FC2ブログ

映画「後妻業の女」…騙されて幸せ?


制作年:2016年 制作国:日本 上映時間:120分
《スマホ投稿》

日曜の「1100円で邦画を楽しむ友の会」は、
新宿で喜劇?を鑑賞.本年113本目.

直木賞作家・黒川博行のベストセラー小説を
基に、独り身の高齢男性の後妻におさまり
その資産を狙う女を中心に、欲にとりつかれた
人々が織り成す群像劇.

『愛の流刑地』などの鶴橋康夫監督がメガホン
を取り、現代社会に潜む危うさを、ユーモアを
交えて活写する.

ヒロインにはさまざまな鶴橋監督作品に出演
していきた大竹しのぶ、彼女と組んで孤独な
老人を食い物にしていく結婚相談所所長に、
『必死剣 鳥刺し』などの豊川悦司.

さらに永瀬正敏、尾野真千子、笑福亭鶴瓶ら
実力派キャストが脇を固める.

妻に先立たれた中瀬耕造(津川雅彦)は、
婚活パーティーで年下の女性・小夜子(大竹しのぶ)と出会う.

やがて病に倒れた耕造は他界し、後妻に
おさまった小夜子から公式証書遺言状を
見せられた娘の中瀬朋美(尾野真千子)は、
遺産は全て小夜子に渡り遺族には一切
残らないと知らされる.

父の死に疑念を抱く朋美は探偵の本多(永瀬正敏)を雇い、小夜子の身辺を調査するが…….

以上はシネマトゥデイから転載.
----------------------------


とにもかくにも、大竹しのぶの怪演に圧倒
されてしまう.婚活会の時には、静粛な未亡人
を演じ、一旦ターゲットが決まると、壮絶な
色仕掛けのアタックをかける.

そして結婚してからは、その夫のとにかく早く
死なせようとする.相手は金持ちで持病持ちで
ある事が条件(笑).

その演技の使い分けのメリハリ、あくどさは
天下一品.大竹の為みたいな役柄.
この人、普段もこんな調子なのだろうか?
さんまって偉大だなぁ…、感心しちゃう.

さて、自分自身も老齢単身の環境なのだけど、
こんな婚活までして、寄り添おうなどとは
決して思ってない.独りで最期を迎える覚悟は
今の所できている.

もっとも、持病はあるけど、お金持ちじゃ
ないから、こんな後妻業に狙われる対象に
ならない…(笑).

どの被害者?も、その死の直前までは
その幸せ感を感じているふしがある.
騙される幸せ?とでも言うのだろうか.

それにしても、早く死なせる為に殺人まがいや殺人ほう助までしてはいけない.これは犯罪.
最後のシーン、大竹とトヨエツは依然婚活会を
催している処で終わるが、これは後味悪し.

一番のクライマックスシーンは、大竹しのぶと
尾野真千子の取っ組み合いの場面.必死の
殴り合いは、良かったぁ~(笑).



スポンサーサイト



やっぱりお米は福島米、そして喜多方らーめん!


《スマホの》

ホテルの朝食、やはり福島のお米に決まってます。
副長はここ5年間、普段も福島の米を常食。
美味しいし、安全!

ホテルは普通のバイキング形式。



味噌が白、赤、合わせと3種サジに乗っていて
自分で溶かして味噌汁作るのが嬉しい…♪

もちろん、福島コシヒカリも美味しゅうございました。
普段はがっつり食べるのだけど、今朝はほどほど?
にして、早々にホテルをチェックアウト。


隣町の喜多方へ。
そうそう、この地に来たからには喜多方らーめんでしょ(笑)。

お昼前に、名店「まこと食堂」に到着。



駐車場のナンバーを見れば、新潟、山形、つくば、
横浜、柏、土浦…と他県ナンバー勢揃い!

喜多方らーめん屋は7:30から開いているのが特徴。
朝から食べるんだものね~。店内は結構な混み具合。
間髪入れず、チャーシュー麺をオーダー!



