FC2ブログ

栗の渋皮煮、灰汁抜き中…



重曹(炭酸ですな)約12gで
渋皮の灰汁抜き中….

冷まして、水を換え、
また重曹で煮る、これを3回繰り返す.

その間に、1個ずつ
ていねいにスジを楊枝で取る.



面倒くさいのだけど、

丹念な作業が決め手.

やっぱり完成は水曜の朝あたり…みたい.






スポンサーサイト



ブラブラ秋の美術散歩



昨日の関東は気持ちの良い好天.
湿度も低くて、快適そのもの!

こんな時はブラブラ散歩.

秋は芸術の季節でもあるしね.
トップ写真は横浜駅.

ポツポツと浮かんだ雲が可愛い….


“FEI ART MUSEUM YOKOHAMA”
を訪問.





この版画公募展にブロ友のflingscottomomiさんが入選された.




館内は撮影禁止ゆえ、
flingscottomomiさんのブログから
http://blogs.yahoo.co.jp/flingscottomomi/62843442.html
作品を引っ張って来ちゃいました.




やはり写真とは違い、
生で見るとその迫力には圧倒されます.


気持ちが豊かになった勢いで、
横浜から東海道線で東京へお上りさん.

沢山のお上りさんが東京駅を撮っている中を
くぐり抜けんながら、
大好きな、三菱一号館美術館へ.




が、展示換え中で休館でした(笑)




まったく、調べもしないで
ブラブラしてるから…(苦笑).

お目当ての印象派モノは今週末からですって.

リベンジを心に誓って帰途へ.

でも、ちゃんとした版画を観られたので、
心はホッコリ状態でした♪








栗の渋皮煮の作り始め…



いつも冷やかしで入る
新丸子の八百屋 “八百総”で
栗と眼があってしまった.

今年も大きな利平栗が出てくるまで
待とうと思っていたのに.

栃木産という、大きめだった.

結局2kgもお買い上げ.


今宵、酔っているのに
剥き始めた….



独ヘンケル製のペティ・ナイフで
丹念に1個づつ鬼皮を剥く.

昨年、皮むき機も購入したのだけど、
やはり、このペテイ・ナイフが
使いやすく、剥きやすい.

気をつけないと渋皮を剥いてしまう.
実が出ては、これからの数回の灰汁抜きで
煮崩れ起こしちゃうのだ.



着々と剥けている.
剥きやすく、スカスカの感あり.

はずれたかもしれないなぁ.

明日から灰汁抜き作業.
重曹で計3回の灰汁抜き.

完成までにはまだほど遠い.

水曜辺りだろうか??







冥土の土産ツアー



昨日のラジオでバスガイドが“冥土の土産”を
“姪御の土産”と聞き間違えた笑い話があったが、
このパソコンでも入力すると“メイドの土産”と
出てきて、大笑い.


さて、87歳の父を連れて日高の巾着田を訪問.

よく考えたら、連れてきた事が無かった.

足の調子も良いようなので
連れだした.

「冥土の土産ツアー」(笑).

娘や私のカメラ好き、写真好きは
この人の血筋なことを実感.

小さなコンデジでとにかく良く撮る.
撮影欲が旺盛!

副長は先週も来たわけだけれど、
今週の早咲き部分は少したそがれ気味.

手前は大分枯れてきている.



土曜の関東は好天に恵まれ、
少し暑いくらい.

陽の光りに恵まれた曼珠沙華畑.

色鮮やかだった.



親孝行した副長への自らのご褒美.



なんと、大豆の唐揚げ.
200円也.

食感も味も鶏のササミそっくりさん.
ちょっと揚がり過ぎだけど、美味しかった♪






父親から副長へのご褒美は、
松茸の土瓶蒸し(笑).

柚子を搾って、
濃い味の土瓶蒸しをいただく.

アツアツで香り高くて、
今年初めての松茸.

ほんのちょびっとだけどね(笑).

