FC2ブログ

今週のランチ事情(2018年第26週)


今週は5日間勤務.
0勝5敗
 5回社食を利用した.

-----------------

月曜は社食、第1食堂のSランチ.

“枝豆ご飯と旬の天ぷらセット”



枝豆ご飯に吊られてしまった….
少ないながらも枝豆の味わいのあるご飯.

天ぷらなんて久しぶり、
温かいモノと冷たいモノの差が気になる.
ちゃんとおろしが付いたのは嬉しい.

727KCal、480円也.

-----------------

火曜は、社食の第1食堂でA定食.

“豚肉と野菜のしゃぶしゃぶ風”と小鉢



白菜をベースに豚薄肉をポン酢で.
小鉢は鶏肉つくねの甘酢煮.

692KCalで390円也.

-------------------

水曜は、社食第1食堂のA定食.

“鯖のごま照り焼き”と小鉢



水曜はどうも仕事のせいで出遅れる.
遅番の後じゃ、A定食とカレーしか残ってない?

でも、大好きな鯖だから許しちゃう(笑).
小鉢はこれまた大好きな厚揚げの煮物.

724KCal、370円也

--------------------

木曜は社食、第2食堂のパスタコーナー.

“茄子のミートソース”



ごろごろの茄子の入ったパスタ.
ミニサラダにはイタリアンドレッシング.

野菜スープも付いて
589KCal、390円也

--------------------

金曜も社食、第2食堂のパスタコーナー.

“チョリソーのペペロンチーノ”



見た目の華やかさに反して
ピリッと辛め、しかもニンニクたっぷり.
会社のパスタにしては冒険的だなぁ…(笑).

野菜スープとミニサラダ付き
735kCal、390円也

--------------------

今週も定常的なランチ状況.
来週からはWLB(ワークライフバランス)と
称して、サマータイムシフト.

食事は中番で11:45からと早くなってしまう.
お腹は慣れるまで大変?(笑)

今週もご馳走様.





スポンサーサイト



映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」



原題:SOLO: A STAR WARS STORY
制作年:2018年 制作国:アメリカ 上映時間:135分


金曜は仕事も終えていそいそとTOHO柏へ.金曜公開の映画を観に.
チケットだってweb予約しちゃったもんね.なんていう気合いの入れ方(笑).
本年累積91本目の観賞.

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」
スピンオフ・シリーズ第2弾.「スター・ウォーズ」シリーズの中でも屈指の人気を
誇る銀河最速のパイロットにして愛すべきアウトロー、ハン・ソロの若き日に焦点を当て、
伝説のヒーロー誕生までの知られざる物語を描き出す.

主演は「ヘイル、シーザー!」「ハリウッド・スキャンダル」のオールデン・エアエンライク.
共演にウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー.
監督は「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」の巨匠ロン・ハワード.
 
惑星コレリアで生まれ育った若者ハン.銀河帝国の暗黒支配が激しさを増す中、
自由を求める彼は幼なじみのキーラとともに故郷からの脱出を図るも失敗、
2人は離ればなれに.

やがて銀河一のパイロットとなってキーラを迎えに戻ると誓い、帝国軍のパイロットを
目指すハン.しかし3年後、彼は帝国フライト・アカデミーを追放され、歩兵として
戦場に送られる.そこでウーキー族の戦士チューバッカと出会うハンだったが….

以上は<allcinema>から転載.
———————————————


このスピンオフだったら自由度が高いし、老練なハワード監督に任せておけば
そこそこに撮ってくれるだろうというディズニーの目論見は見事に成立している.

主役ハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクは若い頃のハリソン・フォードを
少しは彷彿とさせるものがあるし、まだ人格的にも精神面でも“固まっていない”
ハンを演ずる.

無鉄砲で勢いだけ、深く考えることや読みを働かせないハン・ソロが本作を
通じて、段々と後日の“ハン・ソロ”に成っていく成長譚でもある.

