FC2ブログ

飲み屋で夏カレー♪



暑くても食欲全開、
って、これはこれで問題(笑).

早く会社が終わった日には
いきつけの新丸子の飲み屋へ.

冷たいビールに、タコ刺が旨い.




お決まりのカウンターの端っこ.

タバコの煙避けには一番!






“おまかせ6本”
塩とタレの3本ずつ.


時にさっぱりの冷やしトマト.





調子も出てきて…、
いつものホッピー♪



あらら、まだ6時前なのがバレバレ(笑).




〆は飲み屋にふさわしくない?
夏野菜のカレー.



ゴロゴロ野菜いっぱいの
スパイシーなカレー、
程よいボリューム♪.

この店は昼間も営業しているので、
ランチものは大得意.

ごちそうさまでしたっ.







スポンサーサイト



街中のネコシリーズ(オシロイバナとニャンズ)



徒歩通勤の二ヶ領用水脇は
色採りどりの花が咲いている.

未だ明るい退勤時のオシロイバナ.

他にも名は知らぬが、
目を楽しませてくれる.





そんな花ばかりに目を奪われていると、
この二ヶ領用水に住む野良たちと遭遇.






人に慣れていて、
物おじしない….



道行く散歩中のわんこと
仲良しの野良ニャンもいたりする….






あれあれ、ついて行っちゃった(笑).





夕暮れの日差しは強く、
暑いけど….




涼しげな水辺で佇んだり….


夏の夕方の一コマ.







映画「思い出のマーニー」…入り江の想いは続く.


製作年度:2014年 製作国:日本 上映時間:103分


“邦画を1100円で楽しむ友の会”で火曜の夜に観たのは久々のジブリもの.
本年88本目の鑑賞.

「借りぐらしのアリエッティ」で長編デビューを飾った米林宏昌監督が、
英国の名作児童文学を舞台を北海道に置き換えて映画化したファンタジー.

心を閉ざした多感な12歳の少女が、謎めいた同い年の少女と過ごす
ひと夏の不思議な思い出と心の成長を瑞々しく詩情あふれる筆致で綴る.

また、これまでスタジオジブリを牽引してきた二枚看板、高畑勲、宮崎駿両監督が
関わらない初めてのジブリ長編映画としても話題に.
声の出演はWヒロインに高月彩良と有村架純、さらに松嶋菜々子、黒木瞳ら.

北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈.辛い生い立ちから心を閉ざし、
誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた.そんな中、持病の喘息が悪化し、
転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに.

そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする.
地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、
なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈.

その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、必ずそこには金髪の少女の姿があった.
ところがある晩、湿っ地屋敷へとやって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる.

少女はマーニーと名乗り、“わたしたちのことは2人だけの秘密よ”と語る.
そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を
育んでいく杏奈だったが….

以上は<allcinema>から転載.
--------------------------------------


ジブリ作品は一応全部おさえている. ファンと言われてもしょうがないかも.
さて、高畑勲、宮崎駿両監督臭を一切廃した作品.鈴木敏夫は総製作で名は
連ねていたが、プロデューサーは西村義明と若者だ.

さすがジブリの優等生米林宏昌監督らしい、“ジブリ風”をきちんと表現している.
画調の細やかさなどは、やはり監督の差が出るものでややあっさり気味.
クレジットで見る画像スタッフの少なさも驚異的.普通外注先に出しまくりなのに.

予告では金髪の女の子が出てくる、ジブリの新しい作品としかとらえてなかった.
原作を読んでいるわけもない.最初は主人公杏奈、12歳の苦悩が描かれる.
居心地が悪く、その精神状態の不健全さはあの世代に良くありがちで、
覚えがある…共感も少し芽生えたりも、する.

夢の中?かと思えるようなマーニーの登場で様相が変わる.
マーニーとの出会いの、楽しさと喜びが美しく輝いてみえるのだが、
その一方でこの不思議な環境に、また不安になったりもする.

マーニーのふわふわな髪の毛、楽しそうな声、杏奈の長い手足の
ひとつひとつの動きが印象的.これは予告でも見られたシーン.
これは友情なのか、夢なのか、と少しずつひっかかるエピソードが、
ラストに向けて紐解かれていく…、そして意外なドラマの結末….

最初のジメジメした感情が、途中快楽と不安の両天秤になり、
軽い破綻へ向かうかと思ったら、最後に…救われた.
上手い脚本だと感じた.

大人になる途中過程の多感な気持ちの表現、その成長譚として
好く出来たアニメ作品.やはり大人向け…だろうか?







カメラ女子の新兵器



娘の誕生日祝いに進呈したレンズ
EF40mm F2.8 STM.

パンケーキという薄型の単焦点レンズ.

ズームレンズみたいな機動性は無い代わりに
軽いから、撮影にフットワークが出てくる.

副長から貸し出している?
最少の一眼レフ KissX7
と組み合わせたコンビは最強いや最軽量(笑).












副長の愛用コンデジも機種変更したので
高原の花の撮影に大活躍.














やっぱり今回の旅のハイライトは…、

ヒマワリかなぁ….




プッ….









2014 Rd-11ハンガリー F1-GP決勝




予選は出先の山梨のホテルで観賞.
地上波はなんと2chしか無くて心配したが、
BSは全チャンネルが入電、ほっとしたが、油断した.

