FC2ブログ

映画「今宵、212号室で」


映画今宵212号室で-03
原題:Chambre 212 制作年:2019年 
制作国:フランス・ルクセンブルク・ベルギー合作  上映時間:87分



水曜は通いの歯科医での歯石除去.まだ通っている…もう飽きた(笑).
10分で治療は終わり、その足で柏のキネマ旬報シネマへ.
映画ブロ友ジャムまるさんのお勧め作品を本年劇場鑑賞94本目に.

キアラ・マストロヤンニが第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀
演技賞を受賞した、パリのホテルを舞台に展開する恋愛ドラマ.

マリアとリシャールの夫婦は付き合って25年、結婚して20年になる. ある日、
密かに重ねていたマリアの浮気が夫のリシャールにばれてしまう.

怒った夫と距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにある
ホテルの212号室に宿泊する.そんなマリアのもとに20年前の姿をした
リシャールが現れ、さらに元カレたちも次々と登場するという不思議な一夜が
幕を開ける.

マリア役をマストロヤンニ、若き日の夫リシャール役を「アマンダと僕」のバンサン
・ラコスト、夫役をフランス・ポップス界の名プロデューサーであり人気
ミュージシャンのバンジャマン・ビオレがそれぞれ演じる.

以上は≪映画.COM≫から転載.
----------------------------------


キアラ・マストロヤンニを観るのは初めて.カトリーヌ・ドヌーブとマルチェロ・
マストロヤンニの娘だよね.容姿はごくごく普通のフランス女性の印象.
遠目に見ると父親にも母親にも似ている印象がある.

奥さんの浮気がばれて…というと日本では夫の浮気より罪が重い?ような
印象を受けてしまうのだけど、こういう部分では男女同権だよね(笑).

フランスに4年暮らしたけど、勤めていた会社内の恋愛事情も、夫婦の
浮気率は男女同じだったような気がする.結構多いのだけどね(苦笑).

マリア:キアラ・マストロヤンニはセックス依存症のように見える.
見栄えの良い若い男にはついついちょっかいを出してしまう.

冒頭のシーンでパリの街中の道路を、横断歩道や信号に関係なく渡る
その姿はかなりの自己中の性格を感じさせるし、歩行中にもカッコいい男子の
物色に忙しいのも、かなりのビョーキと思わせる.

20年間の結婚生活に於いてなんと15名の若い男と浮名を流す.
性に奔放な妻に対してその夫リシャール:バンジャマン・ビオレは 妻のみ一筋の人、
最近はEDで自信も無くし気味のトホホ状態.

スマホでの愛人のやりとりを見られ、ばれてしまった浮気にマリアは開き直る.
本気では無い、ちょいとしたつまみ食い、長い結婚生活を続けるには
必要なスパイス…だと言い逃れる.

この3番目のへ理屈はフランス人の浮気の言い訳によく使われると思う.
恋愛と結婚生活の使い分け、性生活と日常生活の分離…がこの
ラテン系らしい考え方.日本人には受けいれがたいかもしれない.

怒り、哀しみ、落ち込む夫リシャールを置いて、アパルトマンの真ん前ホテル、
212号室に一日の宿を取る.アパルトマンの1階部分はなんと映画館、
そんな設定が嬉しい画柄だ.

なぜ“212”かというと、フランス民法212条に由来する.
「夫婦は相互に尊重し合い、貞節であり、助け合い扶助し合わなければならない」
ププッ、これくらいシニカルじゃないとね、フランス映画は.

その212号室に時空を超えて、25歳のリシャール:バンサン・ラコストが
やってくる.二人が暮らしいる部屋と、それを向かい側から客観的に覗き見る
ことができるホテルの一室を用いることで、そこに不可思議な空間性が出現.
さらに部屋割りを上方から俯瞰するカメラも使った独特の表現は見事だ.

さらに時間や空間を超えて関係者たち…浮気相手の15名の若者たちまでが
部屋を訪ねてくることによって、人間関係が現実可視化され、物語が広がりを
持ってくるのが楽しい.

それどころか、時空を超え仮想現実的に夫リシャールの結婚前の元カノ、
イレーヌ:カミーユ・コッタンが登場する.しかもリシャールとの間に出来た
仮想現実の赤子まで連れて….

このイレーヌと25歳のリシャールとマリアは212号室とアパルトマンの居室を
行き来でき、50歳を過ぎた現在のリシャールと四つ巴の論議を始める.

25歳のリシャールを昔の自分と認識しない現在のリシャールは、元カノに
迫られても、頑としてマリアへの愛を貫こうとする.そんなリシャールを第三者
みたいな視線で眺めるマリア…キアラ・マストロヤンニではの演技と感じた.
普通の女優?にはこなせないシチュエーションだ.

