FC2ブログ

映画「家族を想うとき」…ケン・ローチらしい訴求力.


映画家族を想うとき
原題:Sorry We Missed You
制作年:2019年 制作国:イギリス・フランス・ベルギー合作 上映時間:100分


土曜日はちょこっと掃除したり、布団を干したり、年賀状を仕上げたり.父の分も
やっと写真入りで完成した.親類縁者に元気なことを伝えないとね.
そんな諸事を片付けてまたまた柏のキネマ旬報シネマへ.
評判の英国製社会派ドラマを本年累積222本目の鑑賞.

「麦の穂をゆらす風」「わたしは、ダニエル・ブレイク」と2度にわたり、カンヌ国際映画祭の
最高賞パルムドールを受賞した、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督作品.
現代が抱えるさまざまな労働問題に直面しながら、力強く生きるある家族の姿が描かれる.

イギリス、ニューカッスルに暮らすターナー家。フランチャイズの宅配ドライバーとして
独立した父のリッキーは、過酷な現場で時間に追われながらも念願であるマイホーム
購入の夢をかなえるため懸命に働いている.

そんな夫をサポートする妻のアビーもまた、パートタイムの介護福祉士として時間外まで
1日中働いていた.家族の幸せのためを思っての仕事が、いつしか家族が一緒に顔を
合わせる時間を奪い、高校生のセブと小学生のライザ・ジェーンは寂しさを募らせてゆく.

そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれてしまう.
2019年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品.

以上は《映画.COM》から転載.
————————————————————————


社会派と言われるケン・ローチ監督、「わたしは、ダニエル・ブレイク」では社会組織の
非と闘う個人を描いていた.今回は特定の組織や制度ではなく、社会全体の仕組みの
矛盾と問題を指摘する.重苦しく、決して楽しい作品では無い.

主人公リッキーが効率よく稼げるという謳い文句の宅配ドライバーの仕事に就く
面接のシーンから物語は始まる.面接に於いても既に言い訳が散りばめられており、
負け犬の雰囲気がありありと伝わって来る.

雇い主は、フランチャイズの「個人事業主」として運送サービスを提供し、給料ではなく
運送料を受け取るという契約だと.「勝ち組になるのも負け組になるのも自分次第」と
言い放ち、リッキーの“言い訳”などまるで眼中にない.

宅配に使うバンを購入するのに、頭金として妻の仕事に必要な車を手放してしまう.
思慮の無さ、短絡的な考え方しかできない主人公.されど真面目に働く.どんどんと
家族と一緒に過ごす時間は加速度的に無くなっていく….

一方妻も介護士の仕事に毎日追われていて、小学生のジェーンの送り迎えや食事の
世話も滞りがちな状態.過酷な介護士の労働条件がかいま見える.こんな部分は
自らの経験で十分承知している.イギリスも日本も同じ状況なのである.

小さな機械端末に管理される宅配ドライバー達.社会に置き去りにされた老人達.
利益を生まなければ無駄として切り捨てられる現代社会への訴求力は鋭い.

何かが少しずつ歪み、噛み合わなくなっていき、この物語のリッキー一家も、
両親が家族との時間を取れないがために、負の連鎖に巻き込まれていく.

非行に走る高校生の息子セブに振り回されて、急遽、休みを取ったがために
配送サービスでの収入が入らない上に、罰金が科せられるシステムにはまってしまう.
加えて、宅配便を狙う強盗に襲われるリッキー….

疲弊した労働者、冷酷な効率優先の雇用主、そのどちらの立場もが我々自身にも
重なって見えてくる.現代の利便性と効率化を突き詰めた先に一体何があるのか?

「このままで良いのか!」とケン・ローチ監督は、この人間性を失いつつある社会の構図に、
怒りをこめながらも、リッキー一家の姿を通して、淡々と見せつける.

いつものケン・ローチ流で主人公リッキーは真面目だが、欠点だらけに見える.
自ら贔屓のサッカーチーム:マンUのことで顧客と言い争いしたり、視点が狭視なのが
気にかかる.大体がサッカーチームの刺青を派手に腕にしていること自体、はずしている.

妻への態度、言動、子に手を上げる、思い込みの多い行動…なるべくしてなってしまう
なと思いたいような主人公のキャラが社会の矛盾を突くのに、抵抗力となっている気が
しないでもない.