そうそう、ハン・ソロという名前になるエピソードも披露されるのもサービスか?
孤児というのが定説だったが、本作では父親を語るシーンもあるのだけど、
あれはフェイクか?

永遠の相棒チューバッカとのなれそめや、SWエピ5「帝国の逆襲」で活躍?する
ランド・カルリジアンとの腐れ縁も明らかになるのも嬉しい.

なによりも、真新しいミレニアム・ファルコンに逢えるのもファンとしては至福の時?
エピ4で登場する時とは先端形状がかなり違うし、厚みやプロポーションもかなり違う.
歴戦で徐々に変化していく前のオリジナル形状とでも言おうか、とにかく綺麗だ.

ヒロイン:キーラとのなれそめや悲恋のいきさつも含め、女性の扱い方と恋愛の
処理?の仕方があいかわらず、スターウォーズ的(笑).
すれ違う愛情とはかない顛末…これ定番だね.

でも、その報われない愛の果てにキーラが今後の指示を仰いだ人が意外な人物.
たしかSWエピ1で死んでしまった、隠れ人気キャラの人.
時系列で言うならエピ1以前なのだろうか?

もっとも、SWクローンウォーズシリーズではその人物は生きていたことになっているから、
エピ1とエピ2の間という説もあるかも….
でないとハン・ソロが長生き過ぎてしまう…(笑).

キーラとその人物で又別なスピンオフでも作るだろうか?
たしか、スピンオフ小説『ダース・○○○ 闇の狩人』というのは存在するのだけど….
悪役が主役のスピンオフ作品も興味深いなぁ….

と果てしなく妄想が次々出てくる本作.罪作りだなぁ(笑).







カレー三昧(最近食べたもの)


今は、レトルト模索中.
野菜たっぷりの辛目とピリッとしたスープタイプが欲しい.
スーパーに行くたび買いあさっている.
味見はこれからだ.

そんな状況下で最近食べたカレーを.

先ずは、自作の野菜ごろごろカレー.
「野菜フライカレー」



ただでさえ野菜が多めのカレールーなのに、
野菜のフライに合わせたから野菜だらけ(笑).

ピリッと辛目に出来たルーは3食分くらい.
残2食は冷凍へ.また来週食べようっと♪


次は、有楽町ガード下のカレー専門店「C&C」.
はじめて入ってみた.

「ポークカレー辛口」



甘口・中口・辛口と選べる.
もちろん辛口をオーダー.

甘いルーに辛味オイルを追加するだけ、
一口目に舌が甘さを感じて、
そのあとジワジワと遅れて辛さがやってくる印象.

甘辛なのだ.好きではない.
やはりこの地ならよもだ蕎麦のカレーに尽きる.

540円也.


最後は、柏のカレー名店「ボンベイ」にて.

「豚カシミールカレー」





普通は鶏の極辛カシミールだけど、
“豚”でオーダー.

とにもかくにも超辛い….
一口、口に入れたなら、口内から舌が
麻痺するほどの辛さが押し寄せる.

後からジワジワ…ではなくて、
最初から走りっぱなしの辛さ.

気が狂うかと思う程の辛さに、
鼻も目も額も狂い、
鼻水は出っ放し、涙は止まらず、額からは汗が出放題….

こんなに辛いモノ許していいのか!
と言いながら、
ついつい3回に2回はこれをオーダーしちゃう.

周囲を見ても4人に1人はカシミールだ….

こんな辛さを緩和してくれるのは、
ポット一杯の水…、ではなくて
ホットなブラック珈琲と一口のカカオの効いたチョコなのだ.



不思議とこれでさっぱりの後味に
なってしまうから不思議だ.

まさにボンベイ・マジック!



900円に相応しい満足感….
今宵もご馳走様っ!






映画「ガザの美容室」…これもまた反戦の一つ.