夕食のワインが効いて、ウトウトと居眠り.
息子君が気を利かせて、深夜12時に
チャンネルを合わせてくれていた♪.

ふと目が覚めて観始めたのはQ2の途中…うぎゃぁ~!
もう、L.ハミルトンがいない!

なんとQ1で車体火災でアウトしたとな….
なんという不運な男.今回もピットスタート.
しかも、シャーシー含めマシン全交換….

今年のL.ハミルトンは精神面の強さが目立つ.
またしてもピットスタート、最後尾からの追い上げに血道をあげる.


決勝レースの最初は雨…全車インターメデエイト・タイヤでスタート.
以降、雨もあがり、2度もセーフティカーが入り、いつものまにやら
L.ハミルトンは7位辺りまで追い上げていた.

その後も、ソフト、メディアムとタイヤを履き替え、
最後の10周は、F.アロンソ、L.ハミルトン、D.リカルドの
三つ巴状態.1秒以内に3車入り乱れての大バトル♪

結局は、F.アロンソはくたびれたソフト、L.ハミルトンはメデイアム、
そして新しいソフトを履いたD.リカルドが他の2人をラスト4周で
抜き去り優勝.素晴らしいオーバーテイクだった.新たな才能に驚きと賞賛.

でもやっぱり、最後尾から表彰台まで登り詰めたL.ハミルトンが真の勝者と思う.
最終周の4番手、N.ロズベルグとのバトルは意地そのもの.
当面のチャンピオン争い相手だからね、叩いておかないと(笑).

これでF1サーカスは夏休み.
4週間後のベルギー、スパ・フランコンシャル・サーキットまで
おあずけなのだ….





キスゲ2014 @霧ヶ峰&車山



明野のヒマワリの後は、
信州霧ヶ峰のキスゲなどを見物.

今回の旅はこれの時期を狙って計画.

そう、メイン・ディッシュだったんだね.


が、今年も鹿に食べられちゃったのか、
パッとしない咲き具合.

時期的にはドンピシャだったんだけどね.

群生というのには…物足りない.



メインがこれじゃ、
飽き足りない.

更にキスゲを求めて、
“キスゲ・ウィーク”開催中の車山へ.


リフトでトコトコ車山の頂上まで….



来てはみたものの、
中腹に少々のキスゲが咲いていただけ.

またも不発…でした.

まあ、こんなもんですよね(笑).


けっこうな高さの車山.

標高1925m.





頂上には、老朽化によって廃止された富士山レーダーの
代替として1999年から稼働中の気象レーダー観測所.



ドームの中には直径4mのパラボラ・アンテナ
がクルクル回っているそう.

気象予報はこのレーダーにお世話になっているんだね….


おちゃらけたオッサンと若夫婦…(笑).





そうそうにキスゲ追求は諦めて、
ふもとに降りて、
信州蕎麦&うどんのバイキング食べ放題なんぞを.



揚げたての鶏とキノコの天ぷらが美味しかったぁ.

もちろん、蕎麦もコシといい、香りといい
美味しゅうございました.



この後は、恒例の中央高速の渋滞….

今回は25kmで済みましたとさ(苦笑).

辛かったぁ….








ヒマワリ畑@山梨北杜町明野


(スマホ投稿)

山梨の明野に来ています。
天気は上々、日差しは強いのですが、
湿度が低くて汗は出ないほど…(^3^)/。

ヒマワリ満開!



さて、次はキスゲでも…(´ω`)。

.

八ヶ岳快晴。


(スマホ投稿)

今朝は快晴。ホテルの屋上からの眺め。

八ヶ岳が意外に近くに見える。

逆サイドには、遠いけど富士山が見える。


今朝は6時まで熟睡、
そのあと近隣の森を散策。

休日でも歩かなきゃね(^3^)/。



朝から、タップリ森林浴を
楽しんでしまった(´ω`)。

さて、これから、
ヒマワリとキスゲを追い求めます♪。



.

取れたてのブルーベリー@GreenEgg 原村


(スマホ投稿)

夏場のGreenEggはオープンスペースも大活躍。

涼しいから、日陰が有れば十分なんだよね。

庭の花々を撮るのにもすぐに出られるしにね♪

軽い昼食の後はセットのデザートを。
娘だけは「本日のケーキ」をオーダー。

Facebookであらかじめ本日のケーキを
確認しておいたそう…(((^_^;)。



その本日のケーキは「ピーチパイ」♪。
息子君と副長は、ノーマルのシフォンケーキ。

つまみ食いさえてもらったけど(笑)、
ピーチパイは甘すぎず、桃の香り一杯で、
美味しかったぁ…。又奥さんケーキ作りの腕を
上げましたねぇ(^3^)/。

最後に奥さんが庭でブルーベリーを摘んで、
おまけに皿の上に…、取れ立てにもほどがある(笑)。


美味しゅうございました。


1年ぶりのGreenEgg


(スマホ投稿)

久々の原村GreenEggの訪問。

店頭で地物の野菜も売り出したよう。
どれをとっても100円♪。

なにせ隣が農業学校だから、野菜は豊富!



遅めの昼食をいただく。

バッタイ(タイ風焼そば)にランチ・ワッフル、
ニソア・サンドイッチ。

付属のスープはズッキーニの冷製スープ。
スッキリとした酸味が好ましい!

容量が一杯なので、
デザートは別腹、じゃなくて、別偏で!