FC2ブログ

東北桜ツアー(4)盛岡の石割桜



盛岡市内は循環バス
“でんでんむし号”
が走っている.

料金は100円.
300円の一日券もある.



当然一日券を購入.
大きな切符なので
ポケットでクシャクシャに(笑).

そんなでんでんむしで、
市庁舎前へ.



これだけ大きな看板あると
見落とさないね(笑).



ほんとに市庁舎の真ん前.
人だかりも多い….



南武藩の家老の屋敷跡らしく、
庭石の割れ目に桜の種子が飛来し、
芽を出し、成長と共に
意志の割れ目を押し広げたそう.

庭石といっても周囲21mもあるそう.
巨石ですよ、これは.



その巨石をブチ割った様子.
今でも割れ目は広がっているそう!



種はコヒガン桜.
小柄な花びらが可憐な印象.

樹自体は力強く石を割っているのに、
その花は実に愛らしい….



割れた様子を写そうと
絞りをいじった関係で
花の色がちとずれたね….




見事な石割桜を
十分堪能できたので、
盛岡を離れて次の桜名所へ….







スポンサーサイト



東北桜ツアー(その3)…グルメ編



寒いは、雨は降るは、桜は無いは…、
で散々な秋田角館の旅.

こうなりゃ、花より食い物…だね(笑).

寒かったので、角館武家屋敷街の
「さくらの里」にて暖かいモノを.

秋田比内地鶏の玉子3個を使用した
“究極の比内地鶏親子丼”

鶏肉の柔らかさと
肉自身のジューシーさが
玉子の甘さと良くマッチ.

ご飯の少なめさとタレのあっさり感で
美味しゅうございました.

同行の桜旅人めーちゃんの
オーダーは稲庭うどん.



細目の手打ちうどんは
秘伝の味…?



うどん打ちも拝見.
手の動きが早すぎて
ブレちゃう(笑).


桜が無いから、時間ももてあましちゃう.

駅近くの茶店“Biscuit”へ.

古びた、好い感じの喫茶店.
白短髪の細目の
いかにも、それらしいオーナー….




自家製のチーズケーキを頂戴する、



しっとり、甘すぎず、
レモン味のアクセントも効いて、
これまた角館、想い出の味になりました.




夕方の新幹線こまちに乗り込み、
約40分で岩手県盛岡へ.


ここで、またも夕食宴会へ.



宿から歩いて、材木町という
味わいのある通りへ.

あらかじめ宿を通じて予約した
“Baeren”
という名の地ビールレストランへ.

通りはひっそりで誰も人が居ないのに、
店内は地元の人たちでワイワイガヤガヤ….

まるでドイツのビアホール気分.




近くにある地ビール工場特製のビールを
ガバガバ…といただく.

左は“ゴールデン・ストロング・エール”.
なんとアルコール度9.0%!!

右は“ラードラー”.
レモンを搾ったフルティーなビール.
アルコール度2.5%と軽め♪


料理群はこんな調子.



左下の“シェパードパイ”の出来が秀逸.

ラムの挽肉を炒めて、
マッシュポテトを載せて、
オーブンで焼き上げている.

ラムの癖が少し残る味付けと
とろとろのマッシュポテトの芋の甘さが
混ざり合って…美味いっ!

どんどん、ビールがすすんで…、
酔っぱらっちゃいましたとさ(笑).







街中のネコシリーズ(秋田のネコ)



旅先でネコに出逢うのは
旅の楽しみの一つ.

秋田で出逢ったのは黒猫.

路地でふと猫勘が騒いだ.
この頃、鋭敏なんだよね.

家と家の間で雨宿り?

カメラで追っていたら、
飛び出してきて、
通りを渡って行っちゃった….



去るネコは追わず…(笑).


この仔以外で、
秋田で出逢ったのは
ネコグッズ.



店先で見かけた
今となっては懐かしいダイハツ・ミゼット.
三輪車だね.昭和30年代?

でかい招き猫がアクセント.


武家屋敷の並びで見つけた
ネコグッズ屋.




招かれちゃった…(笑).










これだけ攻められちゃうと…、
買わずにはいられない?

何を買ったかはひ・み・つ….

いずれ、“好きなモノ”の書庫で紹介しましょ.





東北桜ツアー(その2)



2日目は盛岡.

やっと桜に巡りあった(笑).