原題:DEGRADE
制作年:2015年 制作国:パレスチナ/フランス/カタール 上映時間:84分


水曜は残業も無ければ、介護も無い曜日.しこしこと柏に出かけ早めの夕食を
名店ボンベイで.超超辛口のカシミールを豚でいただき、汗と涙で食べ終わる.
そしてキネマ旬報シネマで、珍しいパレスチナ映画を本年累積90本目に鑑賞.

パレスチナのガザ地区にある小さな美容室を舞台に、戦火の絶えない過酷な日常を
たくましく生きる女性たちの日常を描いたドラマ.

監督はガザで生まれ育った双子のタルザン&アラブ・ナサール.

パレスチナ自治区、ガザ.ロシア移民のクリスティンが営む美容室は、オシャレを
楽しむ女性たちでいつも賑わっていた.

離婚調停中のエフィティカールや兵士の夫が負傷しているサフィアをはじめ、
外ではヒジャブをつけていても、みなオシャレに余念がない.

彼女たちがいつものように順番を待ちながら四方山話に花を咲かせていると、
突然店の外で銃声が鳴り響くのだったが….

以上は<allcinema>から転載
--------------------------------


あのパレスチナで映画を…というのにも驚きだが、こんな作品上映の陰には必ずフランス
の資金や配給会社の名前があることに感心する.
自国以外のマイノリティに差し伸べる手段と心意気は尊い.

ヨルダン側と西海岸側に分断されるパレスチナにおいても、西海岸側に位置するガザは
ハマス派に支配されている.イスラエルとの争いもさることながら、穏健派ファタハとの内戦
も絶えない今の状況.そんなガザ地区に在るとある美容室が舞台.

様々な顧客の状況が段々と判るようなイントロダクション.
美しい店主はロシアからの移民.なんでガザに店を…と思っていると、作中でも自身で
「なんでこんな所に店を…」と嘆いてみせるのが他人事で笑える….

助手スフィアは恋人と仲たがいをしていて、スマホが手放せない.
その他離婚調停中のおばはんや結婚式直前の着付けに来た娘とぜんそく持ちの母親等々
種々の階層、思想をもった女性たちが、順番を待ちながら話に華が咲くさまはどこの国の
美容室でも見られる風景かもしれない.

が、ここはガザ、戦下の街なのだ.突然に始まる銃声や砲弾の雨.店の外では戦闘が
始まっているよう….急遽、店のシャッターをおろし外部からは侵入できないようにするが、
電気も止まり、臨時の発電機でしのぐ羽目に陥る.

極限状態の中、女性たちは平静を装うも、マニキュアを塗る手が震え、暑さにあえぐ….
そんな小さな美容室の中で女同士の諍いが始まる.

すると1人の女性が言う.「私たちが争ったら、外の男たちと同じじゃない」
…いつでも戦争をするのは男たちで、オシャレをする、メイクをする.たわいないおしゃべりを、
たわいない毎日を送る.それこそが、彼女たちの抵抗なのかもしれない.

そんな女性たちの中でのいざかいの元は…自己中の振る舞いであったり、特権へのねたみ
であったり…と男性との場合とあまり差はないような気もするがどうなんだろう?

個人的には、この騒動を起こす離婚調停中のエフィティカールの外観が生理的に受け
付けなくて困った.年老いても綺麗な役柄、なのだろうけど痩せ衰えた首筋や顔が…
ごめんさいなのだ.欧州の作品でも顔を見る女優さんなのだけど、こんな醜い姿で登場とは….

逆に好印象だったのは、女性だけの室内でもヒジャブを外さない、生まれてから
一度も髪を切ったことが無いという女性.時折かかってくる携帯の内容から、出来の悪い
夫持ちとは判るのだが、美容室内でのゴシップ好きの友人の掛ける言葉への反応が面白い.

敬虔なモスリムならではの信心からくる正当なセリフの羅列が、なぜか一般的な常識人と
して映る.これが平均的なモスリムなのであろう…と思いたい.

かいまに見える、美容室の外の戦闘の有様は悲惨そのもの.
最後に映る助手スフィアの恋人が息絶えるさまと、彼が同伴していたライオンの死に顔が
その美容室外での凄惨な状況を好対照で表していて、これもまた優れた反戦映画と認識した.