麺は坂内ほど縮れてはいない。チャーシューは極薄、味は旨い。スープは鶏ガラ豚の醤油味。

今や、何処でも食べられそうな味なれど、
この地この店で食べることに意義がある?(笑)。

ご馳走さまでした。
来たかいがありました…♪。



台風の中、280km 走り切って無事帰宅した。
S-660も2000kmを走り込んで、ようやくメカ的あたりがついできたのか、フロントの接地感が良くなってきた。やっぱりメカはエージングが必要なんだねぇ…。

ただ、嵐の中の走行で天井の幌から2滴ほど
雨漏りしたのは許せない(笑)。


五色沼とまたもわっぱ飯!


《スマホ投稿》

宿は五色沼近くのホテル.もうシーズンオフだし、
何せお茶女大付属小学校の林間学校生も
うじゃうじゃ居るくらい.お安いのが嬉しい ♪

近所の毘沙門沼まで散策してみた.
写真じゃ穏やかな緑色が再現できないね.



夕食はダイニングで和食膳.





束のままの伊達島素麺が面白い!
ほどいて食べろとな.



そしてまたまた、わっぱ飯(笑).
続いちゃうものですねぇ.

でも、美味しくいただきました.


会津若松市内点景 2016晩夏


《スマホ投稿》

台風が来る前に、市内を散策.
こんなゆっくり町中を見て歩くのは30年ぶり?

大きな高層マンションが所々出現していて、
これはこれで時代の流れかと.

でも、散在する古い建物がこの町の魅力.








最後の建物は味噌田楽で有名な「満田屋」.
炉端裏で串刺しにした厚揚げ、ニシン、丸餅、
里芋…を焼いて、得意の味噌で食べる.

寄りたかったけど、ランチもがっつりだった
しね(苦笑).

この日15000歩散策して、裏磐梯五色沼近くの
リゾート・ホテルへ.

さて、温泉三昧だぁ~ ♪ (笑).




会津郷土料理わっぱ飯 @ 田季野 会津若松


《スマホ投稿》

お昼前に会津若松市内に着いて、平日なら、
きっと「田季野」で予約無しでも食べられる
だろうと、店前に車横づけ(笑)。

なかなか休日は混んで食べられないのだよね。
種々の具を乗せてわっぱてセイロで蒸すのが
「わっぱ飯」。この店が元祖なんだよね。



会津蕎麦と五種わっぱ飯のセットを注文。

蕎麦はネギ蕎麦だそうで、棒状のネギを
箸代わりに、又ネギもかじりながら(笑)、
食べる。



独特のコシ、濃い蕎麦と云う味がする。

別オーダーで厚揚げの田楽も…。



柚子味噌の甘さと香ばしい厚揚げの味が
よくマッチして、口の中に香りが広がる。

わっぱ飯は鮭、きのこ、ゼンマイ、…が入って
アツアツ…。ご飯自体の米も美味いのだが、
具の味がよく染みて、旨みが倍加する…。



とっても、美味しくいただきました。




ご馳走さまでした!


台風の中裏磐梯へ


《スマホ投稿》

毎日が日曜日休暇も終わりに近づいて、
ポッカリと2日スケジュールが空いた…。

2週間前に宿の予約を取った時はまさか台風10号が、
こんな事になろうとは思いもよらなかった。
直前まで悩んだけど、ブラブラ独り旅を決行。

久々にS-660を連れ出して、暴風雨の中を
ひたすら福島を目指した。




会津若松に着いたのはお昼前。
な、なんと快晴。今更ながら強烈な晴れ男(笑)。

市内の老舗で美味しいランチをとり、鶴ヶ城へ。

あんまり暑いから、ソフトクリームでもと
思ったら…。



会津らしいよねー♪。



100円の冷たいトマトと快晴の鶴ヶ城!