邦題も悪くは無いが、原題は秀逸だ. “Sorry We Missed You.”
宅配業に於いて使う不在通知の題“ご不在でした”の意味と、家族が父親に
“あなたが居なくて寂しい”の意のダブル・ミーニングだ.

今の社会への痛烈な異議を謳う社会派ドラマとして訴求力を持つ作品.
今年の最後に良作で締められて大満足、来年の観賞ライフに弾みがつく?






スポンサーサイト



映画「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」


映画T-34-02
原題:T-34
制作年:2018年 制作国:ロシア 上映時間:113分


父の介護が終わったらもう20時近く、帰り道の柏で寄り道(笑).またもキネマ旬報に.
ちょっとマニアの間で話題になっている戦車ものを本年221本目の鑑賞.

第2次世界大戦時、ナチスの捕虜になったソ連兵が、たった4人の味方と一台の
戦車で敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦争アクション.

「太陽に灼かれて」の名匠ニキータ・ミハルコフが製作を務め、撮影にはT-34の
本物の機体を使用した.第2次世界大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて
出た前線の戦いで敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう.

イヴシュキンが戦車の指揮をしていたことを知った敵軍は、収容所で行われている
ナチスの戦車戦演習のため、ソ連軍の戦車T-34の操縦をイヴシュキンに命じる.

しかし、与えられたT-34は実弾を装備せず、演習では敵の砲火から逃げ惑うこと
しかできない.確実に死が待ち受ける演習を前に、T-34の整備を命じられた
イヴシュキンは、仲間とともに無謀な脱出計画を立て、実行に移す.

以上は《映画.COM》から転載.
———————————————————————


最近の戦車ものというと、アニメの「ガルパン」なのだけど、これはやはりアニメ、
戦車の表現が誇張されている.T-34なんて軽車両みたいに闊歩しちゃうもんね.
実車のT-34が本作では主役、その実態がよく判る.

なんで、こんなにマニアにうけているかというと、主として発砲表現がリアル.
「バーフバリ王の凱旋」のVFXで知られるスタジオ「Film Direction FX」が携わり、
最先端の映像技術を結集されている.撃たれた砲弾が螺旋回転しながら、
スローモーションで標的に向かって行く表現が秀逸.

映画T-34-01


劇中の「T-34」は全て本物の機体が使用され、俳優陣が自ら操縦したという.
車内の狭さはともかく、俳優の表情がよく撮らえられている.意外にも車内を
動き回り、砲塔横や後ろのハッチから外に出入りできるのが描写されている.

ストーリーは単純で、たった4人の捕虜で、1両の戦車で、6発の砲弾だけで、…と
いう過酷な条件において、ドイツからポーランドへの脱出を描写する.

そんな絶望的な状況を吹き飛ばすかのように、かすり合いながら交差する砲弾、
ドリフト旋回し、砲塔を限りなく全力で回転させて相手を狙う様が映し出されており、
臨場感にあふれたスリリングな映像が連続する.

ガルパンもそうなのだけど、戦車道は騎士道に通ずるのか、妙なシーンも多い.
攻撃される最中に、「5分待ってくれっ!」がまかり通るとか、すれ違えないような
橋の両端で、まるで真昼の決闘みたいに対峙するとか.

挙げ句の果て、橋から落ちるパンツァーの車長:イェーガー大佐にイヴシュキンは
手を差しのべるが、一旦手を握ったイェーガー大佐は手を離してパンツァーと
供に落ちていく.潔い最期を愛車と供に?へんな騎士道じゃん.

ロシアが描くドイツ軍将校のイメージが改められた気分.
スリリングな戦闘シーンは良いのだけど、なにか鑑賞後がスッキリしない作品.



映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」…2回目の観賞


映画スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け02
原題:STAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER
制作年:2019年 制作国:アメリカ 上映時間:142分


1ヶ月フリーパスをゲットしたから早速悪用? 金曜の父の介護前にTOHO柏で観賞.
2回目は趣を変えて、MX-4D字幕版で観賞.本年累積220本目.

2017年に公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の続編にして、
1977年に「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」が全米公開されて以来、
スカイウォーカー家を軸に42年にわたって語り継がれてきた壮大な「スター・ウォーズ」
サーガの完結編となるスペース・アドベンチャー超大作.