2018年上半期の映画の振り返り





もう7月の声がもうすぐそこまで来ている.
時間の経つのは速いもの、年齢がいくと特にその感は強くなる.

だらだらと今年も観まくった映画作品の振り返りでもしておきましょう.
まだ6月末まで観るだろうけど、上半期観た89本作品から
今回は邦画、洋画それぞれお気に入りを3本ずつセレクトした.

選ぶのに苦労は無かった.いつものように5本選ぶ必要は無かった.
上半期は、はっきり言って低調だった?


まずは好きな邦画から.(題名をクリックするとそのレヴユーに飛びます)


「今夜、ロマンス劇場で」

とにかく泣かされた.
上手い脚本と真摯な演技者たちの演技.
映画愛に溢れているのも良い….
盛りを過ぎた綾瀬はるかの代表作かも.

89本観た中でのいまだ一等賞.
これは宝の作品だ.



新星斉藤巧監督の記念すべき長編初作.

短い尺に凝縮した旨味有り.
売れ筋の役者たちの肩の力の抜けた演技.

後に残る余韻を味わえる作品.




賞を取ったどうのに関係なく、
是枝流の昇華した味わいの作品.

役者の旨味をことごとく引き出す凄さ.

それでも「歩いても、歩いても」の方が好き(笑).





洋画も選ぶに苦労はしなかった.
好きになった3作品を.
(題名をクリックするとそのレヴユーに飛びます)

小気味よいテンポ、美しい旋律、
見事な歌唱、そして踊り….
全てがエンターテイメント!

楽曲の出来の良さも印象的.
未だ車の中でこれらの曲が響き渡る…(笑)



不条理に対する得体のしれない怒りと
いらだちの表現が秀逸.

誰も悪くは無いけど噛み合わない人生.
そして、最後に残るは寛容性、いやあきらめ?





「君の名前で僕を呼んで」

瑞々しい感性の作品.
こんなに美しい男性同士の愛を
寛容さで包み込む家族の存在が驚異.

北イタリアの田舎の風景描写も見事.





次点は、「ロープ 戦場の生命線」


以下に備忘の為に今年上半期の鑑賞作品名を記す.

001.スター・ウォーズ最後のジェダイ…再び 002.フラットライナーズ
003.ヒトラーに屈しなかった国王 004.キングズマン・ゴールデンサークル
005.ジャコメッティ最後の肖像 006.嘘八百  007.永遠のジャンゴ
008.ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ 009.ジオストーム
010.ルージュの手紙 011.嘘を愛する女 012.静かなふたり
013.南瓜とマヨネーズ 014.DETROIT 015.祈りの幕が下りる時
016.ダークタワー 017.不能犯 018.スリー・ビルボード 019.アバウト・レイ 16歳の決断
020.羊の木 021.マンハント 022.今夜、ロマンス劇場で 023.ロープ 戦場の生命線
024.花筐HANAGATAMI 025.ローズの秘密の頁(ページ) 026.グレイテスト・ショーマン
027.グレイテスト・ショーマン再び 028.パターソン 029.ウィスキーと2人の花嫁
030.空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 031.ベロニカとの記憶 032.ブラック・パンサー
033.シェイプ・オブ・ウォーター 034.ラーメン食いてぇ 035.殺人者の記憶法
036.北の桜守 037.去年の冬、君と別れ 038.ちはやふる-結び-
039. 今夜、ロマンス劇場で 再び 040.トゥームレイダー・ファーストミッション
041.犬猿 042.坂道のアポロン 043.ライオンは今夜死ぬ 044.レッド・スパロー
045.トレイン・ミッション 046.ヴァレリアン 千の惑星の救世主
047.ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 048.ペンタゴン・ペーパーズ
049.聖なる鹿殺し 050.パシフィック・リム/アップライジング 051.勝手にふるえろ
052ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 053.アンロック/陰謀のコード 
054.いぬやしき 055.ロンドン、人生はじめます。 
056.アヴェンジャーズ・インフィニティウォー 057.娼年 058.ハッピーエンド 
059.ビガイルド 欲望のめざめ 060.レディ・プレイヤー1 061.君の名前で僕を呼んで 
062.リメンバー・ミー 063.ミッドナイトバス 064.ホース・ソルジャー 
065.ワンダー・ストラック 066.ラプラスの魔女 067.ピーターラビット
068.GODZILLA 決戦機動増殖都市 069.弧狼の血 070.ゲティ家の身代金
071.犬ケ島 072.友罪 073.のみとり侍 074.モリーズ・ゲーム 075.blank 13
076.恋は雨上がりのように 077.女は二度決断する 078.タクシー運転手
079.君への距離、1万キロ 080.万引き家族 081.羊と鋼の森
082.家へ帰ると妻が必ず死んだふりをしています 083.レディ・バード 084.サバービコン
085.ファントム・スレッド 086.フジコ・ヘミングの時間 087.猫は抱くもの
088.男と女モントーク岬で 089.空飛ぶタイヤ



