FC2ブログ

映画「バイプレヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら」


映画「バイプレヤーズ 」-1
制作年:2021年 制作国:日本 上映時間:100分



韓国作品にも食傷気味で主たる洋画は観ちゃったから、デフォルトの
邦画に戻ってきちゃう.この週末公開の新作を柏TOHOシネマズで.
本年累積86本目の鑑賞.

田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一ら日本の映画・ドラマ界を支える
俳優たちが本人役で主演するテレビ東京の人気ドラマ「バイプレイヤーズ」
シリーズの劇場版.

映画版ゲストの役所広司、天海祐希、有村架純らをはじめ、総勢100人の
役者陣が本人役で出演する.

役者たちでにぎわう富士山麓の撮影所「バイプレウッド」を舞台に、濱田岳を
中心とした若手俳優たちが犬を主役にした映画の撮影に奮闘する中で、
ベテラン俳優たちを巻き込みさまざまなトラブルが起こるさまを描く.

濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子ら若手の役者たちが
小さなチワワが主人公の自主映画を撮影していた.しかし、チワワが現場から
逃げ出してしまうなど、トラブル続きでうまくいかない.
落ち込む濱田や柄本を見かねた田口らベテラン陣が、手を差し伸べるのだが….

監督はテレドラマ版の演出も手がける松居大悟.

以上は《映画.COM》から転載.
————————————————————————————


TV版は未見、テレビ東京の深夜枠なんて見られる訳が無い.
早寝早起きを実勢している.22時には寝てるのだ(笑).

それでも、バイプレーヤーズのチーフ的存在が亡くなった大杉蓮だった
事くらいは知っている.その後空中分解気味のバイプレーヤーズの
劇場版をぶち上げてしまった….

またも愚にもつかない副題が付いているが、最後のラストシーンには
たしかに100名以上の役者たちが顔を見せていた.

今回は富士山麓の架空の撮影所「バイプレウッド」を舞台に、 各種の
映画やドラマが撮られているという設定で役者たちを集めて いる.

幹となる映画作品は濱田岳が監督し、主役は犬の風、他に 柄本時生、
役所広司が出演し菜々緒、芳根京子、高杉真宙が スタッフで参加する
自主映画「月のない夜の銀河鉄道」という作品.

今は亡き撮影所の所長(大杉蓮が写真で登場)が温めていた企画で、
ラストシーンに100名の役者を集めるというアイデアも
所長の夢だったらしい….


映画「バイプレヤーズ」-2


されど中心となるべき濱田岳が元気が無い.いつものお調子モードで
良いだろうに沈んだ演技に終始する.むしろ柄本時生なんかが
父親、明の名をかたったりしてやたら元気が良い分だけ濱田岳には
がっかりさせられる.

役者が多すぎて、きちんと演出が行き届いていない印象.
脚本もザルだらけだし、勢い作品のまとまり感は全くない.
TV版より一層緊張感が無いのでは?と思いたくなる出来.

主役の風(犬)が行方不明になってからのパートの冗長なこと!
これで100分の尺に収まるのかい?と思いきや、唐突なラストシーン
だけで、「月のない夜の銀河鉄道」を演じてみせた….

なんだかスカスカ感一杯の作品.
TV版観てないからなのかなぁ….




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント