FC2ブログ

在仏時代のOBおじさん新年会@鯛×イタリアン真魚 新橋


木曜夜は在仏時代のOBおじさんの新年会.
みんなの日程調整していたら
こんなに遅い時期になってしまった.



夕方の新橋はサラリーマンオヤジの天国状態(笑).
魅力的な場所ですよねぇ.



会場は以前副長が探し出したイタ+和食屋.
「鯛×イタリアン真魚」という小さな店.


“お刺身3点盛り合せ”



鯛があるのは当たり前?(笑).



“前菜3点盛り合せ”



鶏を中心にタレのごま味が良くマッチする♪


“ホウレン草とベーコンのサラダ”



旨みの強いベーコンが決めて!






“チキンのスモークチーズ焼き”



濃厚だったのは意外にも上に載せたチーズ….



“鯛の白ワイン蒸し 粒マスタードソース”



良くワインの味が染みて…味深い鯛に舌鼓っ!



“感動!〆の辛口鯛ラーメン(ハーフサイズ)”



この店一番のウリの品.ピリッと辛いのは秘密のラー油?
鯛で出汁をとったスープは味わい深い.
麺のコシが無いのがちょっと残念なところ.


“本日のデザート”



タピオカ味のムース?!美味…♪

60代70代だというのに、話題の若さは超一流(笑).
この日の某C社の株主総会に出席したYさんの報告に始まり
映画「沈黙」の感想とか.

先日の東京マラソンに出場したFさんの走行タイムに驚いてみたり、
スマホの音声入力で i-Phone の Siri と Andoroid の Google音声
入力を競わせたり(笑).

ちなみに「ケネディの暗殺された年」を問うたら、
Andoroidの方がきちんと対応.
このへん一長一短があるけどその進化には驚くばかり….

もっとも驚いたのは、70代Mさんの歯の話題.
全部インプラントに一気に置き換えた
その治療費は850万円…!
その見事な歯並びにはみな感心するばかり.
たった1日の手術、7時間で終了したそう.

モノを食べることがすごく楽しくなったとは本人の感想.
今や金で買える健康もあると認識した次第….



珍しく副長笑ってる?(笑)

最後はこのメンバーのLINEグループ登録を
しようとみんなで大騒ぎ(笑).
70代の元技術屋たちおそるべし…(笑).


ちなみにそんな与太話しながら飲んだ
ワインは6人で5本!
その量も恐るべし…(笑).









スポンサーサイト



映画「キングコング:髑髏島の巨神」…まだまだ続くそう(笑).


原題:KONG: SKULL ISLAND
制作年:2017年 制作国:アメリカ 上映時間:118分


夕方歯科医での歯石取りの後、会社の近くのTOHO柏に行ってみた.
猿の映画にちょっと興味をもって、溜まったポイントでタダ鑑賞.
本年累積47本目の鑑賞.

GODZILLA ゴジラ」を手がけたレジェンダリー・ピクチャーズが、
ハリウッドを代表する巨大モンスター“キングコング”を壮大なスケールでリブートした
アクション・アドベンチャー大作.

太平洋に浮かぶ謎の孤島を訪れた調査隊が、想像を絶する巨大生物たちと遭遇し、
決死のサバイバルを繰り広げるさまを迫力のアクション満載に描き出す.

主演は「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン、共演にサミュエル・L・ジャクソン、
ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジン・ティエン.
監督はTVを中心に活躍し、本作が長編2作目のジョーダン・ヴォート=ロバーツ.

なおレジェンダリー・ピクチャーズでは以降もモンスター映画をシリーズとして
製作していく計画で、2020年にはキングコングとゴジラの激突が予定されているとのこと.
 
泥沼のベトナム戦争が終結を迎えつつある70年代前半.南太平洋上に未知の孤島が
発見され、米国政府特務機関“モナーク”によって編成された調査隊が派遣される.

リーダーを務めるのは、ジャングルでのサバイバルに精通した英国陸軍特殊空挺部隊の
元兵士コンラッド.メンバーはほかに研究者にカメラマン、ベトナム帰りの米軍ヘリ部隊を
率いるパッカード大佐といった面々.

しかし調査のために爆破を繰り返す一行の前に突如、あまりにも巨大な生物キングコングが
現われ、ヘリコプターを次々と破壊し始める.

その圧倒的な破壊力に為す術もない人間たちは、この恐るべき生物から逃げ延び、
一刻も早く島から脱出すべく決死のサバイバルを繰り広げるのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
――――――――――――――


興味があったのは主演のトム・ヒドルストンについて.次の“007ジェームズ・ボンド”の
最有力候補とされる役者の最新動向を観ておきたかった.