.


[副長日誌補足]

今夕は予約投稿有りません.




旨いビールを求めて五反田へ@The Legend 五反田




日曜の夕方、邦画を観た後は
五反田に旨いビールの店が開いたと聞き
さっそく襲撃っ!



ずらり並んだビールのコック(注ぎ口).
全部は飲みきれないなぁ(笑)


まずは、サッポロ製の「エーデル・ピルス」で乾杯!



すっきりした飲み味は1杯目にふさわしい.
渇いたのどにスイスイ入っちゃう♪


「本日のサラダ」



豆だらけのビーンズ・サラダ.
バルサミコベースのドレッシングが効く〜!
豆の甘味でちょうど差し引きゼロの味.


「北海道産鱈のフィッシュ&チップス」



ドーンと1尾丸ごとのフライ.
下敷きに熱々ポテトフライ.

英国産の黒ビネガーにちょん漬けでいただく.
鱈の自然なうま味が活きるなぁ….

ポテトの甘さは濃いめのビールが良く合う.
すかさず、2杯目は
「京都レッド・ペール」



濃いのだけど飲み口爽やか.
香りも高い….
う、美味いっ!!!


ビールときたらやはりソーセージだよねぇ.
「ジャーマンフランク」



久九から仕入れたフライドガーリック風味の
粗挽きジャーマンフランクを熱々でいただく.

さっぱりのザワークラウトも付け合せにはピッタリ.
姑息ながら、パセリは副長の大好物♪
あの臭み、えぐみがたまらない.


すかさず、もう3杯目.
「箕面ビール スタウト」



ピントが奥の盗撮者君に合っちゃったね.

さっぱりからだんだん濃くしていくのが
副長のビールの飲み方スタイル.
〆はだいたい黒ビールなんだな.


食べ物の〆はピッツァ.
「バジルと松の実のピザ」



イタリアンのジェノバ(バジルと松の実)ソースをベースに
大胆にバジルと松の実をのせてある.
この店の定番人気メニューだそう.

松の実の甘さがほどほどで、
香ばしいピザ.あっさりしてるので
いくらでも食べられる感じ.


この日はサッカーWCの日本・セネガル戦の夜.
さすがにお客も少ない環境でのんびり
店のスタッフとサッカー談義….

緩やかな時間と美味しいビールをご馳走様!






映画「空飛ぶタイヤ」



制作年:2018年 制作国:日本 上映時間:120分


恒例の“1100円で邦画を楽しむ友の会”は有楽町の丸の内ピカデリーへ進出.
久々の大型劇場だね.2階席もあれば、床が階段ではなくゆるやかなスロープなのには驚く.
副長としては本年累積89本目の鑑賞.

WOWOW製作の連続ドラマ版も好評を博した池井戸潤の傑作企業小説を
長瀬智也主演で映画化した社会派ヒューマン・サスペンス大作.