キャストはデイジー・リドリー、アダム・ドライヴァー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザックら
レギュラー組の続投のほか、ルーク役のマーク・ハミルも再登場、さらにビリー・ディー・
ウィリアムズ、イアン・マクダーミドが久々のシリーズ復帰を果たした.

また、2016年に他界したレイア役のキャリー・フィッシャーも過去に撮影された
未公開映像を使用して出演となった.監督は新3部作の1作目「フォースの覚醒」を
手がけたJ・J・エイブラムスが再登板した.

以上は《allcinema》から転載.
——————————————————————

4DXは相変わらずのこけおどし、作品の感動に何ら寄与するものがない.
存在価値があるのだろうか? 3D効果も奥行きが広がるタイプ、手前には
ほとんど出てこない.これもメガネがある分だけわずらわしい.
結論として2D字幕で十分.DolbyATMOS版の方が音響分良いかも?

さて2度目の鑑賞は、ゆっくり細部にこだわって…と思ったが、案に反して
やはりストーリーにのめり込んでしまう.J・J・エイブラムスらしい上手いくくり方
だと思う.8割方の観客が納得すれば佳しだろう.

改めてレイ演ずるデイジー・リドリーとベン演ずるアダム・ドライヴァーの演技が
上手くなっていることを感じた.エピソード7〜9間の進化が著しい.特にアダム・
ドライバーはこの間に種々の作品に出演した実績と蓄積の成果が著しい.

エピソード7直後に亡くなってしまったキャリー・フィッシャーの登場はCGかと
思いきや、ほぼ実録だそう.上手い繋ぎだし素晴らしい演技だった.思えば
エピソード4でのあのピチピチした「姫」がこんな老女になってまで出演しまう
シリーズ作品はそうそう無い.

それに比較すると、エピソード7からの出演のサブキャラ、ジョン・ボイエガや
オスカー・アイザックの存在感は少し薄い気がする.ただ、ポー:アイザックの
役柄には、初期のハンソロに通じる抜け感があって、もっと多用すれば面白かった
のかもしれない、なんてね.

いまやCG全盛の時代ゆえ、アクションシーンやスペースシーンに驚きや感動は
無いのだけど、スター・ウォーズ特有の“絵になるシーン”は健在で、墜落して海に
沈むデス・スターの半月映像や不時着したミレニアム・ファルコンのシーンは
心に刻まれる映像であった.

そうそう、このクリスマスの娘夫婦からのプレゼントが1/144のミレニアム・ファルコン
のプラモデルだった.

ミレニアムファルコン01

ミレニアムファルコン02

過去海外メーカー製もあったのだけど、これは日本製バンダイのモノ.
精度も申し分ないし、細かいパーツが多いのが特徴.

課題はこれはエピソード4時代のファルコン.そのご種々の変遷があり、改造されて
いることをご存じだろうか.これをエピソード9仕様に仕上げられたら素敵なのだけど、
腕と視力がついていくか?
ちなみに副長は大学で模型研究会を主催したほどの腕の持ち主でした(過去形).

おっと、横道に外れてしまった.
2回観ても、エピソード8の最後に出てきた箒をフォースで操る少年の謎は
全く解けなかった.違う監督に任せるからこういうことになるのか?それとも
ディズニーの陰謀、スピンオフ用の仕掛けか??

もう1回、ATOMOS版辺りで観ても良いかなぁ.



笑えない理由


ちこちゃん怒る01



ツイッターをいつも見るほど熱心ではないのだが、こんなのを見て気になった. 
「ツイッター見てると毎日毎日なにかに怒っていて、しかもその怒りの内容が
日替わりってヒトがけっこういて、そんなにいろんなことに毎日怒ってばかりいて、
長い人生なのに健康大丈夫なのでしょうか?」

余計なお世話にしかないのだけど、気になるのはこの種の「他人の怒りを嘲笑する」
タイプのつぶやきは、現代のSNS社会における最大多数の声なのかもしれないから.

この種のつぶやきに「いいね」をつけることでやんわりとした支持を表明しているのは、
「怒り」や「ギスギスしたもの言い」や「対抗的な言説」や「批判的な立場」を、
内容の如何にかかわらず、「円満な人々による円滑なコミュニケーションをかき乱す
ノイズ」として排除しようとしている人々だと思う.