夕方の時間の上映は吹替え版のみ.泣く泣く諦めて観初めて大後悔….
トム・ヒドルストンとヒロイン;ブリー・ラーソンの声優が大ミスマッチ.
二人とも、上ずったようなセリフは大根声優そのもの.

やっぱり字幕版を選べば良かった….他の役者に関しては全く問題ないゆえに、
もったいないキャスティング.



トム・ヒドルストンは正直格好良く撮られていた.もう既にジェームズボンドを意識した
みたいな役どころと演技.適度にマッチョだし姿かたちも「ソー」シリーズみたいに病的な
外観とは一線をかくスマートさだ.これならボンド役も良いかもと思った次第.

さて、主役はコングだっけ?(笑).従来のコングよりも大きいのは次シリーズに
合わせた為だろうか?どうもゴジラと闘うらしい…(汗).

今回は髑髏島の守護神役に徹して、島の生物を助けたり、ヒロインブリー・ラーソンとの
交情も含めて、極めて情緒的な部分と謎のトカゲ生物と豪快な闘いなどの剛直さの
両方を見せてくれる.CGで表現された目の表情などが秀逸と思った.

役者的にはサミュエル・L・ジャクソンがまたも怪演、粘着質の病的職業軍人を演ずる.
異常に勝ち負けにこだわり、一見、部下の命に固執するように見えながらも、その実
平気で部下の命を失うような作戦を遂行してしまう偏執狂軍人. 

今回も最後までコング討伐に執念を持ち、あえなく果ててしまう役柄は滑稽でもあり、
哀しくもある.今も過去も米国の職業軍人にはこういうタイプが数多く居ると思われ、
米の“軍人社会”の負の部分であろう.

さて、今回も短めのエンディング・スクロールのあとに貴重な映像が上映された.
いつもの如くスクロール中に退出する馬鹿者たちはいるのだけど、今回は残る人
たちが多かったのは知っていたからか?

次作あるいは次々作への情報と見るべきか?
おいおいほんとかよぉ…という気分も無きにしもあらず(苦笑).







手作り醤油の威力



手作り醤油の味にはまっちゃっている.

少し刺激的で、味が尖っているのだけど、
煮物などに使うと、
抜群の風味が出て来て、しかも味はまろやかで
美味しいのである.


そんなアドバンテージを活かしたくて、
このところ、煮物や肉じゃがを作りまくっている.







量が少なくても、
きちんと味が付くのが嬉しい.

次はブリの照焼なんかも良いかも♪

美味い調味料が手に入ると
料理が楽しくなる♪








ふんわりのお好み焼き♪@こてがえし新宿



日曜に3本も映画を観るともうさすがに
ヘロヘロ状態(笑).

TOHO新宿からJR新宿駅の途中にある
「こてがえし」へ乱入!
お好み焼き/もんじゃ屋さんだね.

“たこキムチ” を肴にビールで乾杯っ!


おつまみにオーダーした
“唐揚げポテト”



まるでジャンクフードそのもの、
失敗したね(苦笑).
鉄板に乗せて焼いて食べる….


“こてかえしサラダ”



天かすが乗ってるのがいかにもいかにも♪


さっそくお好み焼きに突入.
この店の特徴は、フタをかぶせて
砂時計で4分間、じっと待つ….




裏返してからも、またフタをして
4分間….



これが、ふっくらに焼き上がるコツなんだね.
決して、こてで
ぎゅうぎゅう押したりしちゃいけない(笑).


計8分間焼いたら、ソースをかける.




ソース、マヨネーズ、青のり
あとは、おかかをお好みで….



アツアツをフーフーしながら
食べるのがお好み焼きの醍醐味.

海鮮スペシャルと豚スペシャルと
2枚いただいちゃいました♪



〆は、カレー味焼きそば.
これは焼かれて出てきた….



麺はほとんど、うどん.
意外に辛い味付けにびっくり!

でも、肉にキャベツに玉ネギ、ねぎ…
美味しいなぁ~♪

店で食べるお好み焼きは美味しい.

ごちそうさま.








映画「パッセンジャー」…SFの形を借りたラブ・ストーリー


原題:PASSENGERS  
制作年:2016年 制作国:アメリカ 上映時間:116分



日曜最後の3本目はいつもの“1100円で邦画を楽しむ友の会”で、珍しく洋画を鑑賞.
単に観るべき邦画がなかったからね(笑).副長的には本年累積46本目.