イレーヌはリシャールのピアノ教師だった設定.212号室のホテルのバーで
ピアノの弾き語りで “Could it be Magic ”を歌うシーンはかなり魅力的.
後半の主役はイレーヌ:カミーユ・コッタンに持ってかれた感がある.

そんな騒ぎで夜が明けて、212号室をあとにするマリアの心中は如何に??
結婚20年後にばれた浮気の後始末をファンタスティックに魅せてくれた好作品.








スポンサーサイト



映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」


映画コンフィデンスマンJPプリンセス編01
制作年:2020年 制作国:日本 上映時間:124分



火曜の夜仕事を終えて、TOHO柏へ向かう.地味な洋画も好きだけど、たまには
ど派手な演出の邦画も良いかと.本年劇場鑑賞累積93本目の鑑賞.

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ
「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾.

世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界した.10兆円とも言われる
遺産をめぐりブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らすが、
執事トニーが相続人として発表したのは、誰もその存在を知らない隠し子
ミシェルだった.

世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に集結する中、
ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ大胆に
コンゲームを仕かけるが…….

共演には、劇場版前作「ロマンス編」の竹内結子、三浦春馬、テレビドラマ版の
広末涼子、江口洋介らシリーズでおなじみのキャストに加え、「町田くんの世界」
の関水渚、「アクシデンタル・スパイ」のビビアン・スー、「GENERATIONS from
EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐らが新たに参加.

以上は《映画.COM》から転載.
———————————————————————


最近チケット購入時はいつも他に客が居なくて、すわ単独貸し切りかとぬか喜び.
小屋に入り記念撮影までしちゃう(笑).

TOHO柏ガラガラ20200728


あにはからんや、予告も終了本編開始直前にどやどやとカップル連中が入場….
ポップコーンなんか買ってるから入場が遅れるんだよね(怒).
結局この回は約8名での鑑賞….

長澤まさみの相棒ぼくちゃんに不倫の東出昌大だとか、元恋人役のジェシー
につい最近亡くなった三浦春馬だとか、とにかくエンタメ的には刺激的な配役.
それでもドラマ編や前作と同じ出来の良い脚本は名手古沢良太.

とにもかくにも豪華な俳優陣の贅沢な起用には感心する.三谷幸喜の作品
に通じるものもあるが、俳優毎に与えられた役目の味付けが良くフィットして
いて 観ていて楽しい.

私的なトラブルとお仕事は別もの、東出はあいも変わらないおぼっちゃまを
楽しく 演じている.三浦春馬は前作ロマンス編で長澤まさみと丁々発止の
騙し合いを 繰り広げてくれて、今回も軽妙洒脱な二人のダンス・シーンなど
素敵な芝居を 魅せてくれた.

仕事と私事は別と書いたが、死んでしまっては困る.今後の本シリーズの
貴重な役どころを失ってしまったのはくれぐれも残念だ.黙祷.

そうそうたる詐欺師たちがシンガポール、ランカウイ島に集い、喧々諤々の
騙し合いを仕掛けるのだが、今までと少し違うテイストも脚本上に見られる.

切った張ったを得意の敵役:金谷組のボス江口洋介との関係が、敵対
しながらもそのプロセスをお互い楽しんでいる雰囲気が強くなってきたこと.

また、今回のプリンセス、ミッシェルに化けるこっくり:関水渚の成長譚は
本作のメインテーマであろう. 登場時のスリの手伝い役時のおどおどした
演技から、徐々にダー子: 長澤まさみに磨かれていくさまと最後に見せる
堂々の貫禄の演技までの 成長はまぶしいくらいに輝いている.

映画コンフィデンスマンJPプリンセス編02

こんな脚本なら爽快感一杯で 観終われるのだ.
ラストチューンは、売れっ子 Official髭男dism の「Laughter」.
今この時期だからうける選曲、上手いなぁ.

とにもかくにも、肩がこらずに楽しんで観られる作品.
観客の最後の騙し方もすっきりで余韻もある.

エンドロール後の英国での蒲田行進曲劇は私には意味不明?
次作へつながる伏線か??


.

映画「ぶあいそうな手紙」


映画ぶあいそうな手紙-01
原題:Aos olhos de Ernesto
制作年:2019年 制作国:ブラジル 上映時間:123分




市内でゆっくりランチを食べて、再び柏キネマ旬報シネマに戻る.
日曜2本目の作品は珍しいブラジル製の人間ドラマ.本年劇場観賞92本目.

手紙の代読と代筆を通して交流を深めていく老人と娘の姿を、おかしくも
温かく 描いたブラジル発のハートウォーミングストーリー.

ブラジル南部のポルトアレグレに暮らす78歳のエルネスト.隣国ウルグアイから
ブラジルにやって来て46年になるエルネストは、頑固で融通がきかず、
うんちく好きの独居老人だ.