「ギスギスした人たちっていやですね」
「うーん.議論ばっかりしている界隈ってあたしちょっとNGかな」
「ものごとの良い面を見たいよね」
「そうだね。誰かの悪い面だとかなにかの欠点をあげつらう前に、
共通のうれしいポイントを見つけたいよね」
「最低限ニコニコしてるってことが条件なんじゃないかな」

冗談じゃない!こんな調子で無限にうなずきあっている人たちだけで、
この世界が動いているととは私は思っていない.
いつもニコニコなんかしちゃいられないのだ.

世界は、不満を持った人間や怒りを抱いた人間が突き回すことで、
はじめて正常さを取り戻すと信じている.
そこで、最近の私の怒りの一例を….


性的暴行を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBSワシントン支局長の
山口敬之氏に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は12月18日、
山口氏に慰謝料など330万円の支払いを命じた.

記事を読む限り、裁判所は伊藤さんの側の主張をほぼ全面的に認めている.
一方、山口氏は「伊藤さんに名誉を棄損され、社会的信頼を失った」などとして
1億3000万円の損害賠償や謝罪広告を求めて反訴していたが、棄却された.

判決では「(伊藤さんが)自らの体験を明らかにし、広く社会で議論をすることが
性犯罪の被害者をとりまく法的、社会状況の改善につながるとして公益目的で
公表したことが認められる.公表した内容も真実である」としている.

判決のこの部分には、万感がこもっている.この一文は、性被害に苦しむ女性のみならず、
様々な困難に直面している様々な立場の人々に勇気を与える得難いセンテンスだと思う.
東京地裁の英断と勇気を誉めたたえたい.

私が怒り狂ったのは、この判決を受けた山口氏の会見.

・伊藤さんは性犯罪被害者ではありません.
・本当に性被害に遭った方は、伊藤さんが本当のことを言っていない……
それから、 たとえば、こういう記者会見の場で笑ったり、上を見たり、テレビに
出演してあのような 表情をすることは、絶対にないと証言してくださった人が居ます….

なんという論理の無い、問題のすり替えの発言なのだろう.
要は 「性被害に遭った女性は、人前に出られないはずだ」 「堂々と海外のメディアに
自分の性被害を語れるのはおかしい」という根拠なのだ.

なにか踏み間違えていると確信させる発言だ. 裁判所が、判決文の中で、
ダメを押すカタチの言い方で伊藤さんの告発の真実性に太鼓判を押してみせたのは、
このケースが、刑事で不起訴になっていることを踏まえた上での判断だと思いたい.
司法の意地を見た気がする.

というのも、「週刊新潮」などが、すでに何度か報じている通り、今回、東京地裁が
判決を下したケースは、実は、2015年の4月に伊藤さん本人によって告訴状が
出されていた刑事事件でもあったからだ.

伊藤さんによる告訴状は、2015年の5月30日に警視庁の高輪署が受理し、
16年の6月8日には、東京地裁が逮捕状を発行している. ところが、この逮捕状は
執行されなかった.

高輪署が逮捕しなかったことについて、「週刊新潮」(新潮社)は2017年5月25日号
で、高輪署員が成田空港で帰国する山口氏を待ち受けていたところ、当時の
警視庁刑事部長だった中村格氏(現・警察庁長官官房長)が「本件は本庁で預かる」
と主張したため、逮捕が取りやめになったと報じている.  

同年7月22日、東京地検は山口氏の準強姦被疑事件を嫌疑不十分で不起訴処分
とした.以降、伊藤氏は検察審査会に不服申し立てを行ったが、ここでも不起訴処分
相当となり、伊藤さんは民事訴訟を起こした.

つまり、伊藤さんが、今回、民事で損害賠償を求める訴訟を起こしたこと自体が、
逮捕状が執行されず、刑事での告訴が不起訴に終わったことを受けての「最後の手段」
だったということだ.

ちなみに、成田空港で待機していた高輪署の警察官たちの行動をおさえて、
逮捕直前に逮捕状の執行を阻止した責任者である中村格警視庁刑事部長(当時) は、
一部で「官邸の番犬」と呼ばれるほど総理周辺と関係が深い警察官僚であったと
言われている.

山口氏は、「総理」(幻冬舎2016年)、「暗闘」(幻冬舎2017年)といった、
いわゆる「安倍晋三本」の著者であり、2016年当時は、安倍晋三首相に最も近い
ジャーナリストとして知られていた人物.