5000人の乗客を乗せ、新たな居住地を目指して航行中の豪華宇宙船を舞台に、
冬眠ポッドのトラブルで90年も早く目覚めてしまった2人の男女の運命を描く
SFラブストーリー.

主演は「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンスと「ガーディアンズ・
オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット.
監督は「ヘッドハンター」「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」の
モルテン・ティルドゥム.
 
近未来.豪華宇宙船アヴァロン号は5000人の乗客を乗せて地球を旅立ち、
遠く離れた移住地に向かって航行していた.乗客は目的地に到着するまでの
120年間を冬眠装置の中で安全に眠り続けるはずだった.

ところが、航行中のアクシデントが原因で一つのポッドが不具合を起こし、エンジニアの
ジムだけが目覚めてしまう.ほどなく自分以外に誰も起きていないことに気づくジム.
それもそのはず、地球を旅立ってまだ30年しか経っていなかった.

つまり、ほかの乗客が目覚めるのは90年も先で、それはこの宇宙船の中でたった一人きり
で残りの一生を過ごさなければならないことを意味していた.それから1年が過ぎ、孤独に
押し潰されそうになっていたジムは、目覚めたばかりの美しい女性オーロラと出会うが….

以上は<allcinema>から転載.
 ――――――――――――――


一言で言うなら、ガチガチのSFかと思って期待してたら突っ込みどころ満載の
ラブ・ストーリーだったという顛末(笑).

ヒロインのジェニファー・ローレンスって初期の頃の作品「ハンガーゲーム」では、
細身の綺麗なお嬢さんと言う印象だったのに、今回はなぜか金髪に染めた日本女性
みたいな平板の顔付きでしかも顔がでかい.とても美人に見えないのが残念.
しかも小生意気なジャーナリスト役でとても感情移入なんか出来ない役柄.

主人公クリス・プラットは可も不可もなしの平板な演技.妙に小太りになったり、
痩せたりと、年月の経つのを表現したいのかもしれないが、とっても不自然.

主たる登場人物は3人と1体(アンドロイド)、このバーテンダーのアンドロイド
の使い方が作品のアクセントになっている.言われた通りの事しかしない機械人間.
秘密だと言われれば黙っているし、秘密は無い、いう言葉尻をとらえて、ある大事なこと
を彼女に喋ってしまうところなんぞ、滑稽な一面をも見せてくれる.

主人公が唯一冬眠から起こされる理由であるとか、宇宙船が爆発の危機に陥る経緯とか、
その解消手法とかSFとしてはお粗末というか突っ込みどころ満載(笑).

そういう細かいことは置いといて、限られた宇宙船空間で人生を終えるまで暮していく
という設定は興味深い.覚悟を決めてからの物語の方が面白いかもしれないと
天の邪鬼的に思ったりもしてみた.

これから「メッセージ」とか「エイリアン・コベナント」とか本格的SFが公開されるから
そっちの方が楽しみ…♪.







映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」…ケン・ローチ監督らしさ一杯.


原題:I, DANIEL BLAKE  
制作年:2016年 制作国:イギリス /フランス/ベルギー 上映時間:100分



日曜の2本目は昼食を取るのももどかしく、新宿武蔵野館へ飛び込む.
都心でしか観ることが出来ない作品をむさぼるように観ていく.
好きな監督の社会派ドラマを本年累積45本目に鑑賞.

社会派の名匠ケン・ローチ監督が、格差と分断が進む世の中で切り捨てられよう
としている社会的弱者の心の叫びを代弁し、カンヌ国際映画祭で「麦の穂をゆらす風」に
続く2度目のパルム・ドールを受賞した感動のヒューマン・ドラマ.

実直に生きてきた大工職人が、病気をきっかけに理不尽な官僚的システムの犠牲となり
経済的・精神的に追い詰められ、尊厳さえも奪われようとしていた時、同じように苦境に
陥っていたシングルマザーとその子どもたちと出会い、互いに助け合う中で次第に絆が
芽生え、かすかな希望を取り戻していく姿を力強い筆致で描き出す.

主演はイギリスの人気コメディアンで、本作が初の映画出演となるデイヴ・ジョーンズ.
共演にヘイリー・スクワイアーズ.
 
イギリス北東部ニューカッスル.59歳のダニエル・ブレイクは、長年大工として働き、
妻に先立たれた後も、一人できちんとした生活を送り、真っ当な人生を歩んでいた.

