうするうちに、
観客も増えてくる.

山ガールたち?!が
階段をえっちらおっちら
登ってくる.

どうみても副長の
20歳は年上のウォーカーたち.

「もう、階段はイヤッ!」
という叫び声が聞こえた(笑).





自然の豊かな山頂を
ウォーキングしていると
こんな看板も….




曇っても、桜はさくら.

帰途の道も
桜のトンネルだらけ….

桜を堪能の曇り空.