それゆえ、2016年の時点で決断された山口氏の逮捕の中止が、官邸の意を受けた
措置ないしは、総理の意向を忖度した結果だったという見方は、いまだに消えていない.

ともあれ、今回の会見の山口氏は、世間の空気を読みそこねている.

原因はご自身が閉鎖環境の中で暮らしているからだと思う.
つまり、山口氏はあまりにも 自分と似た考え方の仲間に囲まれて暮らしているがために、
自分の考えの異常さに 気づくことができなかった.

そのお仲間たちも、せっかく擁護のためにセッティングした記者会見の中で本人が
持ち出す論陣の非常識さを事前にチェックすることができなかった.

私が本当に憂うべき、怒っているのは、これを異常だと思わないとんでもない
人々のお仲間が、日本の中枢に座を占めていることだ.

私はいまだに、この中枢に50%近い支持率を示す、この国民が…怖い.




[本文は日経Web版小田嶋 隆氏の文をいくつか引用させていただいてます]


今週のランチ事情(2019年第52週)


今週は定常通り、週4日間勤務.
前週末からの記録.
金土日曜は外食、月火水曜は社食、木曜は弁当.

-----------------

金曜は朝から循環器の定期診断、
腹いせに近所のとんかつ屋にて.

“牡蠣フライ定食”

ランチ20191220


季節がらの定番定食.
ご飯は半分、キャベツは大盛り×2回お代わり(笑).

推定800KCal、900円也.

-----------------

土曜は出先の中央林間駅前にて.
定番の「大戸屋」で.

“鯖の塩焼き定食”

ランチ20191221


大戸屋の鯖定は久しぶり.
]たっぷりの大根おろしが嬉しい!
ご飯は五穀米の少な目.

556KCal、780円也.

-----------------

日曜は、出先の渋谷にて.
ラーメンの超激戦区「俺の大地」で.

限定“俺の大地北海道ラーメン”

ランチ20191222


塩が専門の店だったんだね. 注文してから後悔しちゃった.
でもあご出汁が効いた薄味の味噌.
麺の旨さ、煮卵の味の薄さ、チャーシューの香り高いこと.
超レベル高の味噌ラーメン.
旨かった….悔いなし!!

850KCal、980円也.

-------------------

月曜は、は会社の第1食堂のA定食.

“豚肉とインゲンの炒め”と小鉢

ランチ20191223


なーんにも考えずに並んでしまったA定(笑).
なんだか質の悪い豚肉だなぁ.
小鉢は厚揚げとじゃが芋. ここにもインゲンが….

600KCal.360円也.

-------------------

火曜も会社の第1食堂のA定食.

“鯖の七味焼き”と小鉢

ランチ20191224-02


なんだか今週はサバづくね♪
安くて美味しいからね.
小鉢は酢豚.さつまいもが甘い~.

合わせて741KCal.390円也.

--------------------

水曜は、早起きして弁当を作った.

“ドライカレーと鶏唐弁当”

ランチ20191225


味の素のドライカレー冷凍品と
同じく鶏の唐揚げで.作り置きのポテト.
蓮根の挟み揚げは過熱し過ぎた(笑).
冷凍食品の加熱は気をつけねば….
お昼にたんと野菜も摂りたい.

750KCal、プライスレス也.

--------------------

木曜は、第1食堂のB定食.

“サーモンのクリーム煮”と小鉢

ランチ20191226


肉より魚…だね♪
熱々クリーム煮は嬉しいかも.
小鉢は根菜の煮物と思ったら
底に染み染みのガンモが一つ♪
こんな小さなことに喜びを見出す
副長って幸せ者??(笑).

893KCal.合わせて530円也.

--------------------

今週は相変わらずのランチ状況.

今週は魚に注力?

体重は微減…(嬉)
来週も頑張るぞぉ!!

今週もご馳走様.




映画「冬時間のパリ」


映画冬時間のパリ01
原題:Doubles vies
制作年:2018年 制作国:フランス 上映時間:107分


残業をしない水曜日は仕事を終えて、柏のキネマ旬報シネマにしけ込む.
本年219本目に観たのは、フランス作品.

「パーソナル・ショッパー」「夏時間の庭」のオリビエ・アサイヤス監督が、
冬のパリを背景に、もつれた2組の男女の愛の行方や幸せを模索していく姿を、
洗練された会話やユーモアとともに描いた恋愛ドラマ.