ところがある日、心臓病を患い、医者から仕事を止められる.仕方なく国の援助を
受けるべく手続きをしようとすると、頑迷なお役所仕事に次々と阻まれ、ひたすら
右往左往するハメに.

すっかり途方に暮れてしまうダニエルだったが、そんな時、助けを求める若い女性に
対する職員の心ない対応を目の当たりにして、ついに彼の堪忍袋の緒が切れる.

彼女は、幼い2人の子どもを抱えたシングルマザーのケイティ.これをきっかけに、
ケイティ親子との思いがけない交流が始まるダニエルだったが….

以上は<allcinema>から転載.
―――――――――――――――


この映画館、新装なったにもかかわらず、鑑賞環境は何ら進歩が無い.
フラットに近い座席環境、要は傾斜が少ない.前に座高が高い人が座ると後頭部が
スクリーンの邪魔をする.今回はまさにそんな座席にぶつかってしまった.

スクリーンの下1/4が観えない…字幕の部分もだ.背伸びしたり体をずらしたり、
せわしないことおびただしい.いまどきこんなクソな映画館は珍しい(怒).
出来るならこの映画館は避けたい気分なのだが、ここしか演ってなければしょうがない.

邦題は原題のそのままの訳.下手な題名考えるよりずっと良いと思う.
偏屈な老人と杓子定規な公的機関、そして幼子を連れた女性との絡み…となると
最近公開された「幸せなひとりぼっち」との類似性が気になるところ.

本作の方がよりその公的機関への反発姿勢が明確でしかも辛辣である.
それにしてもここに描かれる英国の社会保障機関の杓子定規ぶりは酷い.
決められたルール、フォームへの記入要綱から少しでも逸脱することを嫌う.

たとえ陳腐な間違ったルールでもだ.例外を嫌う気持ちも判らんでもないが、
受け身の立場、顧客の立ち位置からの目線が欲しい.作中に出てくる警察やスーパーの
万引き担当の方がよほど抒情酌量の感覚を持ち合わせているのが皮肉でもある.

これは根本的な顧客観点が抜けていることと、各自担当に裁量権を与えていない
ことによる.硬直化したお役所主義の典型であろう.事実主人公に対し同情を持つ
担当者は、何かと手をかけてくれようとするが、上司はそれを咎めるばかり….

主人公は心臓を病んで医者からも就業を止められているのに、勤め先を
得るために履歴書を書けというお馬鹿な指導には呆れるばかり.
こんな役所要らない.ケン・ローチ監督の覚めた目線の表現はクリアだ.

むろん、主人公や親しみを持って接するシングルマザーの側にも非は存在する.
どうみても短絡的で判断ミスと思える行動も見られるのだけど、情状酌量する
余地があるし、観客がそれを非難する権利は無い.

前に述べた「幸せのひとりぼっち」とは決定的な違いが一つある.
それは主人公の亡くなった奥さんが「幸せの…」は素晴らしい善人であったのに、
本作では全くの悪女だったらしいこと(笑).

でも主人公はその妻の想い出を語る時、とても幸せな表情を見せる.
気まぐれで破天荒な性格であったことを懐かしみ、愛おしくてしょうがない表情を
見せるシーンにほだされてしまった.悪い妻ほど愛するにふさわしい?

病んだ妻の介護も相当な苦労だったことが本人の口からも伝え聞くことができる.
この人、本当に苦労人なのだ.

あらかたの予想通り、主人公は心臓発作で突然死してしまう.
公的機関への恨みつらみを残して….

お役所仕事をしている方々に是非とも観ていただきたい作品.








映画「おとなの事情」…スマホの中の秘密は?


原題:PERFETTI SCONOSCIUTI/PERFECT STRANGERS
制作年:2016年 制作国:イタリア 上映時間:96分


日曜は朝から夜まで洋画3本鑑賞を敢行.まずは新宿シネマカリテでイタリア映画を.
本年累積44本目の鑑賞.

イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞と脚本賞の2冠に
輝いた大人のブラック・コメディ.

幼なじみの3組の夫婦と一人の独身男性が集ったディナーを舞台に、それぞれのスマホに
掛かってきた電話やメッセージを共有し合うというゲームを始めたことから、思いがけない
秘密が次々と露呈していく悲喜劇の人間模様をスリリングに綴る.

出演は「ベニスで恋して」のジュゼッペ・バッティストン、「夏をゆく人々」の
アルバ・ロルヴァケル、「天使が消えた街」のヴァレリオ・マスタンドレア、
「カプチーノはお熱いうちに」のカシア・スムートニアックほか.