盛岡城跡公園に行ったら、
まだ桜は1分咲きにも満たない….

市内循環バス「でんでん虫」号に
乗って回ってたらやっと桜を発見.

やっとソメイヨシノに巡りあった(笑).


その後、市庁舎前の名物、
「石割り桜」
を観覧.




これは見事だった….

今は新幹線で北上へ小トリップ中.

たくさんの桜が観られるといいなぁ.


.

東北桜ツアー(その1)




まずは東京駅からこまちで角館へ.
はやてとこまちのコンビ新幹線だね♪.


3時間以上の長旅ゆえ、
お弁当を東京駅で仕入れちゃう.



桜を見に行く旅だから
「花見弁当」
見た目は綺麗….


午後一に角館へ到着.
何と、雨….
晴れ男の面子丸つぶれ(笑).

しかも雪が…まだ積み上がっている.




当然、有名な武家屋敷の
垂れ桜はまだつぼみ状態….

まったく今年の気象ったら….


そんなこんなで、
グルメに走った角館行.

詳しくは後程….


.

カブとツナのマリネ @新丸子わいわい本舗



今週は仕事MAX状態でクタクタ.
毎日のように、あちこち
飛び回った.

心も体もすさんでしまい、
こんな週の金曜の夜は
映画でも…「アイアンマン3」かな、
と思っていたら、またも残業モードへ….

くたくたになって、新丸子のいきつけ飲み屋へ.

トップ写真は、
“マリ子特製カブとツナのマリネ”
290円なり.

オーナーの奥様のアイデア料理.
良くヒットを飛ばす.

ちょいとした酸味とカブ自体の甘さが
良くマッチする.
もう少しツナの分量が多いと
ツナの塩気のバリエーションも味わえたかも.

つかれた体にホッピーが染み渡る….




タコと黒鯛の刺身.
430円なり.

イカとかタコのコリコリ食感が好き.
安いしね(笑).

金曜の夜は、飲み屋も戦場.
団体さんが入るからね.

いつもはカウンターでオーナーと
減らず口を叩きまくっているけど、
そんな夜はオーナーも眼の色が変わるほど
動き、スタッフを怒鳴っている.

こんな時、常連?さんは、
あまり面倒をかけないようにして、
そうそうに退却.

あっ、もう一品頼んじゃった(笑).



“プチベールと野菜の天ぷら”
塩でいただく.
390円なり.

あ~、飲んだ、食べた.

おかげでストレスが少しは発散出来たよう.
こんなもんで解消しちゃう
副長のストレスって…(笑).

ビール1杯&ホッピー数杯で
しめて2K円なり.

ごちそうさまでした.


今週の外食はこの金曜だけ.
他は遅くても、作りだめした
煮物や肉じゃが食べていた.

そんな証拠が見え見えの
今週の弁当群.



煮物と肉じゃがも飽きてきたなぁ….

新しいメニュウにチャレンジする、
という今年の目標もあったけね.

連休明けに気分一新、
チャレンジしますかね.



今日はこれから、
秋田に桜を追いかけてきます….

スマホ投稿の予定.

開花予報では…、
まだ桜が咲いていない(泣).

さてさて、どうなることやら?





街中のネコシリーズ(川崎市民ミュージアムの猫たち)



徒歩通勤途中の川崎市民ミュージアムにて.

歩道を歩いていたら、
ふと猫勘が騒いだ….

目が合ってしまった(笑).

キジトラのようなトラのような美男猫.


直ぐ近所に、トラも居た….



こやつはそっぽ向いているけど、
いつも緑地公園で逢っているトラ.

こんな所まで遠征しているのだね.





工事中の歩道で見かけた白黒ブチ.
知らんぷりされて、
そっぽ向かれてしまった….

こんな事もあるよね.




緑地公園まで来ると、
ボスがお迎え.

今日も見張り役ご苦労様.




もう新丸子駅近くの住宅街にて
出逢ったキジ縞ネコ.

飼い猫だろうか?
物おじせず、人慣れしているよう.

未だ若いふう.
連れて行きたいような
可愛さだった….

そんな夕方に、野良ネコを
見ては写真撮っている
妖しげなオッサン副長でした.





映画「リンカーン」…この生真面目さ溢れる作品.