編集者のアランは、押し寄せる電子書籍ブームの時代に順応しようと奮闘していた.
そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を
持ちかけられる.

内心で彼の作風を古いと感じていたアランだったが、アランの妻で女優のセレナの
意見は正反対だった.アランとセレナの夫婦仲は最近うまくいっていないのだが、
実はアランは年下のアシスタントと不倫中で、セレナもレオナールと秘密の関係を
持っていて…….

セレナ役のジュリエット・ビノシュ、アラン役のギョーム・カネ、レオナール役の
バンサン・マケーニュらフランスの名優が共演.

以上は《映画.COM》から転載.
—————————————————————————

なんともキャッチっぽい邦題なのだけど、全く意味が無い.
たしかに冬を感じさせる寒い内容の作品ではあるのだが.
原題の方が確実に内容を物語っている.

原題は、二つの人生というか、二組の生き方.あるいは主人公のアラン:ギョーム・カネ
が仕事上で悩んでいる、アナログとデジタルの生き方を指すのかもしれない.

とにもかくにも、物語の終始に出版業界のデジタル化がテーマで論議がされていく.
それとは全く別な次元のフランス人の永遠のテーマ、不倫が描かれていく.

主人公たちの4人のうち3人が不倫をしている.残りのヴァレリー:ノラ・ハムザウィも
政治家の秘書をしていて、精神的にはこの政治家に首ったけだから(体の関係は無い、
彼はゲイだから)事実上全員が不倫状態.「不倫は文化」だね、フランスでは.

アランは部下のデジタル化推進担当の若い女性と不倫中.仕事上の意見は
食い違っていても、恋愛事情というか下半身は別らしい.手練手管な扱いで
女子を翻弄しながら、最後は縁を切る.その手管が上手いなぁ…(笑).

そのアランの妻がセレナ:ジュリエット・ビノシュ、なんと女優の役柄だ.
セレナはアランが編集担当の作家レオナール:バンサン・マケーニュと長年不倫中.

このレオナールが自己中のちびデブハゲの中年男、なんでジュリエット・ビノシュが、
と疑問だらけのカップルなのだけど、これがフランス風恋愛のなせる業か??

このレオナールという作家が自分の恋愛体験を元にしか小説を書けない奴で、
登場人物の名を変えただけでほとんど自己体験のしろもの.ネットやブログで
批判だらけで大炎上しているのだけど、自分はネットに近づかないからまるで
関知せずというお気楽者.

長年担当を務めていたアランも嫌気がさして、新作「終止符」の出版を渋る.
が、妻のセレナは一押しする.なにせ愛人だからね(笑). そんないかにもフランス人
の恋愛模様が繰り広げられるのだが、やがて収束していく.

セレナは自らのことを絶対小説に書かないことを約束させ、レオナールに三くだり半
をくらわす.が最期のシーンではやっぱりこの情事のことをレオナールは書いているよう.
まったくクソな作家なのだけど、フランスの現代小説家にはこの手が多いのだろうか?

アランの抱えるデジタル化の問題も、E-Bookもそれほどの伸びも見せないところで、
やはり元の紙の本の編集に精を出す. こうしてパリの冬時間は淡々と過ぎていくのである….

仏人の恋愛感情やデジタル出版の事情をスケッチ的には面白く見せてくれた小品.
それにしても、ジュリエット・ビノシュはいろんな作品に出てるなぁ….






渋谷ではしご酒♪@KirinCity/ます家 渋谷


KirinCity20191222-01.jpg


長尺の邦画が終わったのは夕方.
まだちゃんとした飲み屋は開いてないよね.

そこで、オールタイムOKのビアホール?「Kirin City」へ.
同じような目論見のカップル多し.
軽く一杯ひっかける感じ♪

KirinCity20191222-02.jpg


早速、“ラガー”で乾杯っ!

KirinCity20191222-03.jpg


“おつまみ4点セット”と定番“シティポテト”で.
寒くても、雨が降っても、やはりビールは美味しい(笑).

すかさず、2杯目を….

“ハーフアンドハーフ”

KirinCity20191222-04.jpg




ラガーと黒スタウトの半々.
切れとコクが良いんだね♪

ここで、きっちり17時、切り上げる.

5軒隣の「ます家」開店だね(笑).

[attached(center)] ます家20191222-01


早速カウンターにしけ込む.
仕切り直しだけど、もういきなり白ワイン.