老境を迎え、視力をほとんど失ってしまったため大好きな読書もままならなく
なってしまった彼のもとに一通の手紙が届く.手紙の差出人はウルグアイ時代
の友人の妻だった.

手紙が読めないエルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んで
くれるように頼む.手紙の代読と手紙の代筆のため、ビアがエルネストの部屋に
出入りするようになるが…….

主人公エルネスト役をウルグアイ映画「ウィスキー」に主演した名優ホルヘ・
ボラーニが演じる.ブラジル・サンパウロ国際映画祭批評家賞、ウルグアイ・
プンタデルエステ国際映画祭では観客賞と最優秀男優賞を受賞.

以上は≪映画.COM≫から転載.
---------------------------------


主人公エルネスト:ホルヘ・ボラーニは78歳.視力がかろうじて残るだけだが、
知性と教養に溢れる老人.若い頃は政府おかかえのカメラマンだったらしい.

隣人ハビエルと老人同士のユーモアのある洒脱な会話を交わす一方、つつましい
暮らしでさえ脅かすブラジル政府の福祉切り捨て政策もチクリと皮肉る.

街の若者たちは定職がなく生活が安定せず、老人たちと同様に若者たちに
も不安が広がっている.そんな中で貧しい老人エルネストと貧しい23歳の女性
ビア:ガブリエラ・ポエステルが出会い、互いの人間性を探り合いながらも
ささやかな幸せの時間を楽しむ.

エルネストには多くの経験と思い出があり、人生のいくばくかの真実は承知している.
ビアは五感がよく働き、様々な知識や教訓を吸収できるし、最新の電子機器に
関してはエルネストよりずっと詳しい. 孫への動画を撮って送ってくれたりもする.

映画ぶあいそうな手紙-02

昔の恋人ルシア(友人の妻)からの手紙の代読と代筆によって、ビアの好奇心
からルシアとエルネストの関係が少しずつ明らかになる展開と、頑固な独居老人
エルネストが天真爛漫なビアに振り回されながら心の扉を少しずつ開いていく様が
楽しい.

人のお金をくすねるなどチョイ悪だったビアがエルネストの優しさと人柄に触れる
ことで、 徐々に、正直に真っ直ぐに生きることを選択していく様も描かれて、
ビアの成長物語 でもある.
老人と若者が互いに影響し合い変化していく…そこが素敵だ.

当初はこの老人と若者といった対照的な存在と関係性で進行するかと思いきや、
それは、あくまでそれも人と人との繋がりの一例に過ぎず、エルネストを囲む人たち、
息子や隣人の親友、そして元恋人などいろんな人との繋がりを描く手腕も見事.

それぞれ形は違えど、大事にそして互いを思い合う関係性の描写が非常に
美しいのだ. スペイン語とポルトガル語が飛び交うラテンバリバリな話なのだが、
そんなラテン・ テイストよりも随所で引用される詩や小説の断片にラテン文学の
香りがただよい、 極めて文学的な印象に満ち満ちている.

特にウルグアイの詩人マリオ・ベネデッティの叙情詩『なぜ我々は歌うのか』を
エルネストが朗読するシーンは圧巻の迫力.同じ詩に音楽監督のレオ・ヘンキン
がメロディをつけた曲のLPをかけるシーンも優雅さがあふれていた.

邦題の「ぶあいそうな手紙」は考え過ぎの邦題.これで観客動員に損をしている
であろう(笑).

去っていこうとするビアにエルネストが最後の手紙として代筆を頼む.
そのあて先は、ビアではなく、元恋人のルシアでもない.では誰に??

その意外性の結末と供に感じる爽快感に大満足.
副長個人的には、今年一番好きな作品かも….






映画「在りし日の歌」


映画在りし日の歌-01
原題:地久天長 So Long, My Son
制作年:2019年 制作国:中国 上映時間:185分



日曜は朝から夕方まで柏で引きこもり(笑).朝一で柏キネマ旬報シネマにて
堂々たる中国製の大作を観る.本年劇場観賞累積91本目.

「北京の自転車」「我らが愛にゆれる時」で知られる中国第6世代の名匠
ワン・シャオシュアイが、「薄氷の殺人」のワン・ジンチュンと「黒衣の刺客」の
ヨン・メイを主演に迎えて描き、第69回ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞
と最優秀女優賞をダブル受賞したヒューマンドラマ.

国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で
幸せに暮らしていたが、大切なひとり息子シンシンを事故で亡くしてしまう.

悲しみに暮れるふたりは住み慣れた故郷を捨て、親しい友人とも距離を置き、
誰も自分たちのことを知らない町へと移り住む.そして時は流れ…….

1980年代から2000年代の激動の中国を背景に、喜びと悲しみ、出会いと
別れを繰り返しながらも共に生きていく夫婦の姿を映し出す.