ひとつのリコール隠し事件を題材に、事故原因が自社の整備不良だと疑われ
窮地に陥った弱小運送会社社長が、その汚名をそそぐべくたった一人で真相究明に
奔走する中で、やがて思いも寄らぬ大企業の巨大な闇に直面していくさまを
豪華俳優陣の共演で描き出す.

共演はディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、笹野高史、岸部一徳.
監督は「超高速!参勤交代」の本木克英.

ある日、1台のトレーラーが脱輪事故を起こし、歩道を歩いていた子連れの母親が
外れたタイヤの直撃を受け死亡する.製造元のホープ自動車は、事故原因を
所有者である赤松運送の整備不良と決めつける.

社長の赤松徳郎は世間やマスコミの激しいバッシングを受け、取引先を次々と失った上、
銀行にも冷たくあしらわれ会社は倒産寸前に.

それでも自社の整備担当者を信じて独自に調査を進め、ついに車両自体に
欠陥があった可能性に辿り着く赤松だったが….

以上は<allcinema>から転載.
--------------------------------


多少のフィクションも入るが、題材は事実に基づくドラマだ.
この不祥事以外にも問題だらけで、ついに同じ財閥系銀行からも見放され、
一昨年前にNR系列に吸収されたM菱自動車の起こした事件だ.

タイヤで亡くなった母親の報道から随分と時間が経ってから明らかにされたリコール
隠しに愕然とした覚えがある.あってはならない会社ぐるみの犯罪事例だ.
ものこそ違えど、同じモノ作りの会社に勤める身としては身につまされるような
あらましが描かれる.

長瀬智也はすっかりおっさんとなったものだ、終始窮地に追い込まれる弱小運送店
の社長を演ずる.それを支える気丈な妻にフカキョンはミスキャストだろう(笑).

他にもいまどきの売れっ子役者を配してはいるが、あざとい所は微塵もなく、丁寧に
原作通り作ってある感じがする.

堕落した品証部門に社内で反抗する人間の存在が救い.上手く立ち回る者も
居れば、正面から大波を受ける者ありで、今更ながらこの会社のコンプライアンスの
堕落さには驚きを得ない.

トラブルは起きる.人命にかかわることもあるだろう.一旦起きたら謝罪し原因究明し
モノとことの処置をきちんととる事の大切さは言うまでもない.

企業は顧客と社会に貢献するを命とする…大半の会社はそうするはず.
こういう作品は全ての会社人間に観て欲しいなぁ.

ラストチューンはサザンの『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』.
珍しく詩が聞き取ることが出来る曲.だが相変わらず詩の中身は意味不明だ(笑).

このバンド40年間嫌い続けている.
最後の1曲で大バツの作品の印象(笑).







会社の甘いモノ倶楽部状況(2018年05月編)


このところ、掲載をサボりすぎた.
5月の会社の甘いモノ倶楽部の活動状況.

先ずは、お隣の女史から
「抹茶小枝」



小さくても、ちゃんと濃い抹茶の味….


部長の故郷土産.
「海老せんべい」



ちゃんと中央に海老が入っているから驚き!
甘いモノじゃ無いけどね…(汗).


来る時はいっぺんに来ちゃうもの…
「たこちりめんせんべい」とクッキー類.



たまのしょっぱいせんべいも乙なもの.


どこの土産だろう?
「いのちのケーキ」



抹茶味の外皮にカスタードクリーム.
変わった取り合わせ?


仙台旅行の土産モノ
「咲くサク桜」



サクッとした食感の桜色チョコ掛けのクッキー.
甘過ぎず、美味しゅうございました♪





ベトナム出張帰りの土産モノ
「ベトナム・ヌガー」



ぬめっとした食感と甘さ…♪


山形の旅の土産.
「ラ・フランス・ミニパイ」



サクサクの食感の隙間に
ほのかな、ラフランスの香りが….


今回もご馳走様でした.

最近副長からの提供が無いなぁ…(笑).