ごちそうさまでした






街中のネコシリーズ(馴染みのネコその2)



川崎のアパートの駐車場近辺で
良く出逢う、サバトラ.

見ての通り、警戒心バリバリ.

実は全然馴染んでない(笑).

過去数回エサをあげたのだが、
まったく寄り付こうとしない.
頭悪くて覚えてないのかも?


子猫の時から見ている.
まだ2歳くらいか.


この近辺で良く遭っていた
“サンボン”をここ1年くらい見ていない.

足が3本しかないから“サンボン”と呼んでいた.
エサを良くやっていたので、
本当に馴染んでいたネコ.

どうしてしまったのか….
誰かに飼われていればいいのだけど.



秋の味



いきつけの飲み屋さんでも
旬のさんまが出てきた.

焼くのも好いけど、
新鮮な刺身もまた美味しい.

ちょっと、脂が乗りすぎの感もあるけど、
口の中でとろける食感.

生姜醤油でいただく.


こんな肴でビールで始めちゃうと、
次もやはり、魚で.



サバの塩焼き.

これはおろし大根で.

もう、ホッピーに代わってるっ!(笑).


涼しくなった秋の夜のお楽しみ.











街中のネコシリーズ(川越のネコたち)



もう夕刻の川越 “時の鐘”.

付近をブラブラ歩いていたら、
娘の猫勘がさわいだ(笑).

どうも最近は娘の方が感度が高い(汗).



建築現場に猫の家族、4匹.

これはどうも母親.

小猫たちは動き回るので、
ピンぼけばかり….

かなり痩せていて、
食糧事情が心配.


さらに10mほどの家の玄関先にて.



ちょっと小さかったかな.

なにせ臆病な仔で、近づくと
すぐ逃げて行ってしまう.

これは飼い猫ぽかったな….

さらに、10mくらい歩くと、
こんどは副長の猫勘がさわいだ.



端正な顔付きのシマ猫.

声をかけたら、ちゃんと姿勢を正してくれた.

毛並みの良さ、栄養も良いよう
飼い猫かなぁ….

この通りは、川越猫通り…と
勝手に命名しちゃいました(笑).






映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」…再びの感動!


原題:STAR TREK INTO DARKNESS
製作年度:2013年  製作国:アメリカ   上映時間:132分


やはり、トレッキーとしてはもう1回観ておかなければね.
父へ介護パンツを届けた後に、おおたかの森シネコンで本年124本目の観賞.

前作に引き続きJ・J・エイブラムスが監督を務め、クリス・パインやザカリー・クイント、
ゾーイ・サルダナらも続投するSFアクション大作の続編.

謎の男によって混乱にさらされる地球の命運に加え、カーク船長率いる
USSエンタープライズ最大の危機を活写する.
冷酷な悪役を、イギリ ス人俳優ベネディクト・カンバーバッチが怪演.

西暦2259年、カーク(クリス・パイン)が指揮するUSSエンタープライズは、
未知の惑星の探索中に巨大な地殻変動に遭遇.彼は深刻なルール違反を
犯してまで原住民と副長スポック(ザカリー・クイント)を救おうと試みるが、
地球に戻ると船長を解任されてしまう.

ちょうど同じ頃、ロンドンの宇宙艦隊データ 基地が何者かによって破壊され…….

--------------------------------


あらためて、やはり質の高いエンターテイメントと感じた.
そのスピード感、テンポの良さ、CG含めたスペース表現の深さ、
J・J・エイブラムス監督の手腕にあらためて感服.

天下の敵役、カンバーパッチを誉める人は多いが、カーク(クリス・パイン)
はどうもケチョンケチョンに見下されている(笑).

カンバーパッチ演ずるジョン・ハリソンは主人公たちを圧倒する知性と身体能力を持ち、
その態度は常に冷静そのもの.そして、人間の愛情を利用して罠を仕掛けるという凶悪さを持つ.

転じて、カークは単細胞で、感情的、目先の行動に追われる.副長のスポックに冷静な判断を
任せ、自らは勝手に危険に身をさらす始末….カーク船長のキャラは今後もずっとこうなので、
これは致し方のないところ.