監督は本作が日本初紹介のパオロ・ジェノヴェーゼ.

ある月食の夜、幼なじみの男4人とそのパートナーが集まり、食事会を開くことに.
しかし一人だけバツイチのペッペは、連れてくるはずの婚約者が来られなくなり、
結局7人でテーブルを囲み、美味しい食事と会話を楽しむ.

そんな中、一人があるゲームを提案する。それは、秘密なんてないという彼らの信頼度を
確認するため、今からそれぞれのスマホに届いたメールや電話は全員に公開すること、
というもの.

行きがかり上、誰も異議を唱えることもできず、不安を抱えながらも、それを悟られない
よう平静を装いゲームを始める一同だったが….

以上は<allcinema>から転載.
――――――――――――――


大好きな作品「大人のけんか」を想像させる邦題の付け方と同スタイルの
密室内での会話劇.しかも中年真っ盛りの大人7人の会話劇だ.

幼少から仲の良かった男子4人の職業は整形外科医、弁護士、タクシー運転手、
臨時教師とさまざま.そのうち3人は結婚して妻もいて、子供もいる家庭も二つ.

皆既月食の妖しい夜に整形外科医の家に集まりパーティーというか食事会を催す.
男女7人の飲みながら、食べながらの会話劇.一人の提案でみんなのスマホを並べ、
かかってきた電話やメール、メッセージを見せ合うという余興が始まり、これで
ドラマが始まる.

当然嫌がる輩もいるのだけれど、「私は隠しごとなど無い」と威勢をはってゲームが始まる….
誰が吐いたか忘れたけど「スマホには秘密も人生も全てが詰まっている」
けだし名言だと思った.

この7人全て恋愛の国イタリアの人たちだから、当然妻や夫に言えない事情がてんこ盛り(笑).次々と明らかになるそれぞれの「事情」の説明や逃げ手を観ながら観客たちはニヤニヤ、
あるいは冷や汗を…(笑).

それぞれの不倫事情は放っぽいておくとして、気になるエピソードが3つ.

一つは整形外科の年頃の娘16歳との親との関係.母親は娘の鞄を盗み見し、なんと
コンドームを発見し怒り狂う.父親にかかってきた娘の電話でそれはなんと父親が
持たせたものと判明.

彼氏の家に泊まって良いかと請う娘に、自身の幸せを考えて行動しなさいと説く父親.
フムフムと感心しながらも、その電話で娘は「母はキーキー叫ぶだけで最低」だと言われ、
聴いていた母親は二の句もつげない….

年頃の娘を持つことに経験がある副長はいたくこのエピソードは気になった.

もう一つは弁護士の妻にかかってきた電話.老人ホームの紹介だった.夫の母親
と同居中のこの家族、夫に内緒で妻が老人ホームを探索していたことが露見する.
どこの国でも老介護の事情は同じと改めて認識した次第.

3つ目は7人中唯一の独身の臨時教師の話.親しい恋人を連れてくるはずだったが、
風邪を引いたかとで欠席.単独で参加している.ところが彼におくられてきたメッセージは
男から….

ホモであることが露見する.嫌悪感を明らかにしたのは幼なじみのタクシードライバー.
ずっと幼い頃から一緒に過ごしてきた友人がゲイだったなんて耐えられないと訴える.
恋愛の達人の国イタリアにおいてもこういう反応は在るのだなとまた認識は新たに….

そんなエピも挟みながら皆既月食を楽しみ、食事を楽しむ様はなにか現実離れした
様相を呈する.そう、詳しくは映らないのだけど、パスタやローストポーク、ニョッキ、
手作りのティラミス等々の料理作りや食べるシーンは興味深いものがある.

そしてタクシードライバー氏が持ち込んだ25ユーロ(約3千円)のBio-Wineに関しても、
その価格に対する扱い方(伊では決して安くない値段だ)と Bio であることを小馬鹿に
した扱い方にまたもやフムフムと感心した次第.なんだか感心しっぱなしの作品だね(笑).

妖しい皆既月食もまた静かな満月に戻るように、この7人も感情のもつれの糸を
引きずりながら散会していく.さてこの7人の今後は如何に?

この手の作品が大好き、
小品ながらもなかなかの快作を堪能した.








やっぱり定番の美味しさ@やきとり「月忠」東京町田



土曜の夕方.無事に i-Phone の修理も終え、
どうせならと、娘夫婦と会食.