映画「男と女、モントーク岬で」…今ならもっと上手に愛せる?



原題:RETURN TO MONTAUK
制作年:2017年 制作国:ドイツ/フランス/アイルランド 上映時間:106分


日曜の朝は早出で柏のキネマ旬報シネマへ.観たかったドイツ作品を朝一番に観る.
本年累積87本目の鑑賞. 

「ブリキの太鼓」「パリよ、永遠に」の名匠フォルカー・シュレンドルフ監督が、
スウェーデンの名優ステラン・スカルスガルドと「東ベルリンから来た女」の
ニーナ・ホスを主演に迎え、ニューヨークで撮り上げた大人の愛の物語.

新作を携え、ニューヨークを訪れた作家が、忘れられないかつての恋人のもとを訪れ、
やがて2人で思い出の岬へ小さな旅へと向かう中で、静かに露わとなる男と女のすれ違い
の行方を切ないタッチで綴る.

新作のプロモーションのためにベルリンからニューヨークにやって来た人気作家のマックスは、
17年前にこの地で恋に落ちたかつての恋人レベッカのことが忘れられず、弁護士として
成功していた彼女のもとを訪ねることに.

しかしレベッカは戸惑うばかりで、すげなく追い返されてしまう.ところが後日、レベッカの
ほうからモントーク岬への旅に誘ってきた.そこは2人にとっての思い出の場所.
未練を断ち切れないマックスはにわかに期待が高まるのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
------------------------------


配給会社名“Goument”を見て懐かしさがこみ上げてきた.
仏の配給社で、フランス在住の時アパートのすぐ近くにGoumentの映画館があった.

当時は、仏語のレベルに問題があり、吹替えの仏語が理解出来ない為、あんなに
映画好きなのに、1回も観に行かなかった.4年間映画を観なかった時期が存在する
のはそのせい.そんな想いでの“Goument”なのだ.

さて、NYが舞台なのだけど在欧あるいは出生が欧州の役者の演技、監督が欧州出身
のためか、とにかくヨーロッパの香りがする作品.特に主役ステラン・スカルスガルドの
衣装ったら…あか抜けないこと極まりなく、欧州の田舎者の匂いプンプン.

あまりにひどいので.作中でマネージメント・エージェントが手伝ってブティックで洋服を
買いそろえる始末.でも、あか抜けないのは着る人側の問題か?

主人公は父から教わったことで、“やってしまって後悔することより、やらずに終わって
しまった事の後悔の方が大きい…”という言葉が忘れられないでいる.

そのことは彼が書いた小説にも告白するように書いてある.
想いを遂げられなかった女性との想い出が綴られていて、
それをNYでも朗読の会を催しに来て滞在している.

そこで旧知の知人を通じてその女性の勤め先、住所を探しだしストーカーまがいの行為に
走ってしまうのは、出来なかったことへの後悔のなせる業か?

NYで企業向け弁護士を営むレベッカ役にニーナ・ホス…最初の登場の姿が印象的.
NY高層ビルに在る事務所からEVで降り立って、セキュリティ・ゲイトを通り抜けるその姿!

黒のタイトなスーツにスリットが大胆なスカート…知的さ、セクシーさ申し分なしのレディ.
ステラン・スカルスガルドじゃなくても、“忘れられない”女性を見事に演じている.

その後の彼女のスカルスガルドに対するツンツンの態度、明らかに避けているのだけど…、
どこかに彼を懐かしむ雰囲気を醸し出している.このあたりのニーナ・ホスの演技は秀逸.

NY滞在も残り少なくなったある日、突然彼女からロングアイランドの先端へ行かないか、
とのお誘いがくる.そこって、二人の想いでの土地「モンターク岬」を指し示す.

つんつんがデレデレに変わった動機を疑心暗鬼ながらも、彼女の車に同乗する.
そこで彼女の車がメルセデスのGLC300.知的でハイソな雰囲気で、しかも
ブルジョアさを感じさせないSUVだね、製作者のセンスの良さが光るチョイスだ.