以上は≪映画.COM≫から転載.
--------------------------------


まるでNHK大河ドラマの中国版のイメージ.大切な一人息子を失った夫婦の
40年間の人生の歩みを淡々と綴る.バックボーンにあるのは文革以降中国で
施された“一人っ子政策”だ.

作中の40年間(80年代、90年代、00年代、10年代)における中国の
変化はかなり激しい.激しく社会情勢が変わるなか、人々はそれに従い、
前を向いて生きることしかできない.

主人公の夫婦は、厳しい一人っ子政策の環境下二人目を宿してしまう.
工場で主任を務める姉に気づかれ、強制的に堕胎されてしまう.その影響で
もう妊娠は出来ない体となってしまう.

その後不幸な水の事件で長男シンシンを亡くしてしまい途方に暮れる夫婦は
養子を取ることとする….

ワン監督がインタビューで語った言葉が以下.

「一人っ子政策は、中国のその世代の人々の運命を完全に変えてしまったと
思います.人生というのは、生まれて成長し、結婚し、子どもを作り、年を取り、
そしてこの世を去る.たった1本の線で、後戻りはできないし、2度目のチャンス
もありません.なので、過去40年間の一人っ子政策を経験した親たちと
子どもたち、また、かつて子どもだった親たちは、この政策によって大きな影響を
受けています.人は一度きりしか生きることができないからです」


なにせ10代から40代の同世代のほとんどの人間が“一人っ子”なのである.
最初から“兄弟”という存在が消されていて、“兄弟”に関する感情とか意識は
全くないのである.加えて「改革開放」という“良い時期”に育てられているので、
両親はもちろん、祖父母からも溺愛されて育っている世代が今や中国の核と
なる世代なのだ.

あからさまな一人っ子政策批判はされない.中国における映画作品への検閲
は厳しい.そんな内容なら本作品は陽の目を見ないであろう.ただ、本国での
上映時間は175分、日本公開版は185分.本国で10分カットされた部分が
日本では観られるのだ.

主人公夫婦が地方都市に帰ってきて、タクシーの窓越しに巨大な毛沢東像を
指さして苦笑するシーンがあった.これは中国では許されないシーンと思った.

本作185分の長尺なのだが、長さを感じさせることなく悠久と流れる時を描いて
いると感じる.編集で短くも出来るだろうが、表現に必要な長さが盛り込まれて
いる感がする.必要不可避な冗長さとでも言おうか.

本作のテーマ曲が何回か流れる.「友誼地久天長」(意味:友情は天地の如く
永久に変わらない)という曲.原題の一部にもなっている.
日本では 「ホタルの光」といして歌われている曲だ.

苦しいことはあっても、喜びが積み重なり、良い未来が待っている―.
そう信じているしかない市井の庶民の苦しみは世界共通だと思う.

極めて優等生的なNHK的な作風だけど、ちらりと見える政策批判の芽も
見逃せない一作.





映画「リトル・ジョー」


映画リトル・ジョー-01
原題:Little Joe 
制作国:オーストリア・イギリス・ドイツ合作 上映時間:105分



順序は相前後するが、木曜の父との面会の前に映画を1本観た.
Movie柏の葉で観たのはイギリス製の不気味なスリラーというかSF?
本年劇場鑑賞累積90本目.

幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描き、主演の
エミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞した
異色のスリラー.

幸せになる香りを放つ新種の植物「リトル・ジョー」を開発した研究者で
シングルマザーのアリスは、ワーカホリックで息子のジョーときちんと向き
合えていないことに罪悪感を抱きながら、日々の研究にいそしんでいた.

息子のジョーへの贈り物として、彼女にとってもう1人の息子である
リトル・ジョーを自宅に持ち帰る.しかし、リトル・ジョーの香りを嗅いだ
ジョーが奇妙な行動をとり、花粉を吸い込んだアリスの助手クリスも
いつもとは違う様子を見せ始める.

監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、「ルルドの泉で」で注目された
気鋭の女性監督ジェシカ・ハウスナー.

以上は《映画.COM》から転載.
――――――――――――――――――――――


ボタニカル・スリラーと称されるそう.遺伝子操作で作り上げた植物、
リトル・ジョー.人が嗅ぐと幸せになる香りを放つという機能を持つ.

映画リトル・ジョー-03


なにやら意志を持っているような挙動がとても不気味.
温湿度管理された特殊ハウス内に咲きほこるその姿は不気味であり、
ある種の恐怖感を感じさせる.

この花に反感を持つ共同研究者がこのハウスに閉じ込められて、
その香りを強制的に?嗅がされてほうほうの体で逃げ出すシーンでは
明らかな植物の意志が感じられる….

映画リトル・ジョー-02


この怪物を作り出したヒロイン、アリスにエミリー・ビーチャム.複雑な感情の
持ち主なのに、それを決して表に出さない独特の演技を見せる.
時としてこの女優さんの表情も怖いと感じる.