甘くて美味しいとまとでした。
皮がちょっと硬かったかな(笑)。

旅はまだまだ続きます。



2016 Rd-13 ベルギーF-1GP…ニコ完勝!


《スマホ投稿》

ようやくバカンスも明けて、オリンピックも終えて、
F-1サーカスが戻って来た!
ベルギー、スパ・フランコルシャンでの第13戦。

予選はN.ロズベルクが制した。
L.ハミルトンはエンジン3基も載せ替えて、
計55グリッド降格で最後端スタート決定。

ついでにF.アロンソもホンダのニュースペックエンジンに交換して最後端スタート。

晴れたスパにピレリは、メディアム、ソフト、
スーパーソフトの3種を用意。最近ソフト系の
モチの良さが目立つものね。

スタート直後、フェラーリが同士討ち…まったく!
その後、ルノーのアクシデントで赤旗中断を挟むも、
最後端からハミルトンとアロンソが鬼畜の
追い上げを見せてくれた。

結果、1位はN.ロズベルク、2位にD.リカルド、
そして3位になんとL.ハミルトン!

トップを取られても、ポイント差を作ら
なかったのは賢明の極み…。
我らがF.アロンソは7位に食い込んだ。

マクはほぼフェラーリ並の戦闘力とみた。
これから楽しみっ!

次戦は今週末のイタリア、モンツァ。
またも高速サーキットだ。楽しみっ♪



自由学園「明日館」@池袋 東京


《スマホ投稿》

小雨降る土曜の午後、ブロ友のflingscottomiさん
に教わった建築物「明日館」みょうにちかんを
見学に行ってみた。

池袋西口から徒歩10分ほど。
静かな住宅街の中にひっそりと佇む。

旧帝国ホテルで有名なフランク・ロイド・ ライトの設計。
シンメトリーな形状の中にも味のある細工が見られる。




普段は内部も見学できるのだが、あいにく
この日は2組の結婚式が…。

ここで結婚式挙げられるのは羨ましい環境だなぁ…。

また式がない時を狙って内部も楽しみたいもの。

庭にもう曼珠沙華が咲いていた。
しかも、珍しい白色…。



確かにコルビジェの国立西洋美術館より素朴で、味わい深いかも…。

良い目の保養だった。



「名画のネコはなんでも知っている」


《スマホ投稿》

先日のお祝い会時に、在仏OBでブロ友でもある
豊栄のぼるさんから本を頂戴した。

「名画のネコはなんでも知っている」井出洋一郎作。

猫好きで洋画好きの副長をよく知る人で、
とても嬉しい贈り物!

表紙はこの前来日していたルノワールの作品ですな♪

絵画に描かれたネコのエピソードとその画家に
ついてのエッセイ集。

毎夜、原田マハと交互に1エピソードづつ楽しんでいる。

観たことがない絵画も多く、現物が観たいという
欲望もまたまた膨らんでいく…。


さて、まだ絵画に描かれた事はないこの仔。



いずれ、娘に描いてもらおうかなぁ…。



定年お祝い会(その9)@ZIDORI家 取手


《スマホ投稿》

これでようやくお祝い会も打止め。
会社の元部下というか、気の合う仲間たちが
祝ってくれた。

取手駅近くの元沖縄料理屋さん。
今は地鶏専門店?
確かに鶏が美味い…!



この日の話題は、圧倒的に「高畑淳子会見」。
なぜかこの日は20代息子を持つ女性陣が多かった。

つらつら思うに、息子を甘やかし過ぎていないかという反省や、もし同じ事が我が身に起きたら…という不安まで、いやいや盛り上がってしまった(笑)。

他人事じゃないのですな。
たかが芸能人親子の事件というなかれ、
その実、身近に存在する潜在事象なのかも?

店は元沖縄料理屋ゆえ、チャンプルーなども。



締めはなんと、島原うどん♪
コシがあって、のどごしも良く、美味いなぁ~!



帰りは、ノンアルコールだったHさんの車で
自宅まで送ってもらって、至れり尽くせり。
もちろん後部座席ではまだ高畑問題が…(笑)。




この日いただいた黄色い薔薇。
生花を家で飾るのは久しぶり。
落ち着いた気分…。

皆さまありがとうございました。