原題:LINCOLN 製作年度:2012年 製作国:アメリカ  上映時間:150分


毎土曜恒例の父親の様子見がてらの夕食を済ませて、帰りの首都高混雑を
避けるために、シネコン柏の葉で待望の大作を鑑賞.本年52本目.

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”
エイブラハム・リンカー ンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ.

国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放と
いう大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、
理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく.

主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、
みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス.
共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴー ドン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ.

南北戦争末期.国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、
戦況は北軍に傾きつつあったが、いま だ多くの若者の血が流れ続けていた.

再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーンは、奴隷制度の撤廃を
定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す.
しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう.

一方家庭でも、子どもの死などで心に傷を抱える妻メアリーとの口論は絶えず、
正義感あふれる長男ロバートの北軍入隊を、自らの願いとは裏腹に黙って見届けること
しかできない歯がゆさにも苦悩を深めていく.

そんな中、あらゆる手を尽くして反対派議員の切り崩しに奔走するリンカーンだったが….

------------------------------------


先日観た作品「声をかくす人」の前日譚に映ってしまった.
そう、この作品の最後リンカーンが亡くなるシーンに続いて
「声をかくす人」は亡くなるシーンから始まった.

その偉大さを逆回しにたどる想いで観たこの作品.
まず、印象的なのはダニエル・デイ=ルイスの演技.

終始こわばったような表情で、ちょい猫背で見せる演技は
淡々としているが、そのリンカーンの威厳と偉大さを十分に表している.
これはもう何とかカデミー主演賞に相応しい演技を実感.素晴らしい….

話し的には…戦争映画でもなく政争映画でもない.奴隷制度廃止に向けて
穏やかに、でも精力的に尽くすその姿を見せると共に、一方では
良き家庭における父の役目を演じてみせる.

長男を亡くし、次男は親の気持ちとは裏腹に南北戦争への参加を主張する.
そこでヒステリックな妻の演技を見せるサリー・フィールドにまた驚き.
あんなに可愛かった女優さんがもうヒス感たっぷりのお婆ちゃん役だ.

穏やかなリンカーンに喰ってかかるその姿は、あさはかな女の姿そのもの.
ちなみに「声をかくす人」においても、亡くなったリンカーンに泣き叫ぶ妻を
司法長官が冷たく「あの女を遠ざけろ…」というセリフが記憶に残っている.

そんなサリー・フィールドの演技と共に感心したのはスティーブンス下院議員役の
トミー・リー・ジョーンズ.奴隷制廃止の鍵を握る下院の重鎮役.野党である民主党の
所属ながらも、ある事情から与党と同じ票を寄せる役柄.苦み走った顔付きと
家庭で見せる顔付きの相反さの演技に感心した.

脚本的には大きな山谷があるわけではないが、静々と巧みな役者達の演技で
話しは進んでいく.時には冗長で眠くなる部分も無いではないが、必然のシーン
であろう.

アメリカ史上最も愛された…事実をしっかり受け止められる内容で、
役者達の演技に酔いしれた一作.スピルバーグの正統力作と思う.






ひつまぶし飯 @武蔵小杉らい燈



昨夜火曜は会社の同僚の壮行会.

5月付けでオランダの会社へ赴任する.
同じ本部内の有志の集まりで
見送ることとした.

場所は武蔵小杉から徒歩3分の「らい燈」.
炭火焼きなどなど、の居酒屋.

写真は締めに出てきた
“ひつまぶし飯”

ふつうひつまぶしというと、
ウナギを期待しちゃったのだけど、
ご覧の通り、出てきたのは
甘エビと焼きサバ(笑).

ぐちゃぐちゃにかき混ぜ、
専用出汁をかける.

サバの香りが良く、
出汁の味と相まって美味しいのだけど、
やっぱり生の海老が余分…(笑).


全部を食べ終わる間もなく、
2時間半の飲み放題は
終わってしまって…、

記念撮影.





いってらっしゃい、N部長.
オランダでもご活躍を!





物持ちが良すぎるにもほどがある.



物持ちが良いのは
副長の特徴.

昨日洗濯していたら…、
Yシャツが擦り切れていた(笑).

こんなになるまで着るかねぇ.

ふと、このYシャツを購入したのは
何時かと考えてみた.

在仏時は既に着ていたから、
25年以上だ!

十数枚のローテーション内の
一枚とは言え
よくぞ持ちももったり…!

丁寧にお礼を言って
ゴミ箱へ.

お疲れさま.