その研究助手クリス役になんとベン・ショー.奇妙な、そして曖昧なところもあり、
人当たりの良い近所の好青年みたいな雰囲気も持ちながら、どこか不吉さも
持っている研究者を見事に演ずる.

果たして今何を考えているのか、何を感じているのか思わず考えてしまうような、
クリスがやはりリトル・ジョーの香りを嗅いで、この花を支援するような動きをする.

もう一つ、本作で怖いもの、それは不穏なバックグラウンドの音楽.
海外の舞台、映画音楽で活躍した日本人作曲家、故・伊藤貞司の楽曲を使用.
尺八や和太鼓、琴など和楽器を用い、唐突で危い旋律、衝撃音が奏でられる.

しかも大音量なので、ビックリするのと、極めて不快な旋律で恐怖心を
震え上がらせる効果を最大限感じさせてくれる.これはもう不愉快(笑).

花の思惑?通りに研究所内のシンパは増えていき、所内のコンペティションも
勝ち抜いて、とうとう一般発売するという.一見ハッピーエンド風に見えるが、
この先、こんな花が世間一般に出回った時の怖さったら….

この後が怖いと感じさせた一流のスリラー.




映画「劇場」


映画劇場-01
制作年:2020年 制作国:日本 上映時間:136分




水曜は4連休の前日、仕事を終えてゆっくりと柏に向かう.お馴染みの「Teshi」で
夕飯をとって、駅前の柏キネマ旬報シネマへ.このコロナ禍で上映が3ヶ月延期
された邦画を鑑賞.本年劇場鑑賞累積89本目.

「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹の2作目となる同名小説を、主演・山崎賢人、
ヒロイン・松岡茉優、行定勲監督のメガホンで映画化.

中学からの友人と立ち上げた劇団で脚本家兼演出家を担う永田.
しかし、永田の作り上げる前衛的な作風は酷評され、客足も伸びず、
ついに劇団員たちも永田を見放し、劇団は解散状態となってしまう.

厳しい現実と理想とする演劇のはざまで悩む永田は、言いようのない孤独と
戦っていた.そんなある日、永田は自分と同じスニーカーを履いている沙希を
見かけ、彼女に声をかける.沙希は女優になる夢を抱いて上京し、服飾の大学
に通っている学生だった.

こうして2人の恋ははじまり、お金のない永田が沙希の部屋に転がり込む形で
2人の生活がスタートする.沙希は自分の夢を重ねるかのように永田を応援し、
永田も自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いながら、理想と現実と
間を埋めるかのようにますます演劇にのめりこんでいく.

以上は《映画.COM》から転載.
――――――――――――――――――――――


原作は未読、わざわざ買ってまで読むような興味を持つ作家ではない.
自らの経験や環境を基にした作品の第2作.悪くはないと思うのだが….

この下北沢に代表されるような小劇団の演劇は友人に紹介されて、
何度か観に行ったことはある.いずれも出来は悪く、単なる自己満足の
発表の場…みたいな印象しか持たず、それ以降全く近寄ってない.

本作にあるような主人公永田:山崎賢人が観て涙を流すような劇に
出遭わなかったということだろうか.星の数ほど観ないとそんなものに
出遭えないような気がしてならない.

そんな演劇界でもがき苦闘する永田を山崎賢人が上手く?演技する.
悩みや葛藤は伝わるし、一緒に暮らす恋人沙希:松岡茉優の気持ちを
考えない、クズな男を演じて見せるのはやはり行定勲監督の演出のわざか?

酔って帰って、部屋にブロック塀を持ち込むところに、永田の駄目な特性が
見え隠れするのだけど、沙希は笑いながらそれを許してしまう寛容さを見せる.
嫌な事を飲み込み、愛情に転換してしまう優しさ?を松岡茉優は丹念に演ずる.

映画劇場-02


演ずる度に演技が上達していく感のある松岡茉優、若手の中でも首一つ抜けた
感がある.山崎賢人が許してもらえるギリギリのところまでやってみて、本当に
やばそうになったら誤魔かして身を引く….それを許容するのだけど、わだかまり
は心の隅に残っている…そんな演技を的確にできるのだ.

光熱費くらいを負担して欲しいとおずおずと切り出す沙希、貴女が主人の部屋で
光熱費を僕が持つのもなんだか…とやんわり断る永田.強く言ったら本当に
切られてしまうという境目を、甘えてやっているんだろうなあと感じさせるやり取り.

この松岡と山崎の頑張りが本作品の勢いを引っ張っている感がある.
無論それを支えているのは監督:行定勲なのであろう.

原作の良い部分を上手く引き出して、脚本力と役者たちの演技で完成した
感のある作品.観た後の印象は悪くはない.






今週のランチ事情(2020年第30週)



今週は連休もあって3日間勤務.
先週末からの続き.
金曜は外食、土日は内食、月火水は社食.木曜は外食.