ます家20191222-02


既にビール2杯で出来上がってるからね♪

おつまみは、 “イカリングフライ”と
“鶏レバーペースト” そして美味しい“先付け”♪

淡白な味がキリリと辛い白ワインにぴったり.

“蓮根のソテー”

ます家20191222-03


これは今日の絶品っ!
歯ざわり、食感、味付け申し分なし!!
お正月に家でもやってみよう~♪
変わりおせちネタだね.

“牛ハラミのソテー”

ます家20191222-04


最近のこの店のNo.1人気料理.
赤身を少し残した焼き具合、
ガーリックソースがピッタリマッチする.
これにはメルローの赤くワインを.

〆はパスタ.

“渡り蟹のトマトソース”

ます家20191222-05


カニの味が染み染みのトマトソースに
アルデンテの細麺が良く絡む….

結局2軒まわっても、食べる量や飲む量は
変わらないから、値段は同じだね(笑).


今宵もご馳走様でした.



映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」


映画この世界の(さらにいくつもの)片隅に
制昨年:2019年 制作国:日本 上映時間:168分


今年最後の“邦画を1200円で楽しむ友の会”は渋谷に集合.
お目当ての作品がなにせ関東近県では1館しか上映しない作品をチョイス.
渋谷ユーロスペースで観たのは、先日天皇陛下御一家もご覧になった作品.
本年累積218本目の鑑賞.

片渕須直監督がこうの史代の同名漫画をアニメーション映画化して異例の
ロングランヒットを記録し、国内外で高い評価を得た「この世界の片隅に」に、
新たなシーンを追加した長尺版.

日本が戦争のただ中にあった昭和19年、広島県・呉に嫁いだすずは、
夫・周作とその家族に囲まれ、新たな生活を始める.戦況の悪化に伴い
生活も困窮していくが、すずは工夫を重ねて日々の暮らしを紡いでいく.

そんなある日、迷い込んだ遊郭でリンという女性と出会ったすずは、境遇は
異なるものの、呉ではじめて出会った同世代の女性であるリンと心を
通わせていくが….

片渕監督のもと、主人公すず役ののん、今作でシーンの追加されたリン役の
岩井七世らキャスト陣は変わらず続投.

以上は≪映画.COM≫から転載.
-----------------------------------


柳の下に二匹目のどじょうはいるのか? 可とも否とも言い難い.
前情報全くなしで観てしまった.もっと前作に多様な内容が
盛込まれているかと過剰な期待をもってしまった.
その意味では肩すかしをくらった.

気づいたのは、幼少時の座敷わらしのエピソード、遊郭のリンとの周作のエピソード、
そして原爆後の広島で拾った子のその後が追加されたことだろうか.
もっとあったのかもしれないが、自然な出来上がりであるためよくわからない.

基調は前作と何ら変わらない. 静かな市井の庶民の生活を表現しながら、
戦争の非と静かな反戦を謳う. あえて言うなら主人公すずの感情の振れ幅が
広く描かれているだろうか.

既観感のせいもあるのだろうが長尺と感じた.ほぼ3時間に近いのだ.
冗長感は無い.穏やかに緩やかに昭和11年から20年までの日本の、
広島と呉の生活が描かれていくだけなのだ.

良い作品と思う.戦闘シーンなんか微塵も無くても、戦争の悲惨さ、むごさが
キチンと伝わってくるし、当時の政府、軍部が国民に強いてきたことの無意味さ
がしかと表現されている.
戦争犯罪者の孫夫婦とひ孫がこの作品を鑑賞することの意義は高いと思う.

それにつけても、本作上映への逆風はなんなのだろうか? 日本全国でたった5館.
関東で1館のみの上映は異常と思う. テアトル東京配給にもかかわらず、
テアトル系で上映も無い.

反戦ゆえ?反のん体制? 前作と違い、口コミで…拡大上映という形はとりがたい
と思う.なにか奥底に潜む悪意?を感じてしょうがない.

今年の最後に極めて良質な邦画を観ることが出来て嬉しく思った.
まだ今年は観るつもりだが、洋画ばかりの予定だ.

今年の邦画の締めの一本.




家族のクリスマス会2019


AEONクリスマスツリー1



いすゞの車を堪能して後は、娘宅でクリスマス会.