冷静沈着なジョン・ハリソンと熱血漢カークの共通点は、部下への想い.
身を挺して部下を守ろうとする、その行動にはお互い敵ですら共感を抱かざるを得ないほど.
こうした部分に、このキャラクターに魅力を与えていると思うのだが、
やはりカンバーパッチに分があるよう(笑).

ハンサムとは違うが、特徴的な知性あふれる顔付き、そこしれない眼力(めぢから).
強靱的な肉体を感じさせる体軀.こんな役者に敵役はもったいないなぁ.
とにもかくにも、本作品の成功はカンバーパッチ起用に尽きると思う.

CGは好く出来ていて、エンタープライズの質感やボリューム感、
はたまたD4クラスのマーカス提督乗艦の巨大さを好く表す.
が、セット部分のシーンが酷く情けない.

特にエンタープライズの機関部はまるでどこかの鉄工所風景(笑).
ワープコアの芯ずれをカーク船長が蹴っ飛ばして直すなんて…、
なんとかならない部分かと、至極残念なシーンだった.

TVシリーズでも、世代は違うがボェジャーの機関部なんて、もっとモダンで美しかった.
あんな低予算のTVシリーズでも観賞に堪えたのだから、
J・J・エイブラムス監督は勉強不足の感有り.

最後にカンバーパッチを叩きのめす?スポックやそれを助けるウフーラ、
機関長のスコッティ、Dr.マッコイ、スールー、チェコフ…とそれぞれの活躍シーンを
盛り込んだところは、やはりオリジナルへのリスペクト感のあらわれ.
トレッキー泣かせというところだろうか.

なんだか、もう1回観たくなっちゃったなぁ…(笑).








日曜は2食だった….



日曜は朝早くから巾着田へ向かう為、
3カ所から各自相模原のパン屋へ集合.

“Bon Appetit”
仏語で「さぁ召し上がれ…」の意の
小洒落たパン屋さん.

テラスがあって、そこで買ったパンが食べられる.
しかもコーヒーは無料なのだぁ♪

朝ご飯に、
4人で計8個のパンを
ムシャムシャ….



これは色々なフルーツが
入ったパン.
堅めの皮の中に甘いフルーツソース♪

これなら何個でもいけちゃいそう….



そうそう、はるひも女の子らしい服装で
じっと足元で待機状態.

ほんに、この仔はおとなしい….



グレーのTシャツに水玉のスカート♪



朝ご飯をたっぷり取ったのと、
渋滞にはまったのと、
曼珠沙華の撮影に没頭しすぎて
お昼ご飯を吹っ飛ばしてしまった.


お詫びに…、
早めの夕食は川越の名店
いちのやへ.



有名な鰻屋.

清水の舞台から飛び降りて、
鰻重の「菊」.



ふっくら、やわらかに蒸して
焼かれた鰻は香りも高く、
味もまろやか….

肝吸いも美味しくいただきました.

もうこれで、今年の鰻は打ち止め(笑).


腹ごなしに川越の蔵の町をブラブラ散策.

時の鐘近くの右門本店で
思わず、名物「いも恋」の
蒸したてをいただく.



山芋の入ったコシのある皮、
薄く切ったサツマイモ、
十分に甘いこしあん.

うーん、やはり美味い….

なーんだ、ちっとも腹ごなしに
なってないじゃん(笑).

これじゃ、2.5食だねっ!






彼岸の墓参り、いや草刈り?



今日は彼岸の墓参り.

充電式の電動バリカンを用意.
前夜十二分に充電しておいた.

お盆をサボっちゃったので、
伸び放題、雑草だらけ.

ビフォアー&アフター




結局45Lのゴミ袋一つ分.
綺麗さっぱりして
亡き母に線香を上げてきた.


自分へのご褒美



関越高速、三芳SAにて
タコ八つ揚げ、
250円なり~♪