———————————————

金曜は外食、出先の柏の葉SCで、
大好きな「大戸屋」にて.

“鶏と野菜の甘酢かけ定食”

ランチ20200717


定番のメニュウ.程よい酸味と
素材の旨味がベストマッチ♪
ご飯は五穀米の小盛で20円引き.

締めて748KCal、748円也.

————————————————

土曜は内食.
余っていた、マルちゃん焼きそばで.

ランチ20200718-01


“野菜炒めソース焼きそば)

ランチ20200718-02


やはり味が濃い目、ソースの使用量を
考えないとね.
野菜の味付けを浅くしておいて良かった.

約700KCal、材料費250円.

—————————————————

日曜も内食.インスタントラーメンで.

中華三昧 赤坂榮林 “酸辣湯麺”

ランチ20200719-01

ランチ20200719-02


冷凍した野菜炒めととぎ玉子.
通いの「Teshi」で購入のチャーシューを追加.

くせになりそうな香酢の酸味とラー油の辛さが
たまらない.麺は2分半茹でたが、茹ですぎの感あり.
インスタント侮れず.袋麺は美味しいなぁ.

587Kcal 、材料費240円.

——————————————————

月曜は社食.
第1食堂のA定食をチョイス.

“スタミナ野菜炒め”と小鉢

ランチ20200720


人気商品、凄い行列.
スタミナの意はこてっちゃんが入っているから(笑).
適度な味付けでごはんがすすむ.
ご飯は白米の小盛20円引き.

小鉢はピーマンの肉詰め揚げ.カリッと美味しい.
合わせて586Kcal、390円也

-----------------------------------

火曜も社食.
第1食堂のB定食をチョイス.

“五種野菜と豚肉のきんぴら”と小鉢

ランチ20200721


甘めの味付けのきんぴらに載せた薄切豚肉.
小盛白米の相手に丁度良い♪
小鉢は、ヒジキの煮付け.体に良い感じ(笑).

合わせて586Kcal、510円也.

-----------------------------------

水曜も社食.
第1食堂の丼コーナーにて.

“豚肉の卵とじ丼”と小鉢

ランチ20200722


卵とじというだけで選んじゃう(笑).
甘めの汁の味付けがご飯に良く浸みている.
小鉢は根菜の煮付け.里芋が美味い♪

合わせて905Kcal、530円也.


-----------------------------------

木曜は祝日、海の日だね♪
出先の柏の葉SCにて.
大好きな「大戸屋」で.

“手造り豆腐の麻婆土鍋ご飯”

ランチ20200723


オーダー時何度も聞かれる.
「本当に辛いですよ、大丈夫でしょうか?」
大丈夫だって! 辛いもの好きなんだから…(笑).
ご飯は少なめ20円引き、五穀米にしてもらった.
いつもの3倍くらい時間をかけて、ジュウジュウ出てきた.
大戸屋とは思えない程の掟破りの辛さ…嬉しい♪
山椒の香りが広がる花椒油(ホワジャオユ)を掛けて
熱々をフーフーしながら食べる.
期間限定というのは惜しいなぁ…

805KCal、844円也.

——————————————————

今週もバラエティに富んだランチだった.

体重は微妙に減少、喜ばしい!

今週もご馳走様.




映画「MOTHER マザー」


映画MOTHERマザー-01
制作年:2020年 制作国:日本 上映時間:126分



勤め先がワークライフバランスで終業が早く、夕方の映画の上映に間に合う.
火曜の夕方、TOHO柏で観たのは邦画、大森立嗣監督の新作.
本年劇場観賞累積88本目.観客数5名.

「日日是好日」「光」の大森立嗣監督が長澤まさみ、阿部サダヲという
実力派キャストを迎え、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に
着想を得て描いたヒューマンドラマ.

プロデューサーは、「新聞記者」「宮本から君へ」など現代社会のさまざまな
テーマを問いかける作品を立て続けに送り出している河村光庸.

男たちと行きずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの
秋子は、息子の周平に異様に執着し、自分に忠実であることを強いてきた.

そんな母からの歪んだ愛に翻弄されながらも、母以外に頼るものがない
周平は、秋子の要求になんとか応えようともがく.身内からも絶縁され、
社会から孤立した母子の間には絆が生まれ、その絆が、17歳に成長した
周平をひとつの殺人事件へと向かわせる.

長澤まさみがシングルマザーの秋子、阿部サダヲが内縁の夫を演じる.
息子・周平役はオーディションで抜てきされた新人の奥平大兼.

以上は≪映画.COM≫から転載.
---------------------------------


このところ売れっ子の長澤まさみの捨て身の演技の挑戦と
驚異の新人:奥平大兼のデビューが話題なのだろうか.
商業監督としての大森立嗣がシュアなまとめ方をしている.