持ち寄り品と購入品と手作り品で大パーティ♪

家族クリスマス会20191221-01


副長担当カナッペ

家族クリスマス会20191221-02


同じく副長担当ロールキャベツ入りスープ

家族クリスマス会20191221-05


艦長担当サラダ

家族クリスマス会20191221-03


副長担当のスペイン風オムレツ

家族クリスマス会20191221-04


ケーキはFLOで購入.

家族クリスマス会20191221-06


プレゼントも各々準備して…

家族クリスマス会20191221-07


艦長から孫のトントン君には、マックィーン!!

家族クリスマス会20191221-08


副長から孫のトントン君へは、
サンタさんの絵本と トミカの“変形ファイアーステーション”
なにせトミカ好きゆえ…(汗).

副長へは、艦長からはネックウォーマ♪
そして娘夫婦から“ミレニアム・ファルコン”の
1/144プラモデル.さすがツボを心得てるね♪

家族クリスマス会20191221-10


楽しいクリスマスの夜は更けていくのに、
動物たちは…お疲れ様.

家族クリスマス会20191221-12


家族クリスマス会20191221-11



おやすみなさい.




映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」…先ずは1回目の観賞と感想


映画スターウォーズスカイウォーカーの夜明け
原題:Star Wars: The Rise of Skywalker

制作年:2019年 制作国:アメリカ 上映時間:142分


父の介護を済ませ、TOHO柏で公開初日、金曜の夜に観賞.
待望のシリーズ9作目、待ちに待った感がある.前情報一切無しで望んだ.
観客の入りは6割、夜遅く2D字幕上映だとこんなものか.

「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目.

「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から
計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する.

「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再びメガホンをとり、
主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、
オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結.

初期3部作の「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)、「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」
(83)に登場した、ビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが再登場するほか、
シリーズを通して重要な役割を担ってきた、16年12月に急逝したキャリー・フィッシャー
演じるレイア・オーガナも、「フォースの覚醒」製作時に撮影されていたものの未使用
だった映像を用いて登場する.

以上は《映画.COM》から転載.
———————————————————


初出エピソード4の時は大学生だった.当時新宿の大劇場ミラノ座でワクワク
して観たのを良く覚えている.以降劇場で何度観たことか.2作目エピソード5、
「帝国の逆襲」の時はもう会社員として働き始めていた.

そんな調子で各エピソードにおいても自らの人生の節目や、出来事に結びつけて
しまう、想い出のシリーズ.その完結編だ.TVやOVAでは他のエピソードも
あるのだけど、ジョージ・ルーカス言うところのオリジナル9作はこれで完結であろう.

ルーカス・フィルムがディズニーに買収され、そのオリジナリティがどうなるか
一時は心配されたが、ルーカスのオリジナリティに不可侵としたこと、
J・J・エイブラムスを中心に最後の3部作の監督を任せたことの影響は大きい.

さすが、J・J・エイブラムスらしい緻密さと大胆さ、荒唐無稽さでまとめ上げた.
彼はどんな作品に於いてもオリジナルに対するリスペクトが溢れるのが特徴.
「スタートレック」に於いてもそうだった.

本作も、それこそいたる所に旧作へのリスペクトが散りばめられていた.
小さいところでは、ミレニアム・ファルコン内でのモンスター・チェスだったり、
舞台としてのデス・スターだったり、惑星エンドアや惑星タトウィーンだったり….

意外性と言えば、作途中でヒロイン:レイの素性が判ったり、カイロ・レンが
涙の再会?をしたりとサプライズもしかけられているのは嬉しい.

エピソード7で初登場したカイロ・レン演ずるアダム・ドライバーも当初は
憎々しいだけの存在だったが、その後の他作品での活躍によって、すっかり
ファン層も固定していて、本作に於いてはもう貫禄の演技.泣かせてもらった.

亡くなったキャリー・フィッシャー演ずるレイア・オーガナ姫の扱い方も上手かった.
エピソード7完成直後に亡くなったが、8も9も良く取り残しで上手く繋げた.
レイア姫のライト・セイバーにまで仕事させた脚本には喝采したい.

まだまだ1回目の観賞.見落としもあるだろうし、エピソード7辺りから気になって
いることも解決していない.もう少し精査しなきゃ(笑).

TOHOシネマズの6000マイルが駆け込みクリアしたので、年内に
1ヶ月フリーパスポートに交換して、年末年始にただで観まくってやろうと
思っている(笑).