久々のやきとり処「月忠」

開店と同時に飛び込む.
理由は後で….

先ずは副長はビール♪



突き出しは、モヤシのナムル♪
旨いんだな、これが….


山芋のフライやマスタード・ソースのかかったポテトサラダ.
大人の味だねぇ…♪



スライス・トマトに特製春巻き.
この春巻きの中味がニラとニンジン
そしてスナップエンドウとバラエティ豊かな味.
新しい技ですねぇ.


副長は「もとみ」という名の芋焼酎に.
まろやかな、いもいもした味に舌鼓.




開店間際に飛び込んだのは、
タバコの害が少ないかと思って.

なにせ妊婦が居るからね.

あにはからんや、これだけの客が居ながら
タバコ吸う馬鹿者は1人だけ!
客層も女性が多くなった印象.好ましいね.




焼き物5種+α



どれを取っても丁寧に焼かれて、
絶品の味♪
やっぱり定番の味に酔いしれちゃう.


名物「鳥まんじゅう」



あらかじめ予約して取り置きしてもらう.
運ばれてきた時には、皿を揺すって
“プルプル”感を出すのが流儀(笑).

ふんわり揚がった豆腐と鶏の味が
濃い目のタレに好くマッチする.



〆の、これまた名物のオムライス
これでもハーフサイズ.



中のご飯は焼き飯.
3人で分けていただく♪


デザートは別腹.
杏仁豆腐と
なると金時のマスカルポーネチーズ和え




この週は息子君が仕事で沖縄出張だった.
副長へのお土産.
泡盛♪とじゅーしい炊き込みの素





どっちも副長の好み、ど真ん中!
ありがとう♪








2017年F1-GP Rd-01 オーストラリア…初戦を跳ね馬制す!



《F1オーストラリアン・ビューティ♪》


3月26日、もうF1サーカスの2017年ラウンドがメルボルンで開幕した.
盛りは過ぎたものの、暑さが残る南半球の冬の終わりのお祭りだ.

副長は日曜日出かけていたので、遅れてビデオ観戦.
簡単にまとめておく.

土曜の予選は、この冬に走り込み、エンジンも進化したメルセデスとフェラーリが
1~4番手まで占める.

翌日曜の決勝にピレリが準備したのは幅広タイプとなった
ソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトの3種類のドライタイヤ.

進化したピレリはもちも良くて、ほとんどのマシンがソフト系タイヤにも関わらず、
1ストップでレース58周をこなした.

その唯一のタイヤ交換で、それまでトップを走っていたL.ハミルトンが2番手の
S.ヴェッテルにトップを奪われた.その後も追いつけないところを見ると、
今レースのフェラーリは速かった….





結局リードを保ちつつ、S.ヴェッテルが1位、2位にL.ハミルトン、3位に新たに
メルセデスに加わったV.ボッタス.4位にK.ライコネン.

我らがマクラーレン・ホンダはS.パンドールンが13位、F.アロンソは47周でリタイア.
今年も残念だが、ホンダはパワーを取り戻してはいない.見捨てられるのは時間の問題?

今さらの話しだけど、昨年チャンピオンになったN.ロズベルグは電撃引退し、
ウィリアムズにいたV.ボッタスが引き抜かれた.しばしはL.ハミルトン天下であろう….

さて、次戦は2週間後に上海GPだ.メルセデスの反撃は怖いぞぉ.









i-Phone の修理



今週初めに墓掃除中の落下により
液晶ガラス面にヒビが入った
副長の i-Phone 6P.

もう2年以上使っているし、
16GBで容量も少ないし、
“7”に買換え時期かなとも思ってみたが、
うーん、節約、節約.

治すこととした.
以前TVで観た修理業者を思い出した.
目の前で、ペキペキと修理してくれる.
教育体制がしっかりしてて修理スタッフの
レベルが高いとか….

遙か遠くの町田店まで土曜の午後に行ってみた.






迎えてくれた修理人は若いイケメンの男の子.

吸盤が2つついた専用工具を使い、ガラスと液晶ユニットをぱかっと外す.

その後も液晶ユニットを交換するのに、
小さいビスを十数本外す作業はやはり精密作業.
こりゃ訓練が要るね….




こうやって、新品のガラスになり、新品同様に.

正味修理時間は60分.
完璧に元に戻った ♪
費用が高い事を除けば大満足…(笑).

ついでにもう少し丈夫なケースにも交換.
丈夫な保護シートにも交換.
今度は落とさないようにしなくっちゃ!(笑).