孫による祖父母の殺人事件は事実だが、それを元にした フィクション作品.
合間に最近話題になった8日間幼児放置みたいなエピソードも盛り込んでみせる.

ほとんど人間失格みたいな生き方しかできない母親秋子を
長澤まさみが演ずる.作中ほとんどすっぴんみたいなノーメイク顔で、
いつものべらんめいモードの演技を披露する.

パチンコやゲームセンター入りびたり、酒もたばこもたしなみ、 男を連れ込んでは
すぐ寝てしまう.飯の手配やカネの収集は 幼い息子をリモートして稼ぐ.
両親妹にはあいそをつかされている.

アパートではガスを止められ、電気も止められても、男を追って
名古屋に1週間も行き、息子を放置する…その男の役を
演ずるのが阿部サダヲ.クズみたいな人間を演じさせると超一流.

そんなクズ男にも愛想をつかされ逃げられ、放浪しているところを
社会福祉士の夏帆が見つけ、簡易宿泊所や生活保護の手続きを してもらう.

映画MOTHERマザー-02


思えば10年前の是枝裕和の名作「海街diary」で姉妹を演じた
のも長澤まさみと夏帆だった.奔放な次女と堅実な三女の役.
おもえば、あの時の役柄がそのまま再現されている気がした.

さて、この前作品「ステップ」でも述べたが、問題のあるシングルマザーを
診るにはその生まれた環境や育った環境を看なければいけないと書いた.

この怪物秋子を生む環境が見当たらない.両親は慈愛溢れる、
良識ある年金暮らしの老人にしか見えない. 妹は大学を出て就職し
家庭をもうけて普通に暮らしている. どうして怪物秋子は生まれたのか?

元夫も苦しい生活の中から 毎月秋子親子に送金をする勤勉な一介の男
にしか見えない.
そんな経緯を少し描いたらもっと作品に深みが出たかもしれない.

そうしていくうちに秋子はクズ男阿部サダヲの子を宿し、女の子を 生んで、
年は経過していく.5年経っても秋子の生活は改まらない. 工務店で働く
周平:奥平大兼は給与の前借を断られ、事務所の カネを盗むにまで至る….
そして秋子の指示で祖父母を….

秋子は、周平を自らの分身と言う.舐めるようにして育ててきたとも.
母と少年の歪んだ共生生活のはては血の繋がった祖父母の殺人と
言う事件へ発展してしまう.

つらつら考えるに、こういう親子を孤立させてはいけないと考えた.
やはり社会が看て、関与せねばならない.本件においては、母と子の
分離は必須と思えた.

情のどうのこうのや、血の繋がりではなくて、 子を分離して普通の生活に
戻すべきであろう.

こんな一つの悲劇から考えさせられることは意外に多い….



映画「パラレルワールド・ラブストーリー」


映画パラレルワールド・ラブストーリー01
制作年:2019年 制作国:日本 上映時間:108分




これは昨年意図的に見落とした作品.けっこう他に昨年の作品を観てしまい、
もうこれくらいしか残ってない?(笑).本年DVD観賞49本目.

2つの異なる世界を行き交う男女3人の恋愛を描いた東野圭吾の異色恋愛
小説を、「Kis-My-Ft2」の玉森裕太主演、吉岡里帆と染谷将太の共演で
実写映画化.

脳の研究を行うバイテック社で働く幼なじみの敦賀崇史と三輪智彦は、
親友でもあり互いを尊敬し合う良きライバルだ.

ある日、智彦が紹介したいと連れてきた女性は、崇史が学生時代に密かに
思い続けていた津野麻由子だった.そしてある朝、崇史が目を覚ますと
麻由子が崇史の恋人として朝食を作っていた.

麻由子が「親友の恋人」である現実と、「自分の恋人」である現実.
2つの世界で崇史が翻弄されていく.

玉森が崇史役、吉岡が麻由子役、染谷が智彦役をそれぞれ演じる.
監督は「宇宙兄弟」「聖の青春」の森義隆.

以上は《映画.COM》から転載.
———————————————————


東京にお住まいの方はご存じだろう.
山手線と京浜東北線が並行で 走る部分がかなり長いことを.

そんな並走する電車に乗って窓越しに恋を してしまう崇史:玉森裕太
と麻由子:吉岡里帆の物語. と出だしのつかみは十分なのだけど、
「君の名は。」のパクリの感も なきにしもあらず、新鮮味は無い.

ところがその後の進行が上手くない. 2つの世界?の描き方が説明不足と
いうか思入れだけの先走りで観客に 事情がつかめない.最後にきてようやく
パラレルなんて嘘っぱちで、単なる 記憶の改ざん問題のすり替えだった
ことが判る脚本.