往路の車中で繰り広げられる過去の悔いの話しに、イラつく彼女.
モンターク岬に着き、乱暴に砂浜に車を乗り入れ狂ったように走る…4MATIC仕様なのに
スタックして動かなくなる.

加えてその岬で訪ねる予定の別荘も翌日にしか開かないことで
岬のモーテルで一泊することになってしまう.そこで発生する男と女の営み.

それでも、男の執拗な新しい生活への提案を女は拒み続ける.
男は過去に引きずられて、女は過去を捨て明日に生きる….

未練を引きずるステラン・スカルスガルドの演技に冴えや切れはない.
転じてニーナ・ホスの美しいこと….
外観もそうだけど内面からくる美しさが演技できてるところが凄い.

捨てられたステラン・スカルスガルドが向かう先は元の女のところ.
が、彼女だって彼を見きっている….

男って愚かでかわいいねぇ(苦笑).

アラフォー、アラフィフ世代の大人の恋の描き方が素敵な作品.






映画「猫は抱くもの」…うーん、抱いてみたい.



制作年:2018年 制作国:日本 上映時間:109分


土曜の介護の隙間を使って、Movix柏の葉で観てみた.本年累積87本目の鑑賞.

大山淳子の同名連作短編集を「グーグーだって猫である」「ゼロの焦点」の犬童一心監督、
沢尻エリカと吉沢亮の主演で映画化.

元アイドルのこじらせアラサー女子と自分を人間だと思い込んでいる猫の恋の行方を
舞台劇やアニメーションを織り交ぜハートウォーミングに綴る.
共演は峯田和伸、コムアイ、岩松了.

元アイドルで今はスーパーで働く妄想好きのアラサー女子、沙織.
思い通りにならない人生に、すっかりこじらせてしまった彼女が唯一心を開くのは、
ロシアンブルーの猫・良男だけ.

毎日、沙織の妄想混じりの話を聞かされていた良男は、いつしか自分を彼女の人間の
恋人と思い込むように.

そんなある日、沙織はゴッホと呼ばれる売れない画家の後藤保と出会い、心惹かれていく.
一方、良男のほうはひょんなことから外の世界に飛び出して迷子になってしまうのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
-------------------------------


好きな猫モノというのもあるが、実は沢尻エリカが好き.
10年ほど前は、宮崎あおい、蒼井優、そして沢尻エリカがきっと将来の大物三女優に
なると信じて疑わなかった.

その後、先の二人は順調にキャリアを重ね大物女優の道に乗っているのは疑いも無い.
沢尻はどこで道を間違えたのだろう…? 美貌とスタイルには三人中最も恵まれたし、
演技力だって遜色ないと副長は思っていた(過去完了形だ).

なにか取り残された感が強いアラサー女優になってしまった.
今回はそんな沢尻エリカにピッタリの役柄.

元アイドルグループ “SUNNIES” の端っこで唄い踊っていた沙織、
落ち目になり解散した挙句のスーパー勤め.
未練たらたらで、一人カラオケしたりして、過去の栄光に浸っている始末.

そんな沙織の愚痴のはけ先は飼い猫ロシアンブルーの良男.
毎夜話かられ、抱きしめられ、自分は人間の恋人(吉沢亮)だと思い込んでしまっている.

そんな猫たちが集う舞台形式のパートが不自然極まりない.なにか劇団四季の“CATS”
を思わせるシーンだが、だれも猫の恰好をしていないので、猫たちの会話にちっとも見えない.

沙織が気に掛ける画家の“ゴッホ”:峯田和伸に飼われる猫役に、今話題の「水曜日
カンパネラ」のコムアイ.特別にソロで歌うシーンまでおごられちゃうのには???

結局は、アイドル復帰、歌手への夢を捨て去って、生き直す所までのヒロイン再生譚なの
だけど、極めて完成度は低い作品.
沢尻の美貌だけが強調された感がある.