脚本、演出も駄目なら、負けずに劣らず主演の演技もヒロインの演技も酷い.
ただ暗い顔をしてれば良いというわけじゃないだろう.予想通り 染谷将太
だけが自分の仕事の領分だけキチっと芝居している.
吉岡里穂は「見えない目撃者」の方がずっと良かったなぁ.

映画パラレルワールド・ラブストーリー02


原作は未読なれど、おそらく良い出来なのであろう.
意外性もあるし、 ドラマティックな内容だ.でも、脚本、演出、演技が駄目じゃ
救いようが無い.

ラストチューンは、宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」
これだけは極上もの.こんな作品はもったいない名曲.

やはり劇場で観なくて良かったと、いまさら思う残念な作品. .




映画「ステップ」


映画ステップ-01
制作年:2020年 制作国:日本 上映時間:118分



土曜は近所のシネコンで新作邦画を観てみる.今年劇場鑑賞累積87本目.

妻に先立たれて男手ひとつで娘を育てるシングルファーザーと、母親を亡くし
父と2人で人生を歩む娘の10年間の足跡を描いた重松清の同名小説を、
山田孝之主演で映画化.

結婚3年目、30歳という若さで妻の朋子に先立たれた健一.妻の父母から
1人娘の美紀を引き取ろうかと声をかけてもらったが、健一は妻と時間を
ともにした妻の気配が漂うこの家で、娘と天国にいる妻との新しい生活を
始めることを決める.

娘の美紀の保育園から小学校卒業までの10年間、さまざまな壁にぶつかり
ながらも、亡き妻を思いながら、健一はゆっくりと歩みを進めていく.

山田が自身初のシングルファーザー役を演じるほか、國村隼、余貴美子、
広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈らが顔をそろえる.
監督は「虹色デイズ」「大人ドロップ」の飯塚健.

以上は《映画.com》から転載.
――――――――――――――――――――――


最近奇怪な役柄の多い山田孝之が極めて真面目にプレーンな演技を見せる.
30歳にして妻朋子を亡くして、義兄夫婦や義父母に娘美紀の引き取りを
申し入れられるが、娘と二人の生活を選んでしまったシングルファーザーを演じる.

物語りは2歳になった美紀を保育園に初登庁する場面から始まる.
生易しい環境ではない.仕事をバリバリの営業職から総務にかえてもらい、
夕方は同僚に気兼ねしながら、早期退社して保育園へ向かいに.

総務の同僚やいつも気にかけてくれる営業での上司等々、会社の人たちが
良い人達ばかりの感がある.実際はこうはいかないものだと思う.

亡くなった妻が川栄李奈というのには凄く抵抗があるのだけど(笑)、
ほとんど 出番が無いから許す.義父母に國村隼、余貴美子は最適の配役.
後半は國村の死期が近づき、腹を割った義息子との会話が見ものなのだ.

毎度のことながら子役たちの演技が抜群.2歳の美紀を中野翠咲、6~8歳
を白鳥玉季、9~12歳を田中里念が演じる.なかでも白鳥玉季は複雑な、
でも頭の良い大人の顔色をよく見る娘を上手く演ずる.

そして題名でもある“ステップ”マザー…血の繋がらない母親役になんと広末涼子.
途中からの出演なので、ひときわ印象的.山田孝之との年齢差を感じさせるが
上手く釣り合ったキャスティングかもしれない.似合いだ.

題の“ステップ”…血の繋がらない、はもう一つの意味を持つ.

話は飛ぶが、金曜の朝のワイドショーに出演する「せやろがおじさん」をご存知
だろうか?毎回切れの良い政治や社会現象への提言をする人で、その的確な
指摘には毎回うなずいている.

そのせやろがおじさんが先週末、8日間我が子を放置して餓死させた事件を
扱っていた.彼曰く、当の加害者を鬼畜だの人非人だの非難しても解決には
繋がらず、そんな親がどうして出来たか、生まれてしまったかを調べるべきと.

そんな親を孤立化させる社会が悪いと.子供は社会で看なければいけない、
他人の子でももっと興味をもって社会で育てるような意識が大事と.
これにはいたく感心してしまった.良い目の付け所と思った.

で、本作に戻る.たしかに山田孝之の立場は大変だ.肉体的にも精神的にも
打ちひしがれることの連続だ.亡き妻の遺影の前で泣いている山田は忘れられない.

映画ステップ-02


そこで、周囲の“血のつながらない”人たちの応援や支援の重要性が浮かび上がる.
どんな支援でもよいのだ、当事者たちが孤立しないように、いろいろな面で
手伝ってやる“ステップ”こそが肝要だと本作は教えてくれる.

会社の同僚上司、保育園の保育士、学校の先生、お隣さん…そんな社会が
その親子を見つめる必要があると本作は教えてくれる.

涙腺の脆い副長は又も本作でうるうる涙を…(笑).
こういう涙は不愉快じゃないから良いよね♪

またまた山田孝之が